★[青春ドラマ]飛び出せ!青春のすべて


● まだその言葉がピュアに輝いていた頃だった・・・。青春ドラマ、飛び出せ青春の情報です。




● 放映期間:1972-02-20~1973-02-18
● 放映日時:毎週日曜 20:00~20:56
● 放送局:日本テレビ
● 放送回数:全43話

● 村野武範主演の学園青春ドラマ。
● 《 青春とはなんだ 》 に始まる東宝制作、テアトル・プロ共同制作、日本テレビ系で放送された青春学園ものの第6作め。
● 主題歌《 太陽がくれた季節 》(青い三角定規)、挿入歌《 夜明けの停車場 》(石橋正次)が大ヒットした。
● 全国から落ちこぼれが集まる太陽高校。新任教師河野武は教壇立ち、生徒たちに呼びかけた。
《 レッツBegin、とにかく何かを始めよう! 》







【 エピソード 】
● 石橋正次は 《 夜明けの停車場 》 のヒットで多忙になり、休学という設定でドラマに出演しなかった。
● 第37話は、一般視聴者からの公募により寄せられたストーリーをもとに作られた。(原案:佐藤久美)
● ゲストで水谷豊(第4話)、青い三角定規(第12話)、山田康雄(第25話)、火野正平(第28話)、地井武男(第37話)が登場する。


【 ロケ地 】
● 太陽学園は日本大学明誠高等学校(山梨県上野原市)。
● 学生寮は向かいの養老院。
● 海岸のシーンは伊豆の下田海岸。
● 最終回の灯台のシーンは下田の爪木崎灯台。







● 小学生の頃に見た学園ドラマ。脳がまだやわらかかった頃、エピソードの数々が頭の奥底に染込んで忘れられません。日曜日の夜の放送。
● はじめた見たのはお化け屋敷が出てくる回で、結構興奮。それから毎週欠かさず見ることに。 高校生になったら、こんな毎日を送るのかなぁ~と、ぼんやり思ってました。
● 私の頭の中では村野武範=河野先生。三枚目なところと熱いところ。そのバランスが好きでした。だからその後、ほかの役ででてきたり、料理を食べ歩いたりするのは嫌でした。
(==;
結構、硬派だった河野先生。その後のドラマは軟派色が強くて、合わなかったなぁ。
● 穂積隆信の教頭、世界史の柳生博が長髪の新任教師をけん制。定番のやりとりが面白かった。このシチュエーションはこの話が原点?
● 生徒も個性的。石橋正次や保積ぺぺが有名ですが、私はむしろ斜に構えた不良生徒(剛達人)や、ちっと色っぽい青木英美が記憶に残ってます。





● 河野武(英語教師) / 村野武範
● 本倉明子(国語教師) / 酒井和歌子
● 杉田良策校長 / 有島一郎
● 江川俊介教頭 / 穂積隆信
● 塚本信二(世界史教師) / 柳生博
● 後藤梅子(寮母) / 菅井きん
● 名和半次郎(ラーメン屋) / 名古屋章
● 本倉惣之介(理事長) / 佐藤慶

● 高木勇作 / 石橋正次
● 片桐次郎 / 剛達人
● 柴田良吉 / 頭師佳孝
● 山本大作 / 保積ぺぺ
● 木次祐一 / 沖正夫
● 中尾洋一 / 武岡淳一
● 谷岡次郎 / 谷岡行二
● 中村清 / 五十殿敬一
● 小西猛 / 関田哲也
● 兵頭幸夫 / 二瓶康一(現・火野正平)
● 田村登(下級生) / 千葉裕

● 森下真樹 / 青木英美
● 畑野ふみ子 / 降旗文子
● 生田みどり / 大田黒久美
● 桜井弘子 / 松原麻里
● 大島妙子 / 小椋寛子
● 矢吹礼子 / 相原ふさ子

● 南百合子(購買部) / 田坂都
● 高木江美子(勇作の母) / 南風洋子
● 柴田美鈴(良吉の母) / 三崎千恵子
● 山本豊子(大作の母) / 塩沢とき
● 綾野(本倉家の家政婦) / 千石規子
● 畑野大五郎(ふみ子の父) / 下川辰平
● 木下勇吉(県立東高校サッカー部顧問) / 藤木悠





監修 / 千葉泰樹
プロデューサー / 黒田正司、岡田晋吉、中村良男
脚本 / 鎌田敏夫、永原秀一、上條逸雄、須崎勝彌、田上雄、田波靖男、木村佳世、武田宏一、鴨井達比古
監督 / 高瀬昌弘、土屋統吾郎、石田勝心
音楽 / いずみたく
撮影 / 内海正治
ナレーション(次回予告) / 山田康雄




< 映画化 >
● 1973年、東宝チャンピオンまつりの1本として公開。
● テアトル・プロ製作、東宝配給。
● カラー・シネマスコープ、上映時間73分。
● 脚本=鎌田敏夫、監督=高瀬昌弘。
● テレビドラマの撮影終了(オールアップ)後、新たに撮影。総集編的な内容。
● 同時上映は『ゴジラ対メガロ』、『パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻』、『ジャングル黒べえ』の3本。



 

2稿:2015年02月19日、テレビの悪足掻き
初出:2012年11月05日、テレビのまわし者