★ 2017年04月30日 世の中の大抵の失敗はこれで説明がつく Too Late 号

近況報告 / 更新記録 / タイトル


 今年はいろんなことがあり過ぎる

深夜、階段チャイムの音。母が部屋に入ってくる気配。どうしたんだろう? いろいろ私の部屋に置いているから、何か取りにきたのか? 母は壁伝いに中へ。どうも様子がおかしい。どうしたの?

「 どこにいるのかわからなくなっちゃった 」

寝ぼけている? トイレはこっちだよ。母を部屋に戻し、反対方向のトイレに連れて行きます。どうしちゃったのまったく。目が見えなくても家の中であれば自由自在なのに。でもこの一言がこの後、なんとか保っていた風葉家の生活バランスを根本から覆す大問題になろうとは、その時私はまだ気付いていませんでした。

しばらくして、また母の動く気配。階段のチャイム、以前、母が階段から落ちてしまった時に付けたもの。最近は父の動きを把握するのに重宝していたのですが。

チャイムが止む。しかし母が部屋に入ってくるわけでもなし、階段を下りるでなし。でもあの音は・・・まさか!?
戸を開けると母が階段で用をたしています。

「 なにやっているの!! ここは階段だよ!! 」

要領を得ない母との会話。まずい、これは普通じゃない。始末をして再び母を部屋へ。
会社にケータイからメールで連絡(5時頃)、朝になるのを待って、ケアマネさんに電話します(8時頃)、症状から脳梗塞が疑われるので、脳外科医に行った方がいいとのこと。早いほうがいいな・・・。会社へ連絡、休みをもらいました。母は手足は左右とも支障はないもよう・・・。

でもここで問題が発生。保険証・診察券などのまとめたセット、そのセットの入った戸棚の鍵がない!! 母が父に悪戯されないよう、大事なものは鍵付きの引き出しに。その鍵が見つかりません。いったい、どこに置いているんだろう? 母に聞いてもわからないというばかり、気の確かな時に聞いておくべきだった。
(==;

10割負担になるかもしれませんが、とりあえず母を医者に連れて行かなければ。でも父を1人にするのは2次事故が発生しそうなので、ヘルパーさんを頼みます。1時間程度で来てくれるとのこと。よかった。

脳外科病院へ。Googleマップのおかげ、迷わずたどり着けました。状況を説明、MRIを撮ります。医師の「お名前は?」の問いに、母がモゴモゴ。宇宙人のような言葉を発する母。今日は何月何日? これは普段でもあやしいからなぁ。普通に答えられる質問もあるのに。

結果、やはり脳梗塞と判明。入院の必要があるとのこと。ただこの病院には入院施設がないので、市立病院を紹介されました。そこから市立病院に移動、もう一度、診察。入院の手続きをしていたら、もう8時過ぎ。まずい、父は1人になっちゃってる。家に帰るとちょっと前まで、ケアマネさんが家にいてくれたもよう。ありがとうございます。
会社に状況を報告して、1日が終わりました。

・・・それにしても、これからどうしよう。

続報は来週以降に書く予定ですが、ちょっと時間が取れるかどうか。・・・というかちょっと書く気力も失せている状態です。
  


更新記録

(2017年04月16日 ~ 2017年04月22日)

 
※ サイドバーにも各サイトへのリンクがあります。


タイトルの言葉

ガチで心を打たれた名言挙げてけ:哲学ニュースnwk の中にあった名言です。
Too Late、確かに今回の母の話も、対策が遅すぎたのかもしれません。
(==;

 


Translate »