★ 2018年02月26日 王貞治という名の惑星がある 号

近況報告 / 更新記録 / タイトル


 お使い

土曜日の午後。夕飯の材料を買いに車でスーパーへ。カゴ一杯に食材を詰め込み、カートの下には「ゆめぴりか」5Kg。レジに並びます。

「 おっ、ここもついに半セルフ(支払いだけ自分でやるレジ)になったのか。」

変わらないようで変わっているレジ。カートが普及して、レジ袋が有料になったり、会計前と後でカゴの色を変えたり・・・。ちょっと昔を思い出してしまいました。

今の家に引っ越してきたのは小学校1年の頃。新しい家、父は忙しく働き、母は時々父の仕事を手伝いながら、家事をこなしていました。
食事の準備は母と私の担当。まだ道路も舗装されていなかった頃。手を引き、引かれ、遠くのスーパーまでバスで通っていました。
でもしばらくすると近くに小さな店が。肉に魚、野菜、一通りの食材がそろってました。子供の私は嬉しくなって、そのことを作文に書いたところ、母に

「 これじゃ、まるでお前が買い物をしているみたいじゃないか 」

と怒られました。・・・だって買い物してるもん。
やっぱり母が目が見えないことは隠しておいた方がいいんだ。子供心にそう気が付きました。

小学校も高学年になると一人で買い物をするのが普通に。近くの店の隣には八百屋に肉屋に魚屋が。

「 ぼく、一人でお買い物なの? 偉いねぇ~ 」

店の人、他のお客も新設に声をかけてくれました。自分にとっては当たり前、なので同級生が買い物の仕方を知らなかったりすると驚きました。
中学も卒業の頃になると

八百屋さんに「 ウチで働かないか 」と声をかけられたりしました。

大学に通い、クラブやバイトで土日もなくなると、風葉家では配送サービスを利用することに。社会人になってもそれが続きました。近くの店はなくなり、いつの間にか民家になってました。
父親が引退してからは、父が買い出しや料理をするようになりました。私は父の料理を食べていないので、わかりませんが、母のウケはよくなかったようです。
(^^;
もっとも母の料理も人のことは言えません。子供の頃、私はなんで野菜が嫌いなんだか、わかりませんでしたが、今思えばよく煮えてなかったからだと思います。
(==;

なので週末作る私の料理は、人気がありました。・・・そういえば、最近、新作作ってないなぁ。

やがてヘルパーさんに入ってもらい、週3回の買い物をお願いするように。足りないものは週末まとめて、車で買い出しに。今はもう週末に自分で一週間分まとめて買い出しをして、昼夜の調理だけをヘルパーさんに頼むようになりました。あ~、車があってよかった。免許持っててよかった。

さて、レジ袋3つ分。冷蔵庫に入れるときのことを考えながら袋詰め。カートを返しておこうと、袋から離れたのが失敗。袋の1つがバランスを崩し落下。鈍い音が・・・。
(@_@;)

玉子が半パック無駄になりました。こんなの初めて。まだまだ私は未熟もののようです。
(--; 
 


更新記録

(2017年02月12日 ~ 2017年02月18日)

※ サイドバーにも各サイトへのリンクがあります。


タイトルの言葉


電脳タイル(リンク集)の中に、「 知らない言葉 」というカテゴリィを作ってます。
なんでもググれる便利な世の中ですが、1つ欠点が。それは知らない言葉を探せないこと。なので、そんな言葉があることすら知らない言葉をテーマ別にまとめようという試みです。

具体的に作ったページは・・・。

  かっこいい物理用語
  こころの動き
  みんなが感じてる錯覚
  世界の「悲しき天使」たち
  アンビグラムの実例
  オチの種類(落語)
    …
    …
 
そんな中、日本人が発見した惑星を調べていた時に見つけたトリビアが今週のタイトル。惑星、王貞治は2000年07月08日発見、火星と木星の間にあるそうです。詳しいことはこちらで。

Translate »