★ 2017年12月18日 そばに来るな!近づいたらお前らみんな 殺すぞ!!・・・さようなら 号

近況報告 / 更新記録 / タイトル

今月から時短勤務を解消、通常(ただしシフト)勤務に戻しました。なかなか大変、記事の更新にも影響が出ています。
(^^;
 


AIAI

人間が育てたAI。そのAIに新たなAIを育てさせて、もっと優秀なAIを作る。そんな試みが行われているそうです。仮にそのAIをAIAIを呼ぶとしましょう。このAIAI、ただのAIに比べ物にならぬほど優秀らしい。そうならそのAIAIに育てられたAIAIAIはどんなことに? タイミングよく量子コンピュータも実用化間近。そこでAIAIAIを動かしたらば・・・。人間がAIに馬鹿にされ始める日もそう遠くはないと思われます。
(==;

でもAIは本当に優秀なのでしょうか。AIに詳しい人と話をする機会があったので色々聞いてみました。やはりAIはどれだけのデータをどのように読み込ませるかで、性能が大きく変わるらしい。それにロジック自体は通常のプログラムと大きくわかるわけではなく、どちらかというと泥臭い世界。・・・やっぱりそうだよなぁ。

それに囲碁や将棋ならば勝ち負けがはっきり。AIの指す手が結果として正しかったどうかどうかわかります。でもそれ以外のことはどうなのでしょう。NHKスペシャルでは車がどこを走っていれば、客を拾えるかAIを使って推測しているタクシー会社を紹介、AIによって乗車実績が上がっていると紹介していました。
でもそれが最善だったかどうかは不明。答えは出すが、理由は答えぬのがAI。なので検証ができません。正しいのか、正しくないのか、人間にはわからない。少なくともAIはアトムのようにフレンドリーでは無いよう。それにそれでもやっぱり人間よりは優秀そうです。

むかしの漫画にはコンピュータの出す答えに盲目的に従い、戦争を始める未来の話がありました。またコンピュータに支配され、奴隷のように働く未来の話も。そんなのは遠い遠い未来の話。・・・と思ってたら、今は仕事がどんどんAIに奪われるのではという予想をニュースで報じる時代。

AIが反乱を起こし、ネットワークを掌握、地球を支配するという未来も強(あなが)ち夢物語ではありません。AIの理屈がわかれば、説得することもできるかもしれませんが、神様のように啓示するだけだとすると人間は従うしかないのかも。せめてその前にAIがAIが考えていることを人間にわかる言葉に翻訳してくれる機能を持ってくれればいいのに。そうすればその答えが「あぁもっともだ、人間が悪いんだ」となるものでも、「何言ってるんだ、AIお前は間違っている」となるものでも、少しはスッキリして降伏できると思うのですが。いきなりブチりと人類のスイッチをオフするのだけは、止めてほしいものです。
(--;


更新記録

(2017年12月04日 ~ 2017年12月10日)

 
※ サイドバーにも各サイトへのリンクがあります。


タイトルの言葉

週末まだ観ていない映画を1本観る。最近の目標の1つです。先々週末に観たのが「バタフライエフェクト」。想像していたのと大きく違うストーリー。引き込まれました。タイトルは主人公エヴァンが最後、子供の頃に戻り、好きなケイニーに言った言葉。これがみんなを幸せにする方法だったなんて。

戻りたい過去があるのは誰でも同じ。今はアメリカ人の多くが大統領選挙前に戻りたいと思っているかもしれないなぁ。
(^^;

「バタフライ・エフェクト」の感想は こちら に書いたので、よかったらどうぞ。
 
 

Translate »