★[アニメ]宇宙兄弟のすべて

投稿者:

21世紀になっても月に行くのは難しい。アニメ版宇宙兄弟の情報です。


感想


宇宙兄弟、アニメ版全99話を観てみました。

以前、GyaOの無料配信を途中から視聴、日々人(ヒビト)が月で行方不明になる辺りまで観てたのですが、やっと続きを観ることができました。
(´ω`)ふぅ

今回は定額サイトでの鑑賞。日に2~3話づつ見てました。ディスクを取り替えたり、検索しなくてもいいのは楽だなぁ~。

いち早く夢が叶い宇宙飛行士になった弟、日々人。日本人初の月面着陸に向け、NASAで訓練中。対する兄、六太(ムッタ)は設計の仕事をしていたが、日々人のことがきっかけで、問題を起こし退職。就活に苦しむ日々。

子供の頃から共に宇宙飛行士を目指していた二人。家族の薦め(?)もあって、六太も再び宇宙飛行士を目指す・・・。というところから、この物語は始まります。

まん丸パーマ、ちょっと間が抜けているような兄、六太が実は凄い。次々と試験にパスしていきます。少年マンガ的ノリのようですが、試験の内容が大人。

例えば閉鎖空間での選抜テスト。カプセルの中で、見ず知らずの候補者とともに7日間を過ごさなければなりません。いくつかのチームに別れて実施。そしてそれぞれ最終日に、そのチームで一番宇宙飛行士に適切だと思うものを自分達で選ばなければなりません。・・・会社の研修みたいだなぁ。

チーム内は牽制し合い、そこに緑のアレン(グリーンカード、トラブルを起こせという秘密指令)が。JAXAでは本当にこんなテストをしているのでしょうか? 現実の宇宙飛行士がみな年配なのも頷けます。

一方、弟の日々人は無事月に着陸。一躍時の人となります。しかし、ダミアンと月面探査中にクレーターに落下、基地と連絡が取れない事態に。負傷したダミアンを抱え、なんとか基地との通信を試みる日々人でしたが、さらなるアクシデント。酸素が残り少なくなってしまいます。

万事休す。クレーターの底に身を投げようとする日々人、その目に入った謎の輝き。この辺りは再生が止められず、5話も連続で観てしまいました。そして助けに来たのは・・・。死んだはずの大先輩ブライアンJ!?

大人のマンガだなぁという感想。宇宙を題材にしていますが、ワープするわけでもなし、地球を守るわけでなし。jaxaやnasaという現実の組織を通し語られる心の機微、兄弟愛、宇宙の計りきれなさ。
静かな人間ドラマ、登場人物とその背景がじっくり描かれています。六太の憧れの人、せりかさんの食いしん坊設定も笑えます。ただ話の引っ張り方が長すぎる部分も、定石と言えば定石なのですが。

99話目は唐突な終わり方。人気がなくて打ち切りになっちゃったのでしょうか? それとも原作に追い付いちゃった? 続きが製作されることを期待します。実は月の事件より凄いことが起こるらしいと聞いているので。・・・なんなの? 一体何が起きるの? 気になってしょうがありません。
(@_@;)
 

  


データ


放映期間:2012年4月1日から2014年3月22日
放映日時:毎週日曜 7:00 – 7:30(30分)
放映日時:毎週土曜 17:30 -18:00(30分)
放送局:日本テレビ系列(NNS)
放送回数:全99話


出演:平田広明、KENN、加藤将之、沢城みゆき
原作:『宇宙兄弟』小山宙哉
 
 
 
 


エピソード

同局で青年誌の漫画を原作としたアニメが全国ネットで放送されるのは、『バケツでごはん』以来約16年振りである。開始から1年間は早朝に、その後も夕方に放送されているため、原作にある大人向けの表現は抑えられている。
作では実在の日本人宇宙飛行士に相当する人物がよく似た名前(例:毛利衛→毛莉、野口聡一→野淵)に変更され登場していたが、アニメ版ではJAXAが協力しているため実名が使われている。第13話、第26話では、野口聡一が本人役のゲスト声優として出演し、第26話では野口聡一の他、若田光一と星出彰彦が声は無いが面接官として登場している。
それとは逆に、版権が関わりそうな固有名詞(原作第1話で出たPUFFYの曲、「セガール映画」など)は、ほとんどが別のものに置き換えられるか出番を省略されるかしている。



サブタイトル


<2012年>
【001】04月01日 弟ヒビトと兄ムッタ
【002】04月08日 俺の金ピカ
【003】04月15日 有利な男と走る女医
【004】04月22日 日々人の隣
【005】04月29日 足りない日々
【006】05月06日 頭にまつわるエトセトラ
【007】05月13日 拝啓日々人
【008】05月20日 白煙天国
【009】05月27日 それぞれの覚悟
【010】06月03日 バスバス走る
【011】06月10日 閉じ込められたライバル達
【012】06月17日 わたしの名前は伊東せりかです
【013】06月24日 3次元アリ
【014】07月01日 壊れたメガネと足の裏
【015】07月08日 宇宙の話をしよう
【016】07月15日 アラームアリ時計ナシ
【017】07月22日 犯人はこの中にいる
【018】07月29日 かぺ!けんじ!
【019】08月05日 さらばの前の日
【020】08月12日 一番酷い仕打ち
【021】08月19日 久しぶりの空
【022】09月02日 夢の途中
【023】09月09日 親父と息子とムッタクロース
【024】09月16日 最悪の審査員
【025】09月23日 マッハの弟 筋トレ兄
【026】09月30日 痛みを伴う面接
【027】10月07日 一つの質問
【028】10月14日 ドーハのきせき
【029】10月21日 打ち上げ前夜
【030】10月28日 犬とじじいとアレクサンダー
【031】11月04日 ロケットロード
【032】11月11日 入ってはいけない場所
【033】11月18日 月のウサギ
【034】11月25日 月夜の晩にパグとハグ
【035】12月02日 だだっ広い施設のほんの一角から
【036】12月09日 踊る宇宙飛行士
【037】12月16日 公園におっさん2人
【038】12月23日 11件目のメール

<2013年>
【039】01月06日 月の錯覚
【040】01月13日 天国で地獄
【041】01月20日 あと80分の命
【042】01月27日 日々人の選択
【043】02月03日 ブライアン
【044】02月10日 3人の宇宙飛行士
【045】02月17日 5人の青レンジャー
【046】02月24日 せっかちやろうナンバーワン
【047】03月03日 最初の約束
【048】03月10日 心にいつも万歩計を
【049】03月17日 リーダー新田
【050】03月24日 ニッタとムッタ
【051】03月31日 生きた石コロ


【052】04月06日 兄とは常に
【053】04月13日 生きて二人で月に立とう
【054】04月20日 俺には運がある?
【055】04月27日 遠すぎるゴール
【056】05月04日 酒の約束
【057】05月11日 技術者のスイッチ
【058】05月18日 本気の失敗
【059】05月25日 誓いのサイン
【060】06月01日 海人と宇宙人
【061】06月08日 日々人を待つ人々
【062】06月15日 遥か遠くを望む人
【063】06月22日 若き日のドキドキ
【064】06月29日 一切れのケーキ
【065】07月13日 車イスのパイロット
【066】07月20日 二つのノート
【067】07月27日 デニール化
【068】08月03日 二つの鍵盤
【069】08月10日 日々人に並ぶ
【070】08月17日 諦めのような覚悟
【071】08月31日 リハーサル
【072】09月07日 日々人の障害
【073】09月14日 道なき月に道を
【074】09月21日 魔法の裏技
【075】09月28日 わたしの両手
【076】10月05日 オリガ
【077】10月12日 宇宙飛行士の娘
【078】10月19日 時間切れ
【079】10月26日 オリガとヒビトとガガーリン
【080】11月02日 秘密
【081】11月09日 一番の敵
【082】11月16日 宇宙家族
【083】11月23日 俺とケンジ
【084】11月30日 スーパンダマン
【085】12月07日 月面にいた
【086】12月14日 明日のために
【087】12月21日 自分の場所へ

<2014年>
【088】01月04日 プリティ・ドッグ
【089】01月11日 最後の言葉
【090】01月18日 小っちゃいメモとでっかいお守り
【091】01月25日 ヒビトの救い方
【092】02月01日 孤独な彼ら
【093】02月08日 心の片隅に
【094】02月15日 ワクワクチームワーク
【095】02月22日 俺らの将来
【096】03月01日 宇宙飛行士であり父であり
【097】03月08日 消えないんだ
【098】03月15日 最強の宇宙飛行士
【099】03月22日 人生可変、約束不変

 


キャスト

南波 六太(なんば むった)/ 声 – 平田広明
南波 日々人(なんば ひびと)/ 声 – KENN
真壁 ケンジ(まかべ ケンジ)/ 声 – 加藤将之
伊東 せりか(いとう せりか)/ 声 – 沢城みゆき


スタッフ


原作 – 宇宙兄弟(小山宙哉)
監督 – 渡辺歩
キャラクターデザイン – 薮野浩二
音楽 – 渡辺俊幸
主題歌 -「Feel So Moon」「素晴らしき世界」
主題歌 -「ユリーカ」「告白」
主題歌 -「夢見る世界」「テテ」
主題歌 -「Small World」「グッバイ・アイザック」
主題歌 -「消えない絵」「BEYOND」
主題歌 -「クレーター」「夜空の太陽」
主題歌 -「HALO」「New World」
主題歌 -「B.B.」「あなたがいればOK!」
企画・プロデューサー – 永井幸治
制作統括 – 小石川伸哉、植田益朗
チーフプロデューサー – 伊藤憲浩、落越友則
制作 – ytv、A-1 Pictures

 


本編を見るには・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:24727円(税込、送料別) (2018/1/25時点)

( 楽天市場 )


宇宙兄弟 Blu-ray DISC BOX 2
(Blu-ray Disc)
( オムニセブン )

 


 


参考・引用

宇宙兄弟 – Wikipedia


 



初出:2018年01月25日、テレビの悪足掻き

ただいまコメントは受け付けていません。