★[アニメ]進撃の巨人 Season1、2 のすべて

投稿者:

この世界は残酷だ。アニメ、進撃の巨人 Season1、2の情報です。


エピソード

単行本の発行部数は、2018年1月現在累計7100万部を突破している。
本作の世界観はダーク・ファンタジーの要素が強く、少年漫画としては残酷な描写も多く描かれている(人間達が巨人に襲撃・捕食されるシーンや、身体が損壊するシーンなど)。原作者の諫山曰く出版社側からは、「人体の断面を描いてはいけない」程度の表現規制しか受けていないとの事。
本作は元々、作者の諫山創(当時19歳)が漫画家デビューを果たす前の2006年に編集部へ持ち込みをするための読み切り作品として考案された。諫山は本作を構想したきっかけとして「原点は覚えていないが閉鎖空間での極限状態を描きたいと思ったのが始まりで、巨人を最大限に活かすことの出来る世界観を考えた。まずは世界観ありきで創り始めた」と語り、この構想を形とした読み切り版「進撃の巨人」を『週刊少年マガジン』(以下『週マガ』)を発行している少年マガジン編集部へ持ち込んだところ、同編集部主催の新人賞・2006年7月期MGP(マガジングランプリ)にて佳作を受賞するに至った。なお読み切り版「進撃の巨人」は当初、他社の編集部へ持ち込んだが、このように評価されることはなかったという。
「人を喰う巨人」については、小学生のころに偶然視聴した特撮映画「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」の影響を受け、諫山が受けたトラウマの1つになっている。また同時期に読んだ少年漫画「地獄先生ぬ〜べ〜」に登場する“人食いモナリザ”にも影響を受けるなど、これらの作品が巨人を着想するに至る要素となった。諫山は初投稿以降、装置類などを変更した複数のバージョンを制作・投稿しているが、「人を喰う巨人」というコンセプトには変更がない。
巨人の「食べ物である人間を食しておきながら栄養として吸収しない」という行為に関しては、「後付けである」としながらも菓子研究家の福田里香が提唱する、フィクション作品におけるフード理論に基づいている。福田によるフード理論には「善人は食べ物を美味そうに食べる」「正体不明人物は食べ物を食べない」「悪人は食べ物を粗末に扱う」という3原則があり、これをTBSラジオの『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル』にて聞いた諫山は「なるほど」と納得。そこで「巨人はお腹いっぱいになったら吐き出す」という設定を追加したり、第2巻でのミカサ回想シーンにおいては「食べるという行為の元は戦いだ」と改めて感じながら描写したという。
周囲を壁に囲まれるという閉塞した世界観は、諫山が「壁のような山に囲まれた」と表現する出身地(大分県日田郡大山町、現日田市大山町)から外に飛び出したい、という少年時代の心境が反映されており、その思いが「壁の中から出て広い世界に行きたい」というエレンの行動原理に通じている。また「この大山町が、進撃の巨人の舞台になっている」とも語っている。


データ


放映期間(1期):2013年4月6日 – 9月28日
放映日時(1期):日曜 1:58 – 2:28(毎日放送)
放送局(1期):毎日放送ほか
放送回数(1期):全25話


放映期間(2期):2017年4月1日 – 6月17日
放映日時(2期):日曜 1:58 – 2:28(毎日放送)
放送局(2期):毎日放送ほか
放送回数(2期):全12話


出演:梶裕貴、石川由依、井上麻里奈
原作:諫山創

 
 
 
 


感想

中世ヨーロッパを思わせる街並み、ウォールマリア。賑わう市場、はしゃぐ子供たち。その名の通り、高い壁に守られたその街は、100年もの間安寧の日々を送っていた。それが突然破れる。
壁を上回る超大型巨人の出現。街に侵入した巨人に逃げ惑う人々、喰われていく人・人・人。母が巨人に喰われる様を目の当たりにしたエレンは、その日巨人への復讐を誓う。

宇宙兄弟 」の次は「 進撃の巨人 」を観ました。シーズン1はテレビで観ていたので、シーズン2からの鑑賞です。全12話を観た後、映画版アニメ、1と2をみて、シーズン1を見直して、もう一度シーズン2をみて、今は「 進撃!巨人中学校 」を見ています。
(^^;

有料コンテンツって、便利だけど、危険だ。
(==;

まず巨人に驚かされます。まれにカッコいいのもいるけど、たいがいは風呂上りの裸のオヤジ。そして基本は馬鹿。笑っちゃいますが、それでも人を喰います。泣きながら喰われていく兵士たち。けっこう残酷、一番初めのジェラシックパークで、トイレに逃げ込んだ人がティラノザウルスに喰われ、一気にシリアスになったのを思い出しました。ほとんど笑うシーンもなし、ゴールデンタイムには放送できません。

突然意外な展開を見せるのも、この物語の中毒性。例えば・・・。

< この先は ネタバレ注意です >

数話目でアルミンを助けようとしたエレンが巨人に喰われてしまいます。おもわず、「 あっ! 」と言ってしまいました。えぇ~!! エレンって主人公なんじゃ、実は主人公はミカサ? エレンって、サイコのマリオン(ジャネット・リー)?

そのあと自暴自棄になったミカサが、巨人に喰われそうになったとき、巨人と戦う巨人が登場。その巨人が実は喰われたはずのエレンだったというのには、じわじわ、何度か「 あっ 」といってしまいました。

アニがアルミンの罠にはまり、女型の巨人になったとき。実は超大型巨人は・・・。「 えぇぇぇぇえ!!!」 にぎやかなアニメです。
(^^;

ニコニコで海外の反応を確認しておかなくちゃ。

巨人に立ち向かう時に、立体機動装置という器具を使います。アンカーの付いたワイヤーを飛ばし、建物などに引っ掛け、空高く舞い、巨人と戦います。狙うのは巨人の急所(後頭部うなじ下部)。アニメでは自在に飛んでいるけど、実際にやるのは難しそう。

エレンの幼馴染のミカサが強い。女性の方が精神的にも、体力的にも強いというのが最近のヒット作の条件なのか。姉のようにエレンを叱るミカサ、控えめなツンデレが可愛いです。

ただなんとなくいるようなキャラと思っていると、段々深堀され、それぞれ重要な役割を持っていることがわかります。予め全部ストーリーを考えてあるのかな。「読者に媚びることは、読者を裏切ることと等しい」と作者は思っているらしいですが、リヴァイ兵長人気には影響を受けなかったのだろうか。

初めは戦争の話かと思ってみてました。最後は反戦を謳うのかと。実は巨人はアメリカの暗喩とか。でもそれは昭和生まれの考え。これはどちらかと言えば弱肉強食の世界。生きようと必死になる姿を通して、元気のない若者にうったえているのかも。作者は年配の人かと思ったら、1986年生まれでした。北欧神話をモチーフにしているそうです。

いったい巨人とはなんなのか。謎が深まったところで、シーズン1終了。実写映画化などで、続きがなおざりに。やっとシーズン2が始まっても、人気も12話で終了。人間欲のかき過ぎはよくないと思っていたら、この7月からNHKでアニメ化されるとの知らせ。楽しみです。放送開始は22日から、放送時間は深夜24時35分からだそうです。

 


サブタイトル

 
【 第1期 】

2013年04月06日【01】二千年後の君へ
―シガンシナ陥落 (1)―
2013年04月13日【02】その日
―シガンシナ陥落 (2)―
 

 
2013年04月20日【03】絶望の中で鈍く光る
―人類の再起 (1)―
2013年04月27日【04】解散式の夜
―人類の再起 (2)―
 

 
2013年05月04日【05】初陣
―トロスト区攻防戦 (1)―
2013年05月11日【06】少女が見た世界
―トロスト区攻防戦 (2)―
 

 
2013年05月18日【07】小さな刃
―トロスト区攻防戦 (3)―
2013年05月25日【08】心臓の鼓動が聞こえる
―トロスト区攻防戦 (4)―
 

 
2013年06月01日【09】左腕の行方
―トロスト区攻防戦 (5)―
2013年06月08日【10】応える
―トロスト区攻防戦 (6)―
 

 
2013年06月15日【11】偶像
―トロスト区攻防戦 (7)―
2013年06月22日【12】傷
―トロスト区攻防戦 (8)―
 

 
2013年06月29日【13】原初的欲求
―トロスト区攻防戦 (9)―
2013年07月06日【–】あの日から
(総集編)
 

 
2013年07月13日【14】まだ目を見れない
―反撃前夜 (1)―
2013年07月20日【15】特別作戦班
―反撃前夜 (2)―
 

 
2013年07月27日【16】今、何をすべきか
―反撃前夜 (3)―
2013年08月03日【17】女型の巨人
―第57回壁外調査 (1)―
 

 
2013年08月10日【18】巨大樹の森
―第57回壁外調査 (2)―
2013年08月17日【19】噛みつく
―第57回壁外調査 (3)―
 

 
2013年08月24日【20】エルヴィン・スミス
―第57回壁外調査 (4)―
2013年08月31日【21】鉄槌
―第57回壁外調査 (5)―
 

 
2013年09月07日【22】敗者達
―第57回壁外調査 (6)―
2013年09月14日【23】微笑み
―ストヘス区急襲 (1)―
 

 
2013年09月21日【24】慈悲
―ストヘス区急襲 (2)―
2013年09月28日【25】壁
―ストヘス区急襲 (3)―
 

 

【 第2期 】

2017年04月02日【26】獣の巨人
2017年04月09日【27】ただいま
 

 
2017年04月16日【28】南西へ
2017年04月23日【29】兵士
 

 
2017年04月30日【30】ヒストリア
2017年05月07日【31】戦士
 

 
2017年05月14日【32】打・投・極
2017年05月21日【33】追う者
 

 
2017年05月28日【34】開口
2017年06月04日【35】子供達
 

 
2017年06月11日【36】突撃
2017年06月18日【37】叫び
 

 


キャスト


エレン・イェーガー (声 – 梶裕貴)

ミカサ・アッカーマン (声 – 石川由依)

アルミン・アルレルト (声 – 井上麻里奈)

ジャン・キルシュタイン (声 – 谷山紀章)
 
ライナー・ブラウン (声 – 細谷佳正)

ベルトルト・フーバー (声 – 橋詰知久)

アニ・レオンハート (声 – 嶋村侑)

コニー・スプリンガー (声 – 下野紘)

サシャ・ブラウス (声 – 小林ゆう)

クリスタ・レンズ (声 – 三上枝織)

ユミル (声 – 藤田咲)
 
リヴァイ (声 – 神谷浩史)
 
エルヴィン・スミス (声 – 小野大輔)

ハンジ・ゾエ (声 – 朴璐美)

 

スタッフ

原作 : 諫山創

脚本 : 小林靖子、瀬古浩司、高木登

主題歌 : 「紅蓮の弓矢」「自由の翼」「心臓を捧げよ!」「紅蓮の弓矢」「自由の翼」


本編を見るには・・・


TVアニメ 「進撃の巨人」 Season 1 DVD-BOX
( オムニセブン )



 




初出:2002年11月11日、テレビの悪足掻き