★[バラエティ]探偵!ナイトスクープの感想(ゾンビを待つ子どもたち!?、謎のビニール紐、四ツ葉のクローバーの声が聞こえる少女!?)

一度は見ておきたい、伝説の回。探偵!ナイトスクープから3エピソード。


★ 作品全体の情報、感想はこちら( 探偵!ナイトスクープのすべて )をご覧ください

 

 

◆【004】ゾンビを待つ子どもたち!?

 

依頼内容

我が家には8歳、6歳、5歳の3姉弟がいるのですが、全員ホラー映画が大好きです。その中でも特にゾンビが出てくるものが大のお気に入りで、いつも3人そろって食い入るように何度も何度も見ています。そして最近ではゾンビが家に来た場合に備えて、3人が協力し戦い方の練習までしているのです。いまでは絶対にゾンビを倒せると意気込みもばっちりで、本物がいつくるかいつくるかと毎日ワクワクしています。なんとかお付き合いしていただけないでしょうか。

データ

初放映:2008年04月04日
探偵:たむらけんじ

感想(ネタバレ注意!)

探偵!ナイトスクープ市場、最高傑作の呼び声が高い神回。大笑いしながら、最後に涙が出てくるのは私だけじゃないみたい。探偵はたむらけんじ。登場する子どもたちは、長女 凜子ちゃん、長男 虎之介くん、次男 友之丞くんです。

ホラー好きの3姉弟。ゾンビというものがいると知り、襲ってきたときのために数々の作戦を準備します。ガムテープ作戦、バケツ攻撃、スポンジ作戦、タバスコの罠、恐竜攻撃、サランラップ作戦、・・・。ゾンビが来る日を待つ子どもたち、その望みを番組がかなえます。

夜。なにやら騒がしい。外に出てみる子どもたち。通りには逃げ惑う人々。(実は近所の方々)
「 ゾンビが来た~! 逃げろぉ~!」
ヨタヨタ近づいてくるゾンビ。ちゃんと特殊メイクをしています。これは怖い。とたんに顔が曇る子どもたち。マンションの中に戻ります。「 怖い! 」と部屋の奥に逃げる次男 友之丞くん(5歳)。ひとまず先にお手紙が。
「 もうすぐいきます ゾンビ 」Www。緊張走る一同。ついにゾンビが家の中へ!!

「よ~し、やったる!」「3対1や!」気合いが入る子どもたち。しかしここでアクシデント発生!長男 虎之介くん(6歳)が、タバスコの入ったコップを倒してしまいます。血と間違えさせて飲ませようとした特性ジュース。放心状態の虎之介くん。タバスコの罠、未遂。
ァハハハハ( ゚∀゚)八八ノヽ

まずはガムテープ。玄関の床に接着面を上に敷き詰められています。その上を歩くと足にくっつくという作戦。ゾンビホイホイ?
仕掛けにはすべてお付き合いするルール。なので床に張り付き悶えるゾンビ、義理堅い。ガムテープ作戦成功。
(*´ω`*)

続いては凜子ちゃん(8歳)。ドアに仕込んだバケツ、ゾンビの頭に落下させ、ダメージを与える計画。しかし、ゾンビが来る前にバケツは落下。早い!早すぎるwww。逃げる凛子ちゃん、リアクションに困るゾンビ。バケツ作戦失敗。
ニャハハ(*^▽^*)

次はスポンジ。水で濡らしてあり、踏むと濡れて気持ち悪いという作戦。ゾンビは冷たいとつぶやき、その先の粉の山に顔を突っ込みます。スポンジ作戦大成功!
そして血があるよとゾンビをタバスコジュースに誘導する虎之介くん。ゾンビは床にこぼれたタバスコをなめ、咽びます。汚名挽回。ゾンビは普通の役者さんがやっているらしい。ご苦労様です。
(* ̄m ̄)プッ

子ども部屋に迫るゾンビ。そこに立ちふさがるのは、虎之介くんのおもちゃの恐竜。必死の虎之介くん、目が行っちゃってます。天井からぶら下がった飛行機を反動をつけてゾンビに発射。これは痛い。物理的に結構な質量。思わず声を上げるゾンビ、ゾンビピンチ!!ww。恐竜攻撃手応えあり。
( ^ω^)

でもこれからが本番。いよいよゾンビが子ども部屋に迫ります。次なる作戦はサランラップ攻撃。これでゾンビをぐるぐる巻きにするという大胆な作戦。でもかなりの接近戦、これは怖い! 遠巻きに見ている友之丞くん、たむけんに何もしてないと指摘されます。
凜子ちゃんのドアの前に行けという指示に「噛まれたら、どうすんねん」と怒る虎之介くん。逆にラップをグチャクチャにするなと叱ります。仲間割れはいけないというたむけんに「そんなこといっても全然手伝ってないくせに。何言ってんねん!」と虎之介くん。鬱憤が爆発!涙の抗議です。それはそうだ。
(つ∀≦。)・゚。ギャハハ!
しかし、気を取り直し「はやく来い!」と気合いを入れる虎之介くん。そろそろ準備はいいのかな? 外でじっと待っていたゾンビ。いざ、突入。

布団の上、仁王立ちでゾンビに対峙する虎之介くん。棒でゾンビを殴打、殴打、殴打。強い!! 役者が危ない! 凛子ちゃんにサランラップを指示、おぼつかない凛子ちゃんからラップを取り、自らゾンビの顔にラップを巻きつける虎之介、男だ!!
「虎、ありがとな」弟に感謝する姉。その後は3人でゾンビを袋叩き、これが一番強力。もう作戦も何もありません。
(つ∀≦。)・゚。ギャハハ!
● ゾンビは「 もうこんな家、来ない 」と言い残し、退散。後に残った虎之介くん、5歳にして真っ白に燃え尽きてます。
たむけんが感想をと聞くと「 みんなが頑張ったから勝ったけど・・・みんな協力してくれるてゆうてたのに・・・」と言葉を詰まらせる虎之介くん。うん、うん、でも男の人生なんてそんなものなんだ。しかし「 誰が頑張ったから? 」との質問には反射的に「 みんなが頑張ったから 」と答えます。
。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャ

やばい、また泣けてきた。番組のもう一度みたいビデオでも断トツの第一位。見たときのインパクトは大きいです。姉 凜子ちゃんの学校では、このビデオが道徳の時間に流されたそうです。www
それにしてもなぜ泣けてくるのか? 「 一生懸命、失敗しながらも、やり遂げる 」 ある意味、人生の縮図。そう気づいてなくても、自分とその姿を重ね、涙しちゃうのかなぁ。

 

参考

◆【005】謎のビニール紐

 

依頼内容

拝啓、私は東大阪市で衣料品販売店を営んでいます。早急にお調べしていただきたいことがあり、お手紙いたしました。実は数週間ほど前から当店の前の電柱に黄色い紐のようなものが括られているのに気が付きました。最初は気にも留めてなかったのですが、毎日毎日見るたびに、その紐が増えていくのです。よくみるとあらゆるところに括ってあるのです。それに当店の周りが特にひどいのです。気になって仕方ありません。誰がなんのためにこの紐を括っているのか調べてください。

データ

初放映:1992年3月20日
探偵:トミーズ雅
ロケ地:東大阪市鴻池新田

感想(ネタバレ注意!)

いったいこれは・・・。誰かの悪戯のように見えたビニール紐。でもこうたくさん見つかると、ちょっと怖いです。ナイトスクープには珍しく、解決しなかった回。まだ上岡龍太郎が局長の頃だから、随分と前(1992年)のレポートなのね。

まずは依頼者の店の前、電信柱に捲きつけられたビニール紐。これだけ? ただのいたずらでしょう、こんなことワザワザ依頼するなって感じのトミーズ雅。盛り上げるためか警察に電話。こんなことで電話しちゃうの!? 大阪、ノリが良過ぎ。たくさん警官が来たので雅は別のところへ退散。
こういうことが重なって大阪府警察と揉めたのかな。

言われてみればあちこちに括られているビニール紐。なんなんだ、この紐は。電柱、駐車場の柱、物干し、公園の鉄棒、柵、あらゆるところに括られています。なんのために。あちこちに電話をかけるトミーズ雅。携帯電話、大きい!!
文房具屋に入り聞き込み。すると黄色だけ在庫なし。ここだ、この店で購入されたに違いない。解決が近い雰囲気が漂いますが・・・。

さらに調べていくと多量のビニール紐が括られている場所を発見。それはガソリンスタンド。びっしり紐が捲きつかれた洗車機のホース。これは異常。・・・と、ここで突然の捜査終了。上岡龍太郎が黙っていないと思いきや、軽くスルー。おかしい、なにかおかしい。そういえば、追加捜査は一切しないとの宣言するテロップ。なぜここまでする。ネット上にもこの回の話は多く上がってます。

【 追加調査 】ネットで囁かれている真相

● 取材中、10分前には何も無かった場所へと戻ってくると、そこに異常な量の紐が結び付けられていた。
● 地域の付近で翌朝まで張り込み調査したものの、紐は一晩中増殖し続けた。
● 北野誠が以前ラジオで『心の病気の人の仕業やったんです』と発言した。
● 括りつけている人が判明、事情聴取にて『どうして、ビニールひもで括るの?』と聞いてみても『わからへん……でも、くくらなあかんねん……』と答えていた。
 

 

参考

◆【006】四ツ葉のクローバーの声が聞こえる少女!?

 

依頼内容

今日は5歳になる娘の、恵子の不思議な力について、調べていただきたく、手紙を書かせてもらいました。実は恵子は、幸せの四葉のクローバーの声が聞こえるようなのです。公園に散歩に出かけると、大好きな四葉のクローバーを探すのですが、探し始めてものの数分で、手にたくさんの四葉のクローバーを探してきます。どうしてこんなに見つけられるのか聞くと、こっちだよと教えてくれるのだといいます。私は不思議でたまりません。やはりほんとうに四葉のクローバーの声が聞こえるのでしょうか? 恵子の不思議な力をぜひ調べてください。

データ

初放映:2014年11月07日
探偵:たむらけんじ

感想(ネタバレ注意!)

会議室のような部屋、まずは依頼者にインタビュー。少女の不思議な力について話を聞きます。探偵の「ほんとうなんですか?」との問いに、母親が見せたのが、たくさんの四葉のクローバー。大阪に来る途中の高速のインター、そこで見つけたものらしい。30分でこんなに!? 
才才-!!w(゚o゚*)w
四葉のクローバーの声が聞こえるって言ったって、クローバーに口はなし、テレパシーだとでもいうのか。植物は聞かせる音楽で成長が変わるというから、全身を耳に替わりにできるとおもってましたが、考えて、意思を伝えることまでできるのか。でも、いったい何のため。自分をつんでほしいとでも言うのか。
恵子ちゃん(5歳)は本当にまだ子ども。少し恥ずかしがっています。人をだましたり、やらされてる感はありません。母親は自分が子どもの頃、海の中で魚の声が聞こえたのだという。とても耳がいい血統なのか。

近くの公園に向う一同。果たして四葉のクローバーを見つけることができるのか? 入り口そばにあるクローバー、ちょっと立ち止まった恵子ちゃん。しかしここには無いと言います。公園にはたくさんのクローバー、恵子ちゃんはあっちにあるかもと歩き出します。
「あっあった!」ちょこんと座り、四葉のクローバーを積む恵子ちゃん。三葉の中にある四葉を見つけるのが早いというのではありません。四葉のあるところにまっすぐ向っていって摘むのです。これは大きな違い。
驚く、たむけん。「あった!」また見つける恵子ちゃん。また、またまた。編集が入っているのかもしれませんが、見つけるスピードと言うより、その確度が凄い。

もし、これが鈴虫だったら不思議でもなんでもありません。鳴き声が聞こえれば、私でも見つけられます。本当に四葉のクルーバーは何か特殊な電波を出しているのでしょうか? 恵子ちゃんはそれと共鳴する耳を持っているとでもいうのでしょうか? これは不思議、不思議としかコメントしようがありません。


 

参考



2稿:2017年10月12日、テレビの悪足掻き
初出:2015年12月23日、テレビの悪足掻き