● ピーター・ジャクソン監督のキング・コング。

キング・コング [Blu-ray]
キング・コング [Blu-ray]
( amazon.co.jp )

 

作品紹介

● LOTR三部作のピーター・ジャクソン監督最新作。同監督が長年夢見てきた悲願の作品がついに実現。
● 1933製作のキング・コングを最新映像技術でリメイク。
● 1930年代、映画の制作の打切られそうになったデナム監督は、一発逆転を狙い、海図にも載っていない島、髑髏(スカル)島に向かう。売れない喜劇女優と原稿料が未払いの脚本家を連れて。


キング・コング
( AllPosters.co.jp )

 

感想

● 3時間の超大作。評判もそれほどでもなかったので、映画館に行くのを躊躇(ためら)っていたら、もうDVDが出てました。早っ!
目玉のSFXシーンがこれでもかと登場、ワンシーンが長く、そして凝っています。恐竜の将棋倒しやコングと恐竜とのアンの奪い合い、その末に蔓(つる)に絡まりながら山の亀裂に落下。巨大な蛭や大型昆虫の襲撃…。最後のエンパイヤーステートビルまで、髑髏(スカル)島に到着してからは驚きのシーンが続きます。

● でも★が4つなのは、もうひとつリアル感が足りないため。重さの表現が足りない気がしました。例えばコングが怒りに任せ巨木を抜いたり、大岩を投げたりするのですが、あまりにも軽々とやってのけます。紙かなにかででできてるかのよう。それだけ力持ちなのかもしれませんが。
例えば岩を持ち上げる時は足の指が広がって、腰が入って、少し顔を歪めて持ち上げてもらった方が、その岩の重さが伝わり、その力強さに驚けます。CG製作ばかりに目が行き、そういう基本的な演出が、忘れられてるのでは。俯瞰(ふかん)してみる生け贄台もおもちゃのようだし(これは画面が小さい(29インチ)せいかも)
船が髑髏島の岩礁をくねくね避けるシーンが一番リアルでした。

● アンとコングの心の交流もこの話の見せ場。その巨大さとパワーに驚き、叫び、逃げ回ってたアンは、実はコングに身を守られていると気が付きます。恐竜を倒し立ち去ろうとするコングを呼び止め、追いかけるアン。ここでコングが《にこり》ともしないのがよかった。海に沈む夕日を悲しむ彼(コング)の姿に心を通わすアン。怪獣や宇宙人ではなく、巨大なだけのゴリラというところに本当にあるかもと思えた、古き良き時代の大人のファンタジーを感じます。

● キャストも個性的。一番印象に残ったのはナオミ・ワッツ(アン役)。いつもよりなんか生き生きしているなぁ。ジャングルの中では服を開(はだ)けて走る走る、全速力。絶叫シーンよりも元気の良さ(必死さ)に好感持てました。彼女がコングの前でジャグリングを始めた時は、思わず What’s!? と言ってしまいましたが。
(^_^;

それからジャック・ブラック(カール役)。何を始めるかわからないバイタリティが溢れていました。途中で死ぬんだな、との予想もどこ吹く風。取りの台詞まで言ってました。
エイドリアン・ブロディ(ジャック役)は終止寝むたそうでした。


キング・コング
( AllPosters.co.jp )

 

薀蓄

● キング・コングを演じているのはLOTRでゴラム役のアンディ・サーキス
● デナムとプレストンの会話。当初の予定の女優が映画を降りたと聞いたデナムは『フェイ・レイは?』と訪ねます。プレストンが他の映画に出演中だというと『クーバー(監督)のか?』と聞きます。フェイ・レイとクーパーは1933年版キングコングの主演女優と監督のこと。
● フェイ・レイにはカメオ出演のオファーが来ており、もし出演が叶えば、ラストシーンの締めの台詞「コングを殺したのは飛行機じゃない、美女が殺した」を任される予定だった。


キング・コング
( AllPosters.co.jp )

資料

● 原題 / KING KONG
● 監督 / ピーター・ジャクソン
● 製作 / ジャン・ブレンキンほか
● 脚本 / ピーター・ジャクソンほか
● 撮影 / アンドリュー・レスニーほか
● クリーチャーデザイン / リチャード・テイラー
● 視覚効果監修 / ジョー・レッテリ
● 音楽 / ジェームズ・ニュートン・ハワード

♀ アン・ダロウ(売れない喜劇女優)/ ナオミ・ワッツ
♂ カール・デナム(映画作家)/ ジャック・ブラック
♂ ジャック・ドリスコル(脚本家)/ エイドリアン・ブロディ
♂ イングルホーン(ベンチャー号船長)/ トーマス・クレッチマン
♂ キング・コング(巨大猿)/ アンディ・サーキス

● 3時間08分
● 2005年ニュージーランド/アメリカ、UIP

【 Youtube 】映画「キング・コング」劇場予告 – YouTube


キング・コング
( AllPosters.co.jp )

 

本編を観るには・・・

( 楽天市場 )


キング・コング
( オムニセブン )

 



  

参考

キング・コング (2005年の映画) – Wikipedia
『キング・コング』(2005)肝心なシーンがすべて削除されていることが「世界第8の不思議」だ!:良い映画を褒める会。
満点 「キング・コング」 映画好きで観てない人は絶対観るべき!大傑作!|kazukazu721's interest
キングコング凄ぇ!: たけくまメモ
www.geocities.jp/ganchanmst/eigafile/kingkong.html

更新履歴

2稿)2015年12月16日、シネマドローム
初出)2006年08月14日、東京つまみ食い


Related Posts

★[感想]アバター

★[感想]アバター

★[感想]カールじいさんの空飛ぶ家

★[感想]カールじいさんの空飛ぶ家

★[感想]ツイスター

★[感想]ツイスター