1950年代公開一覧

★[感想]素晴らしき哉、人生!

 感想記事の抜粋


原題 It’s a Wonderful Life
惹句
監督 フランク・キャプラ
俳優 ジェームズ・スチュワート
女優 ドナ・リード
俳優 ライオネル・バリモア
俳優 ヘンリー・トラヴァース
蘊蓄 2014年に島根県の県民ボランティアの手によって、日本で初めて日本語吹替版が制作され上映された。


1946年公開の白黒映画。映画はストーリーがメイン、映像はそれを後押しするものに過ぎないんだなぁ。今観ても泣ける名作。

・・・続きを読む


★[感想]北北西に進路を取れ

 感想記事の抜粋


原題 North by Northwest
惹句
監督 アルフレッド・ヒッチコック
俳優 ケーリー・グラント
女優 エヴァ・マリー・セイント
俳優 ジェームズ・メイソン
女優 ジェシー・ロイス・ランディス
蘊蓄 ソーンヒルが農薬を散布する軽飛行機に襲われる有名なシーンは、カリフォルニア州ベーカーズフィールドで撮影された。
サスペンスの王様の傑作サスペンス、北北西に進路を取れの感想です。

・・・続きを読む


★[感想]生きものの記録

 感想記事の抜粋


原題 生きものの記録
惹句
監督 黒澤明
俳優 三船敏郎
俳優 志村喬
俳優 千秋実
俳優 清水将夫
蘊蓄 それまで黒澤作品において三船と共に主役級を演じてきた志村喬は、加齢のため本作を最後に主役級を退き、以後の黒澤作品では脇役及び悪役に転じていくこととなる。
黒澤明の現代劇、原子爆弾が日本人に残した傷跡とは・・・。いきものの記録の感想です。

・・・続きを読む


★[感想]ゴジラ(昭和29年度)

 感想記事の抜粋


原題 ゴジラ
惹句 ゴジラか科学兵器か驚異と戦慄の一大攻防戦!
監督 本多猪四郎
俳優 宝田明
女優 河内桃子
俳優 平田昭彦
俳優 志村喬
蘊蓄 田中によればこのなか、三島由紀夫のみが「原爆の恐怖がよく出ており、着想も素晴らしく面白い映画だ」「文明批判の力を持った映画だ」として当時、ドラマ部分を含めて本作を絶賛してくれたという。
最初の怪獣映画なのに、すでに怪獣映画を超えている。1954年版ゴジラの感想です。

・・・続きを読む


★[感想]蜘蛛巣城

 感想記事の抜粋


原題 Throne of Blood
惹句
監督 黒澤明
俳優 三船敏郎
女優 山田五十鈴
俳優 志村喬
俳優 久保明
蘊蓄「蜘蛛の巣城」の有名な弓矢のシーンでは、夏みかんをナイフで刺した音で、人の首に矢が刺さった音をつけた。
黒澤明版マクベス、蜘蛛巣城の感想です。

・・・続きを読む


★[感想]禁じられた遊び【ネタバレ】

 感想記事の抜粋


原題 Jeux interdits
惹句 永遠の輝きにみちた世界映画史上不滅の名作!
監督 ルネ・クレマン
女優 ポーレット / ブリジット・フォッセー
俳優 ミシェル・ドレ / ジョルジュ・プージュリー
俳優 リュシアン・ユベール
女優 シュザンヌ・クールタル
蘊蓄 ポーレットの両親はブリジット・フォッセーの両親が演じている。
戦争の歯止めになるものは・・・、禁じられた遊び の感想です。

・・・続きを読む


★[感想]白い恐怖

 感想記事の抜粋


原題 Spellbound
惹句 知性から官能美へ 目もくらむ愛に包まれてバーグマンが変わる!
監督 アルフレッド・ヒッチコック
女優 イングリッド・バーグマン
俳優 グレゴリー・ペック
俳優 レオ・G・キャロル
女優 ロンダ・フレミング
ヒッチコック カメラで遊ぶ。サルバトール・ダリ協力、白い恐怖 の感想です。

・・・続きを読む


★[感想]私は告白する

 感想記事の抜粋


原題 I Confess
惹句
監督 アルフレッド・ヒッチコック
俳優 モンゴメリー・クリフト
女優 アン・バクスター
俳優 カール・マルデン
俳優 O・E・ハッセ
懺悔で殺人を告白された神父、その神父が事件の容疑者に。懺悔の内容は話すことができない・・ってどうするの!? 私は告白する の感想です。

・・・続きを読む


Translate »