ジム・キャリーの地味な怪演が癖になる。レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語の感想です。

 

紹介

世界的ベストセラーの児童文学「世にも不幸な出来事」シリーズをブラッド・シルバーリング監督が映画化。
原作は13巻で完結。映画は最初の3作「最悪のはじまり」「爬虫類の部屋にきた」「大きな窓に気をつけろ」がベース。
ジム・キャリーが不幸な3姉弟を付け狙うオラフ伯爵を怪演。
第77回アカデミー賞で、メイクアップ賞を受賞。
 


 

感想

押さえるところは押さえているジム・キャリー。思わず笑ってしまいます。普通のオーバーアクションとの違いは《 切れ 》かな。今回は悪役に徹しています。

オラフ伯爵の特殊メイク。ギラギラとした目の上に、つながった眉毛。ステファーノやシャム船長に変装してもオラフ伯爵と判るのが凄い。

オラフ伯爵に付け狙われるボードレール3姉弟。天才発明家の姉ヴァイオレット、読書家の弟クラウス、咬み癖のある妹サニー。この組み合わせが面白い。三人は各々の能力を生かし、力を合わせ、危機を脱出します。
 

 
赤ちゃん言葉のサニー。咬み付きは前半だけ、後半はツッコミで笑わせてくれます。

よくこの役を引き受けたなぁ…のメリル・ストリープ。そつなくジェセフィーヌおばさんを演じてます、やっぱり名優。カメオ出演のダスティン・ホフマン。一瞬しか映らなくても、一目で彼とわかる存在感。

エンドロールに重なって影絵で3姉弟を襲うオラフ伯爵。雰囲気出てます。ネット上でもこの映画一番の人気でした。
 
 
Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events title sequence – YouTube
 
 
アダムスファミリーの匂いがして見たこの映画。閉じ込められた車に迫ってくる汽車、爬虫類の館のおとなしい毒蛇、絶壁に建つ家、文法に煩い叔母、ボートを襲う蛭の大群など思っていた通り。パート2が是非とも観てみたい。もっと不幸だという原作も気になるところ。
 

 

薀蓄

主演のエミリー・ブラウニングとリアム・エイケンが交際をしていたとの噂が流れたが、これはエミリー・ブラウニングの当時のボーイフレンドが(エイケンと同じ)リアムという名前だったため、ファンが取り違えたものである。

ティム・バートンが監督を打診された時期もあり、その時にはジョニー・デップがオラフ伯爵を、グレン・クローズがジョゼフィーンおばさんを演じる予定だった。事実、この作品にはバートン作品常連のスタッフが数多く携わっている。

 
長男クラウス役のリーアム・エイケン。撮影中に身長が11cmも伸びて衣装の調整が大変。映画の終わりでは姉役のエミリー・ブラウニングより明らかに背が高い。

妹サニー役はカーラ・ホフマン&シェルビー・ホフマン双子姉妹のダブルキャスト。どっちがどっち?

 

資料

原題:Lemony Snicket’s A Series of Unfortunate Events
コピー:幸せだった三姉弟妹を次々と襲う、最悪の不幸がはじまる
監督:ブラッド・シルバーリング
脚本:ロバート・ゴードン
原作:レモニー・スニケット『世にも不幸なできごと』
制作:ウォルター・F・パークス、ローリー・マクドナルド、ジム・ヴァン・ウィック
出演:ジム・キャリー、エミリー・ブラウニング、リアム・エイケン
音楽:トーマス・ニューマン
主題歌:-
撮影:エマニュエル・ルベツキ
編集:マイケル・カーン

オラフ伯爵 / ジム・キャリー
ヴァイオレット・ボードレール / エミリー・ブラウニング
クラウス・ボードレール / リアム・エイケン
ミスター・ポー / ティモシー・スポール
モンティおじさん / ビリー・コノリー
ジョセフィーンおばさん / メリル・ストリープ

製作会社:ニコロデオン・ムービーズ、スコット・ルーディン・プロダクションズ
配給:アスミック・エース
公開:2005年5月6日
上映時間:109分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events Trailer – YouTube


 

本編を観るには・・・


レモニー・スニケットの
世にも不幸せな物語
( オムニセブン )


参考・引用

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 – Wikipedia
映画「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」を観た感想と作品のあらすじや情報など | シネマテーク
映画「レモニースニケットの世にも不幸せな物語」ネタバレあらすじと結末の感想 | hmhm
●レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語/三姉弟妹がかわいい – shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)

更新履歴

4稿)2018年04月04日、シネマドローム
3稿)2015年03月31日、シネマドローム
2稿)2011年01月20日、シネマパレード~隼
初出)2005年05月23日、東京つまみ食い