★[感想]メッセージ

 感想記事の抜粋


原題 Arrival
惹句 ある日突然、巨大飛行体が地球に。その目的は不明――
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
女優 エイミー・アダムス
俳優 ジェレミー・レナー
俳優 フォレスト・ウィテカー
地球外生命体は墨絵好き、メッセージの感想です。

 

 

紹介

突如、世界12ヶ所に現れた巨大飛行物体。アメリカ軍大佐のウェバー(フォレスト・ウィテカー)は、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)、物理学者のイアン(ジェレミー・レナー)を召集。任務は中にいる2体の地球外生命体(ヘプタポッド)から、飛来の目的を探ること。
原作はテッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」。監督はドゥニ・ヴィルヌーヴ。2016年日本公開。
アカデミー賞の作品賞、監督賞、脚色賞、録音賞、撮影賞、編集賞、音響編集賞、美術賞にノミネート。結果、音響編集賞を受賞した。
 

 

 

感想

公開当時、草原にぽっかり浮かぶ飛行体が、お菓子の「ばかうけ」そっくりと話題になった映画「メッセージ」。公開終了後も、コンビニに行く度に気になるので観てみました。
(^^;

宇宙人を描いた映画はいろいろあります。

この手の映画の王道、地球に攻めてきた宇宙人と戦う地球防衛もの。
(宇宙戦争、インディペンス・デイ、散歩する侵略者、・・・)

宇宙人だっていいやつ、宇宙人が地球人と仲良くなり、トラブルを解決するヒーローもの。
(スーパーマン、E.T.、ハワードザダック、宇宙人ポール、・・・)

最新科学に則った希少種、宇宙人とのファーストコンタクトもの。
(未知との遭遇、コンタクト、インターステラー、・・・)

などなど。

この映画はファーストコンタクトもの。どんな宇宙人が出てくるかだけでなく、どうコミュニケーションをとるかが、ポイントです。未知との遭遇の時は「5つの音」。あの音楽を使った交信は斬新だったなぁ~。

映画に出てくる地球外生命体はヘプタポッド(7足の意味)と呼ばれます。はっきり映りませんが、巨大な烏賊(いか)みたいな姿。宇宙人と呼べるほど人ではありません。2体ほどいて、宇宙船から出ることもありません。

そして、彼らのコミュニケーションは宙(水中?)に描く円(表語文字)。墨汁で描いたようなそれは滲んで、微妙に変化。それをルイーズは解析、コミュニケーションを取ろうとします。なんて厄介な。どう見ても円相。 ヘプタポッドは禅を組むのか。
 

 

<ここからはネタバレ、できれば映画を観てから読んで下さい>

ようやく会話が成り立つようになった頃、事件が。会話の中に「武器」と言う単語が出て、各国は慌てます。中国はいち早く宇宙船への攻撃を決定。

ルイーズは攻撃を止めさせようと、中国軍のシャン上将の個人ケータイに直電。シャン上将の死んだ妻のメッセージを思い起こさせ、攻撃を止めさせます。

なぜそんなことができたのか、自分でもわからないルイーズ。それはヘプタポッドの時(過去・現在・未来)を越えた存在、その影響を受けたものでした。
それじゃ、度々フラッシュバックしていた、娘ハンナの映像は・・・。えっ、未来の出来事なんですか!?

ヘプタポッドの目的は、地球人にヘプタポッド語を教えること。3000年後、地球人に救われる、そのお礼でした。

やっぱり時間が出てきたかという感じ。宇宙と言ったら時空。時間がしゃしゃり出てるのが最近の流行り。この映画の場合、ヘプタポッドは過去・現在・未来が同位置にあるって、いったい・・・。理解し難い概念です。

話を盛り上げるために、時間をだんだん遡ったり(メメント)、過去と未来を代わりばんこに、徐々に現代に近付いたり(火の鳥)、過去がフラッシュバックする演出なら、初め戸惑っても最後理解できます。でも現実世界の過去と現代と未来が同等って・・・。

現実世界が「観終わった映画」のようだということでしょうか。結末までストーリーを知っていて、自分の役目も決まっていて、現在はそれをなぞっているような。

私の予定では、そろそろ人類はより高度な生命体と遭遇。人類全体がまとめて若返るほどの驚きと、永遠の生命を与えてくれるはずなんですが、間に合わないかなぁ。

宙に浮く車、巨大ロボット、ホログラム、転送装置に宇宙旅行。実現したのはコンピューターぐらいか。21世紀も5分の1を消化したと言うのに、未来はまだまだ来ないようです。

 

終わり

 

蘊蓄

日本ではキービジュアルのポスターが公開された後、本作に登場する宇宙船のデザインがスナック煎餅「ばかうけ」に酷似していることがSNSを中心に話題となった。監督ヴィルヌーヴはこれを受けて日本での公開直前、日本向けのスペシャルメッセージをYouTubeで公開し、「ご推察の通り、宇宙船のデザインは『ばかうけ』に影響を受けたものだ」とジョークを交えてコメントした。一方、ばかうけを製造販売する栗山米菓では、本社敷地内の「ばかうけ稲荷」で本作の「ばかうけ」を祈願したほか、ばかうけとのコラボポスターも公開された。

7つの脚のようなものを持ち、タコとイカが合わさったような体なので「ヘプタポッド(7つの足の意味)」と名付けられました。
ルイーズとコミュニケーションをとっていたのは「アボット」と「コステロ」。20世紀の米国喜劇俳優コンビの名をとって付けられています。
中国軍のシェン上将がルイーズに伝えた、妻が死ぬ間際のダイイング・メッセージ(中国語)は「In war there are no winners, only widows.」(戦争には勝者はいない。ただ未亡人だけが残される)

 

 

資料

原題 Arrival
英題 Arrival
惹句 ある日突然、巨大飛行体が地球に。その目的は不明――
惹句 言語学者ルイーズが解読した、人類へのラストメッセージとは――。
脚本 エリック・ハイセラー
原作 テッド・チャン「あなたの人生の物語」

監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
制作 ダン・レヴィン、ショーン・レヴィ、デヴィッド・リンド、カレン・ランダー、アーロン・ライダー
指揮 グレン・バスネル、ダン・コーエン、エリック・ハイセラー、トリー・メッツガー、ミラン・ポペルカ、スタン・ヴロドコウスキー
音楽 ヨハン・ヨハンソン
主題
撮影 ブラッドフォード・ヤング
編集 ジョー・ウォーカー
美術
視覚 ルイ・モラン

女優 ルイーズ・バンクス / エイミー・アダムス
俳優 イアン・ドネリー/ ジェレミー・レナー
俳優 ウェバー大佐 / フォレスト・ウィテカー
俳優 ハルペーン捜査官 / マイケル・スタールバーグ
俳優 マークス大尉 / マーク・オブライエン
俳優 シャン上将 / ツィ・マー

会社 フィルムネーション・エンターテインメント、ラバ・ベアー・フィルムズ、21ラップス・エンターテインメント
配給 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
公開 2017年5月19日
上映 116分
国旗 アメリカ合衆国
言語 英語、中国語

費用 $50,000,000
収入 $203,388,186

 

  

本編を観るには・・・


メッセージ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
 

メッセージ(DVD)
(セブンネットショッピング)
 

メッセージ / エイミー・アダムス (DVD)
(Yahoo!ジャパン)

 

関連 ~ ファースト・コンタクト映画

 

 

参考・引用

メッセージ (映画) – Wikipedia
円相 – Wikipedia
メッセージ 特集: レベルが違う! 絶対に見逃してはいけない必見作!! これほどまでに絶賛される「メッセージ」の衝撃と感動の正体とは?映画.com編集長自らが名乗りを上げ、魅力を語りつくす徹底総力特集
公式が両方病気! “ばかうけ”で話題の映画「メッセージ」、ついにガチのコラボポスターを発表してしまう – ねとらぼ
【ネタバレ解説】映画『メッセージ』に秘められた“ループ構造”を解き明かす | FILMAGA(フィルマガ)
時系列追わないノンリニア>映画『メッセージ』と原作 – 重箱の隅に置けない
映画『メッセージ』制作陣はいかにして「エイリアンの文字」をデザインしたか?|WIRED.jp
『未知との遭遇』あの伝説的な交信メロディはどのように生まれた? |CINEMORE(シネモア)

 

更新履歴

初出)2020/06/03、シネマドローム
Translate »