ガキ共、思い上がるんじゃねぇ。静かに大人の復讐が始まる。告白の感想です。
 

 

作品紹介

原作は湊かなえ、2009年本屋大賞受賞。
監督は《 下妻物語 》、《 嫌われ松子の一生 》 の中島哲也。
冷静に復讐を果たす女教師を松たか子。空回りする熱血教師を岡田将生。少年Bを溺愛する母を木村佳乃。
 

感想

初めに後書き

話題の映画、《 告白 》を観ました。日本のみならず、海外でも注目されているこの作品。興行成績的にも上々のようです。新宿で見る映画のような気がしましたが、有楽町マリオンで鑑賞。日曜日、17時00分の回。思ったほど混んでませんでした。観客の年齢層は高め、一人で観に来てる人が割と多いです。私の左隣の女性、Kさんの右隣りの男性、共に一人で来てました。後味の悪い映画は一人で見ると、帰りが悲惨そうだけど。
(-_-)

感想0、予告編

トレーラーを見ると。娘を殺した犯人は生徒たちの中にいる、そう気付いた女教師が改めてクラスに向き合って愕然。生徒たちの異常さ、恐ろしい裏の顔に驚き、最後ほんとうの黒幕と対峙する。
そんなミステリーっぽい話にみえます。しかし全然違いました。むしろ倒叙もの。ミスリードで、映画を見せちゃうホイホイCM。後味が悪く、その原因が松たか子にあると想像すらできませんでした。

《 ここから下は映画が見たなるネタバレ感想 》

あらすじ

教室。終業式のホームルーム。大騒ぎの生徒たち。気にも止めず、淡々と生徒たちに話し掛ける女教師、森口悠子。夫がエイズであること。娘の将来を思い入籍しなかったこと。その娘を保育園に預け教師をしてたこと。時々時間が合わない時は娘が学校に来てたこと。
配られた牛乳を飲み干す生徒、投げて遊ぶ男子、途中で床に落とす女子。娘が学校のプールに落ちて死んだこと。そして、それは警察が言うような事故ではないこと。本当はこのクラスの生徒が殺したこと。自分がその犯人を知ってること・・・。
静かになる教室。女教師は続けます。犯人は少年Aと少年B。少年Aは成績優秀、コンテストで賞を取り・・・

《 修哉だ! 》

ケータイを巡るメール。少年Bは・・・。二人の少年の行動、事件の経緯を淡々と語る悠子。誰が許しても自分は二人を許さない。そして今自分は復讐を果たした。配られた牛乳、実は二人の分、その牛乳の中には夫の血液が注入してあったのだと。口を押さえ、トイレに駆け込む少年A。

怖~~い。o(><)o

ひとつめの告白。おんな教師のそれは、強烈でした。冒頭の数十分。物語のほとんどがここに凝縮されています。物語はこの後、虐めを受けながらも登校する少年A、修哉。引きこもる少年B、直樹。冷静に事件とその後を見つめる少女、美月。それぞれの断片的な告白へと続きます。

感想1、森口悠子

まず、松たか子が怖い。たかが子供、されど中学生。年々子供は可愛くなくなっているにせよ、女教師の本気の復讐、冷静な仕打ちは、なんとも後味を悪くします。でも、悪いことは悪い。それを正せなくて何が先生だ。ある意味、初めて生徒と対等に付き合っている先生のような・・・。
ただ、必殺仕置き人みたいに、悪いやつはぶった切ると言うような爽快感はなし。沈着冷静に獲物を追い詰める姿は後味が悪いです。

 φ ウェルテルを利用し、直樹を追い詰める。
 φ 一番大切なものを、修哉自身に破壊させる。

例えそれが愛娘の復讐のためとは言え。もっともそこがこの映画の持ち味なのですが。

感想2、ウェルテル

森口悠子に替わってクラスを受け持つことになる教師ウェルテル(岡田将生)。ひと昔前の学園ドラマに出て来そうな熱血先生です。わからなかったのが、ウェルテルに対する反応。初めは時代遅れのやつがきたけど、面白いからからかってやろう、という反応に見えたのですが。ドラマのような先生が来たことを喜んでいるようにも見えて・・・。映像からは読み取れませんでした。狙ってそうしてる風にも見えないし。原作で文字で見てみないとわからないなぁ。ただ、熱血が空回りしてるのは伝わってきて、それが原作者の学園ドラマに対する皮肉のように思いました。

1972年 飛び出せ!青春(村野武範)
1974年 われら青春!(中村雅俊)
1978年 ゆうひが丘の総理大臣(中村雅俊)
1979年 3年B組金八先生(武田鉄矢)
1979年 熱中時代(水谷豊)
1984年 スクール☆ウォーズ(山下真司)
1988年 教師びんびん物語(田原俊彦)
1996年 みにくいアヒルの子(岸谷五朗)
1998年 GTO(反町隆史)
2002年 ごくせん(仲間由紀恵)
2003年 ヤンキー母校に帰る(竹野内豊)
2005年 女王の教室(天海祐希)
2006年 マイ☆ボス マイ☆ヒーロー(長瀬智也)
2008年 ROOKIES(佐藤隆太)

いろんな先生がドラマに登場したけど、本当にいたら煩わしそう。私が実際に教わった先生の方がリアリティがあって(当然だけど)、勉強意外のことをたくさん発信してくれました。社会に出た時、そっちの方がどれだけ役に立ったか。もちろん、反面教師的なところを含めてですが。
それにしても、ウェルテルの告白が聞きたかったなぁ。そこが原作者の冷たいところです。
 

感想3、修哉

少年A、渡辺修哉。彼の行動の源にあるのは自分を捨てた母。トップクラスの大学で研究をしてた彼女が予定外の出産。私の子供なんだから。しかしその期待に応えられなかった幼い修哉。息子を捨てる母。
成長とともに高まる母への思い。世の中に認められれば、母は戻ってくる。そう信じた彼は発明コンクールに応募、そして入賞。しかしその日新聞の見出しを飾ったのは、親を毒殺した少女の記事。有名になるんだったら、悪いことをしなければ駄目だ!犠牲になる幼い少女、静かに復讐を誓う女教師。
う~む。中学生くらいでも、母が恋しいとかあるんだろうか? 友達と遊ぶのが一番楽しい時だったけど。むしろ母親が鬱陶しく感じる年頃ではないのか。
クラスで無視され、さらに悪化していく修哉。美月との絡みの後、爆弾を作り始めます。弱点を掴んだ女教師はそれを逆手に復讐を果たします。
映画を見ると自然にエンディング予想を始めるのですが、今回はしませんでした。なぜならば、これはジグソーパズルのような映画だから。

松たか子の誘導による修哉の自滅。

そういうエンディングは、パズルの箱に書いてある完成図を見るのと同じくらい明か。これは途中経過を楽しむ映画だと思ったからです。
d(’◇’)
・・・まぁ、見た後だからそう言い切ってる訳ですが。f^_^;

感想4、直樹

少年B、下村直樹。修哉とは対照的、母に溺愛されている少年。血液牛乳を飲まされてから、家に引きこもり、精神異常に。ここにも母親の影か・・・。木村佳乃演じる母、優子は子供以外には興味がない、他からは興味をもたれない女性。広い家に住んでるのに、小さな小さなコミニティ。直樹は母親に気を止めることもなく、引きこもり。彼の告白は意外なものでした。修哉にいいように使われいたのか、直樹の小さな反抗。幼い娘はあの時、まだ生きていた。それを知りながら、プールに投げ込んだ直樹。

修哉が悪い! 修哉が悪い! 修哉が悪い!

そう決めていた母はその告白に狼狽、完全に壊れた直樹に殺されてしまいます。
看板女優が演じる役にしては普通。カードローンで世界の飛び回ってる木村佳乃というより、三大薄幸女優のひとり、木村多江に演じてほしかったな。

感想5、美月

クラス委員の美月。冷静に女教師を見て、クラスを見て、ウエルテルを見て、修哉を見る。事件の後も登校を続け虐めにあう修哉に、美月は殉教者の姿を見い出します。美月が集めてる薬品。修哉が作りはじめた爆弾。このふたつが近付き、そして近付き過ぎて、あっさりと殺されてしまいます。血液牛乳について、松たか子に詰め寄ったシーンには、復讐教師2の素質すら感じたのに残念。ちなみに美月が女教師と対峙するこのシーン。私が同時にこんなバッドエンディングが見えてました。

私の修哉になんてことしたの!

そう叫ぶ美月の前には、白目を剥く女教師。彼女が飲み物に仕込んだトリカブトの効き目は即効。高らかに笑う美月。もちろん、そんなシーンはないのですが。
 

感想6、非現実感

ドラマには現実感のあるものと、ないものがあります。それはストーリーとか、登場人物とかではないようで。はっきりとはわかりません。カット割とか、無駄なシーンのあるなしで分かれるような気がします。そして、この映画には現実感を感じませんでした。なぜだろう? 屋上で顔にボールをぶつけられる生徒の痛みは伝わってきたのに。どの生徒も

《 は~い!カット~ 》

と監督から声がかかると、お疲れ様でした~と素直に頭を下げてる風景が目に浮かびました。撮影中、中島監督はかなり厳しかったとのこと。演技に緊張感が現れすぎたか。

感想7、凶器としてのエイズ

初めの牛乳に血液を仕込むシーン。その他にもこの映画では、エイズを武器として使うシーンが出てきます。それは修哉がクラスからのイジメに対抗するシーン。無理矢理、美月とキスさせられ、切れた修哉が自分の指を切り、クラスメートの頬に血をなすり付けます。驚く男子生徒、パッと広がり、彼から身を引く生徒たち。
終盤、問い糾す美月に松たか子が《 牛乳に血を入れたくらいじゃ、感染などしない 》と笑いながら説明するシーンがありますが、それにしても感染者から見たら酷い差別に感じる人がいるのでは。
 

 

薀蓄

映画化に当たって中島は本作にて脚色も担当し、ストーリーの時系列が原作とは異なっている。
廃校となった栃木県立芳賀高等学校がロケ地として使われ、同校体育館ではクライマックスの終業式のシーンが撮影された。
「日本工科大学理工学部」は群馬県の昭和庁舎で撮影されている。舎内では爆破シーンも撮影されたが、歴史ある建物ゆえに火薬などを使った撮影は許可が下りず、ブルーシートを張ってコンピュータグラフィックスを使っての撮影となった。
公開初日の2010年6月5日限定でテレビCMの中で映画のラストシーン、松が泣きながら生徒の髪をわしづかみにし「あなたの更生はこれから始まるの」と鬼の形相で迫るシーンが放送されたが、ラストシーンをCMに使用するのは異例なことであり、中島はネタばれを恐れて「ここまでやらなきゃいけないのか」と不安をもらした。
配給の東宝には米ハリウッド3社からリメイクのオファーがあり、アイルランド、香港、台湾への配給も決定された。
撮影中、スタッフが事故で死んでいる。
生徒(桐谷修花)役で能年玲奈が映画初出演している。

資料

原題:告白
コピー:告白が、あなたの命につきささる。
監督:中島哲也
脚本:中島哲也
原作:湊かなえ
制作:島谷能成、百武弘二 ほか
製作総指揮:市川南
音楽:金橋豊彦
主題歌:ー
撮影:阿藤正一、尾澤篤史
編集:小池義幸

森口悠子(女教師):松たか子
寺田良輝(熱血教師ウェルテル):岡田将生
下村優子(少年Bの母):木村佳乃
渡辺修哉(少年A):西井幸人
下村直樹(少年B):藤原薫
北原美月:橋本愛

配給:東宝
公開:2010年06月05日
上映時間:106分
製作国:日本
言語:日本語

興行収入:38.5億円

映画「告白」劇場予告 – YouTube


 

本編を観るには・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2721円(税込、送料無料) (2017/10/4時点)

( 楽天市場 )


告白 DVD特別価格版
( オムニセブン )



 

参考

告白 (2010年の映画) – Wikipedia
映画は人を殺してもいいのか?~映画「告白」の裏側で亡くなった若手スタッフについて~|映画は靴の中の小石でなければならない
超映画批評『告白』95点(100点満点中)
能年玲奈の映画初出演は「告白」 | かわいい!能年玲奈ファンブログ!

更新履歴

初出)2017年10月04日、シネマドローム
初出)2015年09月20日、シネマドローム