★[感想]本能寺ホテル(感想1、2、3)

信長の映画多過ぎ、本能寺ホテルの感想です。


( オムニセブン )

( オムニセブン )

 

紹介

2017年公開、綾瀬はるか・堤真一主演のコメディタッチのSF映画。
監督は『プリンセス トヨトミ』の鈴木雅之。
ホテルのエレベーターを降りた繭子、そこは戦国時代の本能寺。本能寺の変が起こる1日前だった。
 
 

感想

[ 感想1、2019-03-20 ]

綾瀬はるか主演のタイムスリップ・しっとりコメディです。勤めていた会社が突如、倒産。成り行きで結婚を決めた繭子。彼の実家がある京都へ。ホテルに到着、しかし部屋がない。間違えて来月を予約していたらしい。

途方にくれ京都の町をさまよう繭子、たどり着いたのは、その名も本能寺ホテル。年季の入ったビルディングにベテラン支配人が一人だけ。やっと部屋で落ち着ける、そう思った繭子でしたが、エレベーターを降りるとそこは・・・、ここはどこ?

大勢の侍、そして親方様と呼ばれ、恐れられるあの男は? 一度、二度、三度。現代と過去を行ったり来たり。やがて繭子はここが戦国時代の京都、本能寺の変の舞台、本能寺であることに気が付きます。
信長の志を知った繭子は、明智光秀の裏切りを告げるが、その時信長は・・・というのがストーリーです。

過去に行く方法がわからないところが面白い。加藤諒の配っていた人気のないチラシがポイントになろうとは。終わり方も好きです。

[ 感想2、2019-03-26 ]

主演、倉本繭子役は綾瀬はるか。学校を卒業したら就職、やがて結婚。流されて生きてきた自分。これじゃ駄目と思い始める元OLです。ちょっと天然。突然、周りを考えない行動力を発揮。素の演技? 適役でした。

信長役は堤真一。他のドラマや映画に出てくる信長に比べると、かなり真っ当な親方様。ちょっと迫力不足かなとも思いましたが、うまくまとめています。廊下が汚れているとか言ってほしかったなぁ。
(^^;
タイムスリップして戻ってきた繭子が突然現れ、吃驚するシーンは笑いました。

ムロツヨシ、濱田岳、加藤諒。しばらく区別がつかなかったのですが、最近できるようになりました。森蘭丸役は濱田岳。繭子に翻弄される一番の被害者。慌てる姿が笑えます。終盤〆てくれるし。ちなみに加藤諒も出演。冒頭、現代の京都でチラシを配ってます。だれも見向きもしないチラシ。まさかこのチラシが歴史を守ることになろうとは。

近藤正臣と風間杜夫。ベテラン俳優2人が映画のポイントポイントで映画に引き込んでくれます。近藤正臣は繭子の婚約者の父親役。足でピアノを弾いてから幾年月。いつの間にか演技派になっていました。風間杜夫は本能寺ホテルの支配人役。日々、宿泊客の対応に奔走。なんともない役に味を出しています。物語の締めくくりも。こういう終わり方が好き。

[ 感想3、2019-04-03 ]

<< ここからはネタばれ、映画を観てから読んでくださいね >>

現代に戻ってきた繭子、いても立ってもいられません。過去の世界では今夜が本能寺の変、「敵は本能寺にあり」決行の時。過去に戻った繭子は信長のもとへ。自分の正体を告げ、警告しようとする繭子を止め、信長は言います。

「そのほうは、遠い未来から来たのであろう。」

ずばり言い当てる信長、驚く繭子。でも今は一刻を争う時。光秀の謀反を話し、すぐに本能寺から逃げるように勧め、繭子は現代に戻ります。

「わたし、歴史を変えちゃった。」つぶやく繭子。

繭子は前に聞いた質問をもう一度支配人に尋ねます。どうして本能寺ホテルなんて、縁起の悪い名前にしたのですか? でも支配人の答えも前と同じ。

「えっ?歴史は変わってないの!?」

信長は繭子の持ち込んだチラシを見て、そこに移る人々の笑顔から、未来が平和になることを知り、そのまま歴史を受け入れることにしたというオチです。・・・なるほど面白い。戦国時代の人が写真を見たら、もっと驚くだろうなぁ。なんで平然としているかと思ったら、そういうオチに使う予定だったのね。

物語には続きがあり、その後もう一度、繭子は過去に戻り、信長の真意を知ります。繭子の婚約は解消、繭子は見つけた目標(歴史教師になる)に向かって歩きだします。信長がそうしたように、婚約者の父親がそうしたように。

過去と現代。京都の変わらぬ自然、平和な街並みが物語を彩ります。そうだ!京都へ行こう、新しい「志(こころざし)」が見つかるかもしれないぞ。そう思える映画でした。

おわり

薀蓄

ちなみに、映画中で使われた金平糖の「緑寿庵清水」は実在する京都老舗のお店で、繭子が金平糖を購入するシーンも、緑寿庵清水の実店舗でロケをしたそうです。
この、「ぶりぶりぎっちょう(振り振り毬杖)」は、古くから日本で遊ばれてきたボールゲームの名称です。ゲートボールのスティックのような形状の棒で、木製の玉を打ちあって遊び、平安時代~江戸初期にかけて流行したそうです。

本能寺の「能」の字は今では使われていない字になっている。本能寺のサイトの説明によれば、このことについて「度重なって焼き討ちに遭っているため。

 
 
 

 

資料

原題:本能寺ホテル
コピー:私が過ごした一日は、信長の最後の一日だった
監督:鈴木雅之
脚本:相沢友子
原作:-
制作:小川晋一、市川南、堀義貴
製作総指揮:-
音楽:佐藤直紀
主題歌:-
撮影:江原祥二
編集:田口拓也

倉本繭子 / 綾瀬はるか
織田信長 / 堤真一
森蘭丸 / 濱田岳
吉岡恭一 / 平山浩行
本能寺ホテル支配人 / 風間杜夫
明智光秀 / 高嶋政宏
吉岡征次郎 / 近藤正臣

配給:東宝
公開:2017年1月14日
上映時間:119分
製作国:日本
言語:日本語

興行収入:10.1億円

本能寺ホテル – YouTube
Pinterest


 
 

本編を観るには・・・

参考・引用

本能寺ホテル – Wikipedia
面白いけどやや残念!? 映画『本能寺ホテル』 – 日経トレンディネット
『本能寺ホテル』あらすじ(ネタバレ有)・キャスト【綾瀬はるか主演!公開直前にパクリ疑惑?】 | ciatr[シアター]
本能寺ホテル 感想・レビュー|映画の時間

更新履歴

3稿)2019年04月03日、シネマドローム、感想3追加
2稿)2019年03月26日、シネマドローム、感想2追加
初出)2019年03月20日、シネマドローム

あわせて読みたい

Translate »