冷血なのは誰か・・・。カポーティの感想です。

 

作品紹介

 
《 冷血 》を書き上げるまでのトルーマン・カポーティを描いた伝記ドラマ。
フィリップ・シーモア・ホフマンはアカデミー主演男優賞を受賞。
『ティファニーで朝食を』はトルーマン・カポーティが原作。
 
 

感想

いかにも賞を取りそうな苦(にが)い話。1959年11月15日、カンザス州の田舎町で起きた一家惨殺事件。記事を読んだカポーティは、詳細を本にしようと現地に赴く。やがて容疑者たちとも親しくなるカポーティ。犯人たちの死刑で物語を締めくくろうとする彼だが、事件当日の出来事は話そうとしない犯人たち、そして延期が繰り返られる死刑の執行。彼は次第に苛立ち始める。

個性的なしゃべり方、考え方、そして攻撃的なジョーク。日本だったら物まね芸人たちの餌食になりそうです。丁寧な話運び、美術、衣装。その時代や背景を知っている人には音が無くても楽しめそう。荒涼としたカンザス、横一列に続く枯れ木が印象的です。

なぜ、テファニーで朝食をが発禁?なぜ、殺人犯たちの死刑執行が延び延びになる?と、わからないことが多いまま、犯人が犯行当日を語るクライマックスへ。場内が一瞬真っ暗になったあとに響く銃声が効果的。

待合室から倉庫のような執行場所へ。13階段を順に昇り、牧師の声が一言。床が抜け、苦しみに痙攣する犯人。その揺れが止まるまでを淡々と見せる残酷。呆然、我を無くし、それを見つめるカポーティ。

《 冷血 》はそのタイトル通り、犯人を徹底的に冷血に描いているらしいが、この場面はどのように書かれているのだろうか…。
 
 

薀蓄

ニューヨークの富裕層との酒場での軽妙なジョークなど、シーンのいくつかは主演フィリップ・シーモア・ホフマンのアドリブである。死刑囚との最後の面会で主演が感極まり涙を流すシーンは予定外のことであった。
撮影のほとんどは1950年代から60年代のカンザスとニューヨークの両者の雰囲気を兼ね備えるカナダ・マニトバ州のウィニペグで、晩秋に行われた。数百人に及ぶエキストラの多くがウィニペグ近郊の人たちである。
金原瑞人「ハーパー・リーとカポーティ」によれば、『冷血』が出版された時に、リーはあれだけ協力したのに、感謝の言葉がひと言もないのに愕然としたという。
2006年秋、豪華キャストを迎えたもう一つのカポーティ映画 『Infamous』 が公開となった。こちらも題材は同じであるが、原作は異なる。出演はカポーティ役がトビー・ジョーンズ、ハーパー・リー役がサンドラ・ブロック、その他ダニエル・クレイグ、グウィネス・パルトロー、シガニー・ウィーバー、ジェフ・ダニエルズ、ホープ・デイヴィス。監督・脚本はダグラス・マクグラス。

 
トルーマン・カポーティは1957年、日本で映画を撮影していたマーロン・ブランドと会見するため来日。三島由紀夫と会っている。
フィリップ・S・ホフマンは1967年生まれ。・・・39歳にはとても見えない。
 (^^;
カポーティはこの作品(冷血)の後、作品を書いていない。
フィリップ・シーモア・ホフマンはツイスターに出演している。
 

資料

原題:Capote
コピー:何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む。
監督:ベネット・ミラー
脚本:ダン・ファターマン
原作:ジェラルド・クラーク
制作:キャロライン・バロン、マイケル・オホーヴェン、ウィリアム・ヴィンス
製作総指揮:
音楽:マイケル・ダナ
主題歌:-
撮影:アダム・キンメル
編集:クリストファー・テレフセン

トルーマン・カポーティ(小説家)/ フィリップ・シーモア・ホフマン
ペリー・スミス(殺人犯)/ クリフトン・コリンズ・Jr
ネル・ハーパー・リー(幼馴染)/ キャサリン・キーナー

配給:ソニー・ピクチャーズ
公開:2006年9月30日
上映時間:114分
製作国:アメリカ合衆国、カナダ
言語:英語

制作費:$7,000,000

Capote (2005) – YouTube

本編を観るには・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1000円(税込、送料無料) (2018/2/20時点)

( 楽天市場 )


カポーティ
( オムニセブン )

カポーティ【DVD】
( Yahoo! )


参考

カポーティ – Wikipedia
超映画批評『カポーティ』70点(100点満点中)
『カポーティ』 – 小室みつ子 趣味Blog ‐映画とか映画とか戯言とか ー

更新履歴

3稿)2018年02月20日、シネマドローム
2稿)2015年08月24日、シネマドローム
初出)2010年03月10日、シネマパレード~隼