3D映画ブームの火付け役、アバターの感想です。

 

作品紹介

「タイタニック」から12年、ジェームズ・キャメロン監督が創り上げた新しい“生命”
構想14年、製作に4年以上の歳月を費やして完成させた3D映画は、映画館に観客を呼び戻した。
惑星ポリフェマス最大の衛星パンドラ。希少鉱物アンオブタニウムをめぐり、RDA社(資源開発公社)と先住民族ナヴィが対立する。RDA社は人造生命体アバターで、ナヴィとの接触を図るが・・・。
 

 


 

感想

やっとアバターを観ることができました。
(^O^)/ 

時間帯がよかったので、席は中央の後方。3D映画を観るのに一番適していると言われてる位置です。

タイタニックを軽く抜き、興行成績歴代第一位になったこの映画。エンターテイメント系のみならず、一般ニュースでも何度となく取り上げられています。その度にチャンネルを変え、なるべく情報を入れないようにしていた私。観ると決めた映画は一切の情報を遮断。なぜなら、映画はその内容を知らずに見た方が面白いからです。

あぁやっとこの呪縛からも解放されたんだ。

キャメロン監督がSF巨編を製作中、3Dで撮影してると知ったのは、ずいぶんと前のニュース。その時はヒットするとさえ思いませんでした。なにしろあのキャラクター。全身痘痕(あばた)だらけみたいな爬虫類系。スチール写真を見る限り、親しみ易いとは言い難い。

それにアバターというテーマ。ブログとかに出てくる自分の分身。未開の星を探検するみたいだから、最後に本体の方が狙われて、危機一髪。なんとか助かって、アバターとはお別れ、現実世界に戻るんだなぁ。テクノロジーでは心は満たされないというオチ。そう想像していたからです。

ところが・・・。まさかここまでヒットするとは。観たふたりに聞くと、ふたりとも、なんならもう一度観てもいいとのこと。そんなに面白いのか!! 実際に観た私の感想は。

まず面白かったところを2つ程。ネタバレにはならないと思うので、このまま紹介すると・・・。

ひとつ目はやはり3Dの世界。地味ですが、森の中を分け入ってくシーン。草むらから虫が飛び去っていく臨場感に息を飲みました。音響技術に映像技術が追い付いたという感じです。

ただ、何人かから聞いた崖から下を覗き込むシーン。凄いという話でしたが、私にはわかりませんでした。普段かけてる眼鏡の上に3D眼鏡をかけるけるけど、そのせいかな。

もうひとつは主人公が初めて自分のアバターとリンクするシーン。主人公は興奮のあまり、外に飛び出します。事故で車椅子状態の彼。足で走れる喜びを噛み締めます。

アバターにはそういう補完効果もあるんだった。自分に無いものを得られる。私がアバターを作るときも、ゴアゴア天然パーマとはお別れ、サラサラストレートヘアにしちゃうものなぁ。なるほど、なるほど。
(^^;

しかしその他の感想はというと・・・。残念ながら余り面白くありませんでした。有頂天ホテルを観た時に近い感想。流行ったのは普段映画を観てない人の多くが、たまに映画を見て驚いた。特にアバターの場合は映画のスケールの大きさ、3Dテクノロジーの進化に驚いただけなんじゃないかと。

マトリックスを観た時はパロディになりそうな印象的なシーンが満載、凄い映画を観たと思いました。でも今回はそういったシーンもありませんでした。あれ程注意して情報を遮断してたのに、すでにどこかで観た映画、知ってるなこれと感じたのはなぜでしょう?

見知らぬ場所に行って勝ち気な娘に会う。その境遇を知るうちに、次第に惹かれるようになり、やがて共に戦うようになる。まだ映画が西部劇や時代劇を撮っていた頃の常道。

自然保護や宇宙生命が絡んでくると、もののけ姫を思い出し、未開の地で敵の渦中に単身暮らすとなるとサストサムライ。装置につながり、別世界をさ迷うのはマトリックス。村の行事(祭?)ではモスラを思い出しました。

どんな映画でも何かしらに似ているもの。でもいい映画は他とは圧倒的に違う、明確な個性を持っていると思うのですが。それが3Dであるというのであれば寂しい限りです。

映画を面白く見るための、もうひとつの手段。それは期待し過ぎないこと。でも今回はニュースや興行成績だけでなく、身近な口コミでも評判だったので、ついつい期待してしまいました。仕方ないか。やっぱり自分が面白いと思う映画は、自分で観て探すしか無いんだなぁ。そう改めて思いました。

薀蓄

フュージョン・カメラ・システム・・・キャメロンが3Dで撮影するため、自分で開発したカメラシステム。1台のカメラ本体に2台のハイ・ディフィニション・カメラを使用することで、従来の3Dにはなかった、“奥行き感”のある3D映像を表現することに成功している。
本作の公開初週末にはアメリカ東海岸を大吹雪が襲い、映画館への客足が懸念されていたにもかかわらず、北米のみで約7700万ドルを稼ぐ好スタートを切った。その後も安定して高い成績を維持し、公開から39日目で同監督による前作『タイタニック』が持っていた世界興行収入記録を更新した。
日本では公開5日間で約13億円を稼いだ。
中国では「アバター」のヒットにより、中国の国産映画が不発に終わることを懸念し、宣伝禁止、上映中止にもなった。
プロ評論家によるアメリカの映画レビューサイトのRotten Tomatoesでの支持率は82%だった。映画評論家のロジャー・イーバートは、満点となる4つ星を与え、「1977年に『スター・ウォーズ』を見たときと同じような感覚」、「『スター・ウォーズ』や『ロード・オブ・ザ・リング』のように新世代の特殊効果を採用している」と評した。
スティーヴン・スピルバーグは「『スター・ウォーズ』以来の刺激的で驚くべきSF映画」と絶賛し、クエンティン・タランティーノは本作を2009年のベスト1位とした。また、押井守はCGスタッフと共に鑑賞し、「10年かけても追いつけない。笑えるほど完敗でした」と述べた。
Blu-ray版とDVD版が北米では2010年4月22日、日本では同23日に発売された。公開を続けている映画館がある中での発売は極めて異例。キャメロン監督によれば、「アースデイに合わせて発売し、環境問題への思いを訴えたかった」と語っている。

 


 

資料

原題:Avatar
コピー:観るのではない。そこにいるのだ。
監督:ジェームズ・キャメロン
脚本:ジェームズ・キャメロン
原作:ー
制作:ジェームズ・キャメロン、ジョン・ランドー
製作総指揮:コリン・ウィルソン、レータ・カログリディス
音楽:ジェームズ・ホーナー
主題歌:ー
撮影:マウロ・フィオーレ
編集:ジェームズ・キャメロン、ジョン・ルフーア、スティーヴン・E・リフキン

ジェイク・サリー / サム・ワーシントン(東地宏樹)
グレイス・オーガスティン博士 / シガニー・ウィーバー(弥永和子)
マイルズ・クオリッチ / スティーヴン・ラング(菅生隆之)
トゥルーディ・チャコン / ミシェル・ロドリゲス(杉本ゆう)
パーカー・セルフリッジ / ジョヴァンニ・リビシ(難波圭一)
ノーム・スペルマン / ジョエル・デヴィッド・ムーア(清水明彦)
マックス・パテル博士 / ディリープ・ラオ(村治学)
ネイティリ / ゾーイ・サルダナ(小松由佳)
モアト / CCH・パウンダー(滝沢ロコ)
ツーテイ / ラズ・アロンソ(竹田雅則)

配給:20世紀フォックス
公開:2009年12月23日
上映時間:162分(公開版)
製作国:アメリカ合衆国、イギリス
言語:英語

制作費:$237,000,000
鑑賞 / TOHOシネマズ六本木
 
映画「アバター」予告編
  
 


 

 

本編を観るには・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アバター 3D ブルーレイ&DVDセット【Blu-ray】 [ サム・ワーシントン ]
価格:1522円(税込、送料無料) (2017/6/20時点)

( 楽天市場 )


( オムニセブン )

 

参考

アバター (映画) – Wikipedia

更新履歴

3稿)2017年06月20日、シネマドローム
2稿)2016年01月07日、シネマドローム
初出)2010年01月18日、東京つまみ食い