★ 喜助 丸の内パークビル店 ~ 特切り厚焼き

2014年08月 ミニレポ 日本料理 東京駅・丸の内エリア

丸の内をブラブラ。やっぱりお盆は空いている。ブリックスクエアでまだ行ってないのは・・・。ということで、”きーくん ヒヨコじゃないっぴ ♪” 味の牛たん 喜助に行きました。
ねぎしとどっちがうまいかな。 結果、メインの牛タン(特切り厚焼き)は喜助の勝ち。でも他はねぎしの勝ちでした。
(/。\)
特に煮タンが残念。ねぎし有楽町限定だったのがなくなって、久々だったのになぁ。


 

案内

「仙台名物牛たん」を全国に広めた、味の牛たん喜助。
味の牛たん喜助は、1975年(昭和50)年1月1日創業、2015年に創業40周年を迎えた、牛たん料理専門店です。仙台で誕生した「炭火焼牛たん」を仙台名物に育て上げ、今では全国で知られるようになるまで広げたのが、喜助です。現在は、仙台市内に7店舗、東京に4店舗、神奈川に2店、大阪に1店舗、名古屋に1店舗の飲食専門店があります。また、お土産専門店は仙台市内に3か所、本社工場も仙台市のおとなりの富谷市にあり、 生産・加工から販売まで一貫して自社で行っております。
本物の味わいにこだわり続ける、味の牛たん喜助
喜助では、仕入れのプロが厳選した牛たんを、本社工場で全て加工しております。工場では、まず、熟練した剥きのスタッフが1本ずつ丁寧に皮をとりのぞきながら異物がないかチェックをし、次に味付けのスタッフが スライスした牛たん一枚ずつに真心こめて手ぶりで味付けしております。さらにうま味を引き出すため、数日間じっくりと熟成させます。喜助では、素材の良さを生かし、食べやすい厚さ、手ぶりでの味付けにこだわり、 余計な加工は一切しておりません。

手間を惜しまずに、昔ながらの製法にこだわることで、牛たんそのもののうま味が存分に引き出され、 サクッとしてジューシーな味わいを堪能できるのが、喜助の牛たんの特徴です。このようにしてうま味を引き出した牛たんを、熟練した職人が一気に焼き上げたのが、喜助の「牛たん焼き」なのです。

地図

 


  

リンク集

[食べログ]味の牛たん 喜助 丸の内パークビル店
[ホットペッパーグルメ]味の牛たん喜助 丸の内パークビル店
[ぐるなび]味の牛たん 喜助 丸の内パークビル店(丸の内/牛タン) – ぐるなび
[公式]味の牛たん喜助
[一般]観劇前に夕食☆味の牛たん 喜助 丸の内パークビル店 | ☆幸せ探しの旅に出よう☆inアメブロ
[一般]《食べログ》東京駅で牛タンの喜助へ? | 都内23区勤務のアラサーOL?食べ歩き・ファッション・日々の記録
[一般]味の牛タン喜助?in 二重橋☆ | ??Happy Day's??
 


この記事は 2014年08月25日に B級ぐるめルジストル にアップしたものです。

お取り寄せ


No. 2014082501