★100年に1度の大不況クリスマス

2009年12月 レポート 外国料理

グランド・セントラル・オイスター・ バー&レストラン 丸の内店、2009年のレポートです。
 

 

案内

  
NYで90年の歴史を誇るオイスターバーの国内2号店、東京・丸の内にオープン
タイルを多用した“古き良きアメリカの雰囲気”
  

地図

 

*すでに閉店

  

感想

 
12月はイベントの多い月。Kさんは射手座、私は山羊座、ともに師走の生まれ。ボーナスが出て、クリスマスがあって、すぐに大晦日。週末はすべて予定で埋まってしまいます。

いつもはグルメ三昧の月ですが、今年は100年に1度の大不況、2年め。お祝は3つまとめて行うことにしました。

《 誕生日おめでとう、ありがとう、メリークリスマス 》

(^O^)/(^O^)/(^O^)/

そして、宴(うたげ)の場所に選んだのはここ。グランド・セントラル・オイスター バー&レストラン 丸の内店です。

もちろん、ぐるなびのクーポン券をケータイにダウンロード、20%オフになる日曜日を予約しました。

Kさんは1/6北欧の血をひく、瞳の印象的なお嬢さん。私は両親がともに東北生まれの国産品。グルメは洋食と和食が交互になるよう心掛けています。でも最近、和風の軽食が続いていたかなぁ。

案内されたのは壁側のカップル席。メニューに日付が入っているところに牡蠣の新鮮さを感じます。注文したのはこんなところ。


~ オイスター プラッター10ピース ~

 

~ オイスター アンチョビバター ~

 

~ A-Z 2007 シャルドネ ~

ほかにクラムチャウダー、ムール貝などなど。

一番美味しかったのは、やっぱり生牡蠣。プラッターには名産地の牡蠣が2つづつ。北海道、広島、ワシントン、タスマニア、アイルランド。粒の大きさも、味も驚くほど違います。スープ(海)が違うと味が変わるは当然のことか。7つの海の牡蠣を味わってみたいものです。

生牡蠣は8個に1個の割合でアタル可能性があるらしい。中に何かいるのか。あまり多く(8個以上)は食べないほうがいいそうです。
という事もあって注文したアンチョビバター。これも美味しい。Kさんはこれが一番うまいとの事。本場を思い出す味だとか。

シャルドネも美味しかった~。フルーティな白のお勧めを聞いたら、甘いのがいいか爽やかなのがいいかと聞いてくるボーイさん。迷っているとコテコテの大阪弁、《青林檎ような》というA-Zを薦めてくれました。例えにいつわりなし。あっという間にボトルを空けてしまいました。

さて、気になるお会計は…。

15000円強。これは割引前の金額? それとも後? ・・・前でした。
(^_^)

結局12000円ちょっと。3000円の値引き、有り難いです。上手く使えばケータイで節約できるんだなぁ。

プレゼントもお気に入り。Kさんの笑顔もたくさん。あれこれ停滞気味の2009年だったけど、

《 終わり良ければすべて良し 》

ということにしておくか。


~ プレゼントの中身は? ~

 

この記事は に 東京つまみ食い にアップしたものです。


No. 2009122701