★ 松屋 新宿西口店 ~ プレミアム牛丼

2014年09月 ミニレポ 新宿西口・南口エリア 軽食喫茶

牛丼の値上げがニュースになる時代。松屋のプレミアム牛丼を食べてみました。景気回復かなぁ。
肉質は確かに向上。少し柔らかい。でもプレミアムと呼ぶのはちょっと。焙煎七味は味がわかりませんでした。
そろそろ打ち合わせの時間。さて話の順番はどうするか・・・。


 

案内

創業者の瓦葺利夫が、1966年(昭和41年)に東京都練馬区羽沢の住宅街に「中華飯店 松屋」を開業したのが、始まりである。なお、この店は1969年(昭和44年)に閉店した。
この店がなかなか軌道に乗らなかったこと、商店街で商売を試してみたかったこと、専門誌で紹介されていた「何時屋」の「ぶっかけ」という牛めしに衝撃を受けたこと、そしてすでに牛丼チェーン販売をしていた吉野家の味に感銘を受けたことなどにより、瓦葺が牛丼の研究を重ねて独自の味を完成させ、1968年(昭和43年)6月に江古田に牛めし・焼肉定食店としての「松屋」を開店させた。これは2011年(平成23年)現在の江古田店であり、これが1号店として数えられる。
同業の他社チェーンと比較し、牛めし以外のカレーライスや定食などの比率が高いのが特徴である。これは1号店の江古田店近辺は学校が多いことから昼間は学生で賑わい、ベッドタウンでもあることから夜は独身サラリーマンが戻ってくるという当時の土地柄を考慮し、学生層向けの牛めしだけではなく独身サラリーマン層向けには定食とカレーが必要と考え、「牛めし」「定食」「カレー」の三本柱でメニューを構成することになり、その後の展開においてもこの方針を維持している。
ロゴマークは当初、社員の家族が考えた丼を持っている牛(通称:牛ちゃん)だった。会社が大きくなってきたのでデザイナーに依頼し、盆に乗せられた丼と味噌汁椀をモチーフとしたものになった。これは、丼・カレーに味噌汁が付く松屋の特色を表したものである。

 

地図


 

リンク集

[公式]松屋フーズ|牛めし(牛丼)、カレー、定食、その他丼物でおなじみの松屋をはじめ、とんかつ業態、鮨業態、ラーメン業態、カフェ業態を運営
 


この記事は 2014年09月13日 に B級ぐるめルジストル にアップしたものです


 

お取り寄せ


No. 2014091301