★ エノテカ 丸の内ラウンジ ~ シャンパーニュ・アワー(ルイ・ロデレール ブリュット・プルミエ)

2020年01月 レポート 居酒屋他 東京駅・丸の内エリア

煌蘭で夕食を済ませたので、そのままエノテカへ。丸ノ内店に初めて入りました。


 

案内

丸の内仲通りラグジュアリブランドが立ち並ぶ一角にあるワインショップ。デイリーワインから稀少ワインまで、約1000種のワインを取り揃えています。オールドヴィンテージワインも豊富にご用意、生まれ年や記念のヴィンテージをお探しのお客様、ぜひ一度ご相談ください。
また、ワインバーではリーデル社のパートナーショップとして、ワイングラスを常時30種類以上取り揃えており、ワインに合ったオススメのグラスでお楽しみいただけます。

地図

 

感想

 
今回は余裕で営業時間内、でもお客は2、3組程度。店内は広くはなく、席も少なめ。豪華と言うより、モダンという感じ。でも席はゆったり。テーブルとテーブルの間に、丸の内では珍しい十分な幅があります。周りを気にせず話せるのが嬉しいです。

シャンパーニュ・アワーというのをやっているらしい。それじゃ、それを。
 


~ シャンパーニュ・アワー ~

 

 

  
静かでいいなぁ。
 
すぐに終わっちゃったので、グラスワインを何杯か頼みました。こんなところです。
 


~ メニュー(お手頃価格編)~

 

 


~ ムルソー ティレ ~

 

  
まずいなぁ・・・、美味しくて他の店でワインが飲めなくなる。
(^o^)
  
むかし、国分寺の李白という店に通ってました。店主自らがボルボで酒蔵に出向き仕入れた、選りすぐりの日本酒が飲める店。どれも美味しかったことを覚えています。
そのおじさんが言っていたのが、酒は値段の高い酒から頼め。なぜなら、だんだん酔って、味がわからなくなるから。なるほど。

今回、久しぶりに実践しましたが、確かに、この方が満遍なく楽しめるかも。でも、価格差の程度にもよるかも。本当に美味しいお酒は、ある程度酔ってから飲んだ方が、むしろ味が引き立つ気がします。

あぁ、それにしても、もう週末グルメも終わりかも。残念。
でももしかしたら逆に、このブログの本来の目的が果たせるようになるかも知れません。それは手料理。タイトルに料理を冠しているのはそのためです。そうなったら幸せなんだけどなぁ。
 
 
【お会計】8,250円
 
 

リンク集

[食べログ] ワインショップ・エノテカ 丸の内店
[ホットペッパー]
[ぐるなび]
[公式] 丸の内店 | ワインショップENOTECA(エノテカ)
[一般] [THE WINE DAYS] エノテカ 丸の内店 | 私ここち
[一般] 丸の内 Lounge(丸の内)の「シャトー・クレール・ミロン」「生ハム&サラミ盛り合わせ」「パソ・ダス・ブルーシャル」 – 千代田グルメ遺産
  

お取り寄せ


No. 2020012531