★ 成喜(1)~ 五目焼きそば

チネチッタの近く、中華の店 成喜(なるき)でランチ。噂通りの人気店、席に座るまで20分かかりました。

案内

成喜のあゆみ
中華成喜は川崎で初めて餃子を出した中華料理屋です。
創業は昭和12年。初めは和食専門の日本料理屋でした。当時、メニューの中に試験的に餃子を加えたところ、これが爆発的な大ヒット。その後、中華専門店となり、今日まで皆さまに愛されるお店となりました。
現在でも当時とまったく変わらない味と人気の成喜餃子を食べて歴史を感じてみませんか?永く愛されている理由は飽きのこない味にあります一度食べたら、もう一度食べたくなる、そんなどこか懐かしいおいしさです。
川崎の歴史と共に
成喜の餃子が登場した当時から比べると川崎の町並みも大きく変化してきました。開発途上だった川崎駅前も、大きなビルが立ち並ぶ大都市へと変貌。成喜の味だけは変化することなく川崎駅前の歴史を見届けてきました。現在もチネチッタ川崎で映画を見たお客さまなどに多く愛されています。

 

地図

感想

飾り気のない街中華。お客は年配の方が多いです。無口な常連さんという雰囲気。店員さんも同様、年配の方が多いです。言葉も所作も丁寧な中、ざっくばらんなところもあり、昭和の御世を思い出します。昭和97年(西暦2022年)というところか。

並んでる人が多いので、案内の順番には気を使っているもよう。空き席数の関係で順番が入れ替わる時など、後になった人に、もう片付け中だから、すぐに座れると説明してました。クレームをいう人が多いのかな・・・。

注文したのはこれ、五目焼きそばです。

 
麺はちょっと太め、味は薄口です。特徴は具、その大きさ。チャーシューとか、かぶり付いて、その厚さに慌てました。

豚肉、キクラゲ、白菜、エビ。どの具も自分を主張してます。焼きそばの具の豚肉ではなく、豚肉が焼きそばの具になってます。調理野菜の袋に他の野菜に混ざられた白菜と、白菜丸ごと一個から一枚取った白菜の違いです。わかるかなぁ~、わかんないだろうなぁ。
(^_^;)

・・・と言うわけで。美味しい、腹持ちがいい、比較的安い。条件が揃いました。
めでたく「全メニュー食べたい店」に認定です。
まだ川崎に来る日がありそうだから、時間を作ってまた来ようっと。
 

関連記事

川崎グルメ レポート一覧

川崎グルメ – 電脳タイル

 

リンク集

[食べログ] 中華成喜 (ナルキ)
[ホットペッパー] 中華成喜
[ぐるなび] 中華 成喜(地図/写真/川崎/中華料理) – ぐるなび
[公式] 中華 川崎 宴会 中華成喜
[一般] 【中華成喜 (ナルキ)@川崎】  | 知らない街を食べ歩きたい!
[一般] 路地裏の老舗@川崎『成喜(なるき)』 | 悪あがき女製作所
 

お取り寄せ

Translate »