★ 麺屋武一 アトレ川崎 ~ 濃厚味噌鶏そば+肉汁鶏餃子

2020年10月 レポート 京浜東北線沿線 南武線沿線 軽食喫茶

濃厚スープが癖になる。未だコロナ禍が落ち着かない中、麺屋武一で鶏そばを食べました。

 

 

案内

麺屋武一は、「焼鳥屋職人」と「ラーメン職人」がコラボして誕生した、濃厚鶏白湯ラーメン専門店です。
新鮮な鶏をドロドロになるまで炊いた濃厚鶏白湯スープ、さざみユッケ丼や一品料理に至るまで、とことん鶏にこだわったメニューをご提供します。
創業元禄16年 原了郭の黒七味・粉山椒
原了郭の創業は元禄16年。以降、一子相伝により受け継がれた秘伝の製法で、すべての工程に手間ひまを惜しむことなく製造し続けてきました。同社の黒七味、粉山椒は、高級な焼き鳥店でよく使われますが、「鶏そば」にも大変よく使うので、用意しました。少量で味が大きくかわるので、最後に「少し」入れ、お楽しみください。
鶏肉(もも・むね・油淋鶏風)
鶏チャーシューは、もも肉、むね肉の2種類を用意しました。むね・もとも、洋食の技術である真空低温料理を施し、パサパサせず、ジューシーな食感を楽しめます。まれに赤い部分がありますが、十分に火が通ってますので、安心してお召し上がりください。

 

地図

 

感想

 
川崎で打合せ。遅くなったので、夕食は外食で済ませることに。最近は残業も少なく、8時過ぎには帰宅。それからインスタントの夕食を作ったり、コンビニ弁当で済ませたり。ろくなものを食べてません。食事はひとりで、そうなると自然と手抜き。料理に意欲がわきません。お金も節約しないといけないし。

アトレの中をぶらぶら。平日の昼間程度には人がいます。コロナとの戦いは持久戦、go to eatって、どうやるんだっけ?
密になってない麺屋武一へ。まぁ、密になっている店はありませんが。
 
入り口左側の細そ長エリア。奥でサラリーマン二人の飲み会。手前は男性がひとりで食事。両端が埋まってます。真ん中の二人用のテーブル席へ。

ここは鶏そばの店らしい。それであれば、鶏そばを。スープが濃厚、それであれば味噌を。やっぱり餃子は付けないと。なんか楽しくなってきた。
(^_^)

できたのがこれです。
 

 
スープは確かに濃厚、べっとりとした感じです。麺は逆にさっぱり。ラーメンではなく、そばと呼ぶのには何かこだわりがあるのでしょうか? ちょっと素麺っぽい歯応え、公式サイトには特に記載はありませんでした。鶏チャーシューもさっぱり、麺と合わせて、スープの濃厚さを強調してます。なるほど。
 
さて、もうラッシュアワーも一段落した時間。コンビニでビールでも買って帰るか・・・。いやいや止めておこう、ブログの手直しが出来なくなるし、何より明日の朝が辛くなる。

それにしても、コロナの飲食業界へのダメージは計り知れないもののよう。コロナ禍はまだまだ長引きそうだし、どれだけの店が生き残れるのでしょうか。もう飲み会とか一生できなくなるのかな。またひとつ楽しみなことが減ってしまった感じです。まぁ、コロナ前から混んでいる店は避けていた私。悪いことばかりではないのですが。
  

リンク集

[食べログ] 麺屋 武一 アトレ川崎店
[ホットペッパー]
[ぐるなび] 麺屋 武一 アトレ川崎店(地図/写真/川崎/ラーメン) – ぐるなび
[公式] 濃厚鶏そば 麺屋武一 | 店舗情報
[一般] 麺屋武一 アトレ川崎店/焼鳥職人とラーメン職人がコラボして誕生した濃厚鶏白湯ラーメン専門店でおひとりさまランチ!!! – adagio
[一般] 川崎駅前本町『麺屋 武一』新規 | うしうし会川崎組『飲んで食べて生きてくぞぉ~』
 

お取り寄せ


No. 2020101901