★ 金子半之助 ~ 野菜上天丼

今回もラゾーナ川崎。フードコートのお店、金子半之助です。
パンダエクスプレスのすぐ近くでした。

案内

江戸前の天丼と天ぷらを気軽に
金子半之助は浅草生まれの実在の人物で、「日本の文化は食にあり」と、誰よりも和食を愛し続けけた和食界の重鎮です。金子半之助は戦前に庶民が愛した江戸前の天丼を後世に残すため、多くの若い世代の職人へ、その技術を教え続けてきたといいます。その想いを孫にあたる金子真也が引き継ぎ、創業したのが「日本橋 天丼 金子半之助」です。
秘伝 江戸前の丼たれ
金子半之助の孫にあたる金子真也が受け継いだ閻魔帳(レシピ帳)には、門外不出の『秘伝の江戸前の丼たれ』の作り方が書かれていました。控え目な甘さでさっぱりとした丼たれは、高温の胡麻油で揚げた天ぷらと、白飯に絶妙なバランスで絡み合い、最後の一口まで飽きの来ない天丼に仕上げます。
こだわりの食材に加えて
創業にあたり、秘伝の丼たれに合う天丼のタネ(食材)は何なのか試行錯誤の末にたどり着いたのが、市場(現在は豊洲)で毎朝仕入れる新鮮な穴子、海老、烏賊、半熟玉子に野菜などを合わせた、見た目も豪快で粋な江戸前天丼です。この天丼を最後まで美味しく食べていただけるよう、使用する丼鉢は保温効果を持つ底に空洞を施した有田焼の特注品を使用しています。

 

地図

感想

再び、ラゾーナ川崎へ。今回は迷わず来れましたが、混んでるなぁ。席はあるだろうか・・・。
お店の名前は金子半之助。日本橋に本店を構える天丼屋さんです。

こちらは嘴平伊之助

 
注文は天丼のみ。具の違う3種類(野菜、海鮮、江戸前)から選びます。野菜上天丼を注文しました。

呼び出しブザーを片手に供用エリアへ。おぅ、タイミングよく四人席が空いた。S川さん、こっちが空きましたよ。ちょっと待って、出てきたのがこれです。

 
全部食べられるかなぁ・・・。結構大盛りです。

まず、茄子からパクリ。さらっとしているというのが第一印象。良い油をつかっているという感じ。
(S川さん曰く、ごま油であげているのでは・・とのこと)

ご飯が硬めなのも食欲をそそります。

海老、イカ、舞茸、しし唐、・・・。どの種も美味しいです。中に半熟玉子を発見。半熟というより、1/4熟玉子。軽くつつくと割れて、ご飯にからまりました。
海苔も天ぷらになっていて新鮮です。これはイカと思ったのがキノコだったのには驚き。これは何だろう、ずいぶん身のあるキノコだなぁ。

1,000円越えですが、たまにはいいかも。元気が出ました。


~上天丼3種~

 
おわり

関連記事

川崎グルメ レポート一覧

川崎グルメ – 電脳タイル

リンク集

[食べログ] 日本橋 天丼 金子半之助 川崎ラゾーナ店
[ホットペッパー]
[ぐるなび] 日本橋天丼 金子半之助 ラゾーナ川崎プラザ店(地図/写真/川崎/天ぷら) – ぐるなび
[公式] 日本橋 天丼 金子半之助 ラゾーナ川崎店
[一般] 天丼ランチ@川崎 金子半之助 | 美味しい!嬉しい!
[一般] 【川崎】金子半之助 川崎ラゾーナ店 フードコートでいただく、人気の江戸前天丼(穴子)! | ハイボールはチェイサーです。
 

お取り寄せ

Translate »