★ 佐賀牛 季楽 銀座 ~ クリスマスの限定コース

2011年12月 レポート 外国料理 銀座エリア

2011年のクリスマス。佐賀牛 季楽 銀座のレポートです。

最高級佐賀牛
 

 

案内

佐賀牛をはじめ新鮮な魚介類、旬の野菜など、佐賀の味覚を堪能。
テーブル席と鉄板カウンター席で、提供されるメニューが異なる。
 

地図

 


  

感想

 
あけまして、おめでとうございま~す。(^。^)/今年もよろしく。

去年に引き続いて、年末年始はゆっくりと体を休めました。おかげで更新が滞ってしまいました。貯まっているネタは徐々にアップしていきます。まずは去年のクリスマスの話から・・・長文です。

 
12月はイベント月。まずKさんの誕生日があって、ボーナスが出て、クリスマスがあって、私の誕生日があって…。
今年は時間が思うように取れなくて、全部まとめてのお祝い。ちゃんとした店を予約、贅沢をする計画です。しかし…。

突然の出張で日程が確定できず。クリスマス前日になって、初めて店の予約を開始。

《 明日なのですが空いてますかぁ? 》

食べログで見つけた店に、次々と電話。5件め、無理だと思っていた季楽(きら)ですがテーブル席が取れました。やった、やった。
(^^)

 


 
 
私も神戸牛が食べたい!《 みその 》 の話をしてから、時々訴える目のKさん。食べログを銀座とステーキで絞り込み、点の高かった 季楽(きら)。なんと食べログのトップ500に入っているらしい。どんな料理かな、こちらは佐賀牛ですが、美味しさの違いはわかるのかな。
場所は三笠會館の向かい、ロイヤルクリスタル(というところ)の5階です。

 


  
 
とても綺麗なエレベータ。店に入ると和服のお姉さんが、2~3人でお出迎え。鞄を台に置くとコートを脱ぐのを手伝ってくれます。大きくパーティショニングされた奥のテーブルへ。席に着くなり同時に声が上がります。

いいねぇ~、特別な感じ。なんか旅館にでも泊まってるみたい。

お店の人は仲居さんと呼ぶことにしよう。
 
 


 
 
今日はクリスマスの限定コースのみの扱い。メニューはこんな感じです。

 


~ メニュー ~

 

仲居さんから簡単な説明。苦手な食材を尋ねられたので、長ネギと玉ネギと答えました。
ワインのメニューをもらいます。佐賀牛なので赤ワインをボトルで頼むつもりでしたが、はじめにに伊勢海老とかあるのか~。白も飲みたいね。でもボトル2本も空けられるなぁ

 


~ いい値段。もうページがめくれない(^^; ~

結局、グラスワインを何種類か飲むことにしました。
 
 
すぐに白ワイン登場。一口飲んで、ふたりとももう、満面の笑み。・・・せえの、美味し~い!!
透明感があり、そしてフルーティ。

高級な液体。浸透圧が高いのか、口いっぱいに味が広がります。わ~い、すでに正解。もう当確が出ました。v(^^)

料理も出てきました。

 

ここは和食なのか洋食なのか。とても綺麗。味も負けていません。

私は手前の海老を擦って、胡瓜を巻いたのが一番。海老なのに前菜らしく、控え目なところが憎い。Kさんは真ん中の牛刺し(?)にソースが素敵と言ってます。もちろん、これも美味しいです。
  
次はこれ、お造り。伊勢海老のプリプリに感動します。粋がいいんだなぁ。

 

一番美味しいところだけが出てきている感じ。烏賊も歯応えに高級感が。玄界灘の荒海に揉まれたゆえの力強さを連想させられます。普段はイカが食べれないKさんもこれはOK。山葵が普通なのだけが残念です。

次はあわび。
 

大きな皿に驚きます。ちょっとわかりづらいですが、蒸した鮑が紅芋のソースの上に載っています。ソースというより、練ったような感じ。紅芋の甘さが鮑のコリコリにあってます。もっと食べたい。あれ、もうワインがないや。
 

次はいよいよ佐賀牛。仲居さんに赤ワインのお勧めを聞くと、ソムリエが呼ばれました。ワインは相変わらずわからないので、Kさんにお任せ。選ばれたのがこれです。

 


 

飲んでみると。こ、こ、これは・・・。口の中で膨らむ!?むかし、タンクレディというワインを飲んだときと同じだ。これを《 ふくらみ 》というのか。赤も美味しいなぁ。

感動していると、大きな蒸篭が出てきました。ぬ、ぬ、ぬ。今日は忙しいぞ。(^。^;
 

何が起きるのか見ていると、佐賀牛登場

それが、こうなって

こうなりました。


~ 仲居さんが取り分けてくれました ~

きゃー、ヘルシー。いただきま~す。

・・・
・・・
・・・

ほほう、なるほど。野菜は佐賀牛の脂が絡まり、しなやかに。肉には旨味だけが残ったというところか。

ステーキのジュウジュウを予想していただけに、足元をすくわれた感じ。でもいい肉はこう食べるのが正解かも。飲んでるワインにも合ってます。(さすが、ソムリエ)
それにしても、ネギ抜きにしてもらって、本当に・本当に・本当によかった。

(@@。

その後、赤ワインを追加。こちらは上品な感じ。Kさんはかなり気に入ったようです。

 


 
 
でも、あぁ駄目。もう駄目。完全に酔っ払ってしまいました。最近、ビールすら飲んでなかったからなぁ。料理は以下に続きましたが、感想は省略です。


~ ふるさとの漬物 ~

 


 
 

 


 

やっぱり、銀座の一等地。お金をかければ、美味しいものはいくらでもあるんだなぁ。
気が付くと丸の内のイルミネーション。来年もいろいろ頑張るぞ~。

 


~ 丸の内イルミネーション ~

 
 
※後日、Kさんとこの店の話をすると、必ずワインの話になります。ワインだけ飲みに行きたいぐらいらしい。お気に入りだったワインを調べるとGevrey-Chambertin(ジュヴレ・シャンベルタン)のLa Gibryotte(ジブリオット)、2008年もの。5000円ぐらいなのね。

リンク集

[食べログ]佐賀牛 季楽 銀座 (キラ)
[ホットペッパーグルメ]銀座季楽
[ぐるなび]銀座季楽(地図/写真/銀座/焼肉) – ぐるなび
[オズモール]
[公式]佐賀牛レストラン 季楽(きら) | 佐賀・博多・銀座
[一般]銀座 佐賀牛 季楽 牡丹国産牛 | 銀座でランチ

 


この記事は 2012年01月04日に グルメ、なんでも噛んでも にアップしたものです。

お取り寄せ


( 楽天市場 )

 

( 楽天市場 )


No. 2011122501