★レッドロブスター 武蔵野関前店 ~ ライブロブスター

2004年09月 中央線沿線 外国料理

レッドロブスター、2004年9月に寄った武蔵野関前店のレポートです。写真はありません。

案内

カナダから生きたままのロブスターを週2回空輸、相模原の大型水槽で一週間リラックスさせて各店舗へ
武蔵境通りと五日市街道と井の頭通りに囲まれたエリアにあります。
 

地図

 


  

感想

 
お願い!そんな目で見ないで

久しぶりのレッドロブスター。前回は初めてライブロブスターを食べ、その美味さに吃驚(びっくり)。その記憶の糸が、遠い道程(みちのり)を超え、私を再びここに導きました。なんか物足りないと思っていたのは、あのぷりぷり感だったんだ!

有名な割には都内で十数軒程度のレッドロブスター。価格設定もちょっと高めです。カナダへ行ったことの無い私でも判る、それ風な店内。椅子やテーブルは大きめ、丈夫そうです。
入り口を入るとすぐ目に入る大きな水槽。中でカナダから来たロブスター達が威勢よく踊っています。上には本日の入荷数を示すパネルが。今日はスモール10匹、ミディアム10匹、ラージ4匹だそうです。

サイズは注文時に指定。もっと大きいロブスターも注文可能ですが、一週間前の予約が必要。調理法はスチームとオーブン焼きが選べますが、今回もオーブン焼きを選択。
サイズと調理法を告げると生きたままのロブスターがトレイに乗せられ、席までやってきます。
「こちらでよろしいですか」
ロブスターはハサミを振り上げてこちらを威嚇(いかく)。十分元気なので、こいつでいいんだけれど、その一言が最後の審判になるかと思うと、ちょっと複雑な気分です。

待たされて、待たされて、もう限界というところで出て来たロブスター、フィンガーボール付き。ナイフにフォーク、かき出し棒?も付いて来ますが、新鮮さの故か、簡単に身が殻たら剥れるのでフォーク1本で十分。太い身をパクリ。やっぱり歯応えが違います。
まるで手打ちとそうでない蕎麦の違いだ。
味もしつこくなく、ミディアムでは物足りない程。でもお腹の辺りはちょっと食べにくく、やっぱりちょっと残ります。

セットに追加して頼んだ牡蠣のホイール焼きも美味。肉付きのいい牡蠣はスベスベしてました。パエリヤがちょっと油っ濃いのに比べ、チーズフォンデュは淡泊。この辺はちょっと残念。
しかしこれではちょっと食べ過ぎ、お金の使い過ぎ。明日はコンビニのおにぎりだけで暮そうっと・・・。
(^^;
 
  

リンク集

[食べログ]レッドロブスター 武蔵野関前店 (Red Lobster)
[ホットペッパーグルメ]レッドロブスター 武蔵野関前店
[ぐるなび]レッドロブスター 武蔵野関前店(三鷹/シーフード(シーフード料理)) – ぐるなび
[オズモール]
[公式]武蔵野関前店 | RedlobsterJapan
[一般]最初から赤いわけではありませんw レッドロブスター武蔵野関前店@武蔵野市関前(2015.7.27昼) 武蔵野そば+/ウェブリブログ
 
 


この記事は 2004年09月20日に 東京つまみ食い にアップしたものです。


 
 

お取り寄せ


( 楽天市場 )

 

( 楽天市場 )


No. 2004092001