★ 2017年03月26日 待て、慌てるな。これは孔明の罠に違いない 号

近況報告 / 更新記録 / タイトル


 広告は地球を回す

Youtubeを見ていて、おやっと思いました。最近、CMが多くなったような・・・。
再生の初め、5秒後にスキップ可能な広告が流れるのがチラホラ。これが明らかに頻度が増えています。またスキップ不可のケースも多くなりました。

尺(しゃく)の長い動画だと、途中でいきなりCMが入ることも。脈絡の無さに驚きます。動画作成者は頭にくるだろうなぁ。私もYoutubeは眠りながら耳で見てることが多いので、スキップできず、困りものです。
m-m(=Д=;;

初めてこの洗礼を受けたのは数年前、DailyMotionででした。ついにYoutubeもか。もっともYoutubeの場合は、再生再開時に数秒戻ってくれる配慮がなされています。CM後、数秒戻る手法はテレビでは当たり前ですが、動画でやるとは。・・・わかりやすくていいかも。

テレビで初めて、戻り再生をみたのは「世界まる見え!テレビ特捜部」、衝撃を受けました。1分ぐらい戻っていたので、尺対策だと思いましたが、わかりやすいもの確か。動画でも通じたか。

子供の頃、夕飯を食べながら見ていた「奥さまは魔女」。ダーリンは広告代理店に勤めていました。子供心に広告なんてと思ってましたが、広告は重要。テレビだって、Youtubeだって、広告というシステムがなければ存在しなかったかもしれません。
星新一のショートショートでは、CMが嫌いだという話が何回もでてきますが、私はテレビのCMは面白いと思います。一時期CMを見るためだけにテレビを見ていた時期があったくらい。動画のCMももっと種類が多く、面白くなればいいのだけれど。これからを期待しましょう。

反対に困りものなのが、スマホの広告。いつの間にか、グラブルのダウンロード画面が出てきてたりします。よく見ているとバーナーが、透明の状態から徐々に現れながら、スマホ中央ラインから下へ降下している模様。次ページを押しているつもりが、これを押していたのか。
ε-(;-ω-`A) フゥ…

頭のいい人は、本当に困りものです。
 


更新記録

(2017年03月12日 ~ 2017年03月18日)

 
※ サイドバーにも各サイトへのリンクがあります。


タイトルの言葉


今月の初め、北朝鮮が再びミサイルを発射。自走発射台からの4発同時、1000k先の日本海に同時着弾という事態に、政府は脅威が増したと判断。警戒を強めているとのこと。繰り返されるミサイルの発射。国が国なら宣戦布告と判断、すぐに反撃してもおかしくないと思いますが。
  
1998年、テポドン1号が発射された時、私はインドにいました。ホテルのテレビで、言葉のわからないニュースを見ていたら出てきた日本地図。海外でも放送さえるほど大きな台風がきたのかと思ったらミサイル発射。日本海を飛び越えたと聞いて驚きました。その時から私は「北朝鮮には孔明がいる」と思ってました。大変そうな経済の中、瀬戸際外交で各国を翻弄。原爆は作るは、大陸弾道ミサイルは作るは、よほどの切れ者がいいるに違いないと。

でも今回の発射では違う印象を持ちました。それはなぜ北朝鮮がこうも挑発するのか、その答えです。それはきっと・・・。
北朝鮮は挑発を重ね、専制攻撃をしてもらい、大きな被害を受ける。その後世界に相手の非を訴え、永遠と倍賞を求める。その相手(攻撃してくれる国)を探しているのだと。

トランプ大統領とか、すぐ挑発に乗りそう。危ない、危ない。これはまさに「孔明の罠」。気をつけないといけないと思います。
(*´〇`)~ァクビ☆゜。 
 

 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »