★ちゃんこ道場

2004年03月 レポート 両国・錦糸町エリア 日本料理

両国、ちゃんこ道場。2004年のレポートです。


 

案内

うまいものを安く、すっぽんやふぐも楽しめる
時間かけて鳥と野菜から出汁を取り、脂は全部取り除く
質、量ともに下町らしい充実ぶり
特製横綱ちゃんこ/1人前2500円、鳥ちゃんこ/1800円、つみれちゃんこ/2000円、鴨ちゃんこ/2300円
(※2004年当時)
 

地図

 


  

感想

 
シーズン最後の鍋

貧弱なアルミ鍋に黄色い汁。ちょっとだけ柚子(ゆず)が浮いています。古いガスコンロは火力があり、もう汁が煮え始ました。席は寒そうな座敷だけ、メニューには単価の安いつまみが沢山のってます。
松戸からの帰り、6号を上って両国へ。もう三月も二週目だというのに、冬に逆戻りしたような寒さ。雨が降ったら雪に変りそうです。今冬(シーズン)最後の鍋はちゃんこ。店は《 ちゃんこ道場 》。場所は江戸東京博物館の裏口、総武線を挟んで斜向かいの歩道橋下です。

頼んだのは横綱ちゃんこ。寒かったので百円パーキング側(そば)の店に飛び込んだけど…。失敗だったかなぁ。少し歩けば《 川崎ちゃんこ 》とか有名店があったのに。
と思っていたら、ドンと置かれたどんぶりひとつ。山のように具が盛られていました。
す、すごい!!
どうしても乗らなかったようでホタテがひとつだけ、小さな別の皿で出てきました。
(^^;
 
迫力のちゃんこ

蟹に海老に白身の魚と赤身の魚。横には鳥肉がたっぷり盛り付けてあります。底は白菜がたっぷり、榎茸(えのきだけ)と椎茸が交ざってます。2色のつみれはペースト上のまま、帆立の貝殻にのってました。これはいきなり豪勢な気分!ごっつぁんです。
さすがの量に、食べ終わる頃にはもうへとへと。具を鍋に入るのも大変でしたが、腹の具合に反比例して、ダシが利いてドンドン美味しくなる汁も癪(しゃく)です。最後はきしめんで絞めました。

意外性も手伝って、美味しい鍋。つまみに頼んだ《 厚揚げ納豆 》も美味でした。美味しくものを食べるコツは二つ。お腹を空かして行くことと、あまり期待をしないこと。簡単そうで難しい極意を再認識した一品でした。

 

リンク集

[食べログ]ちゃんこ道場 本店 (ちゃんこどうじょう)
[ホットペッパーグルメ]ちゃんこ道場 本店
[ぐるなび]ちゃんこ道場 本店(地図/両国/ちゃんこ(ちゃんこ鍋)) – ぐるなび
[公式]
[一般]両国・ちゃんこ道場本店 | ヒロメシ

 


この記事は 2004年03月15日に 東京つまみ食い にアップしたものです。


 
 

お取り寄せ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:4480円(税込、送料別) (2017/12/22時点)

( 楽天市場 )
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:6500円(税込、送料別) (2017/12/22時点)

( 楽天市場 )


No. 2004031501