4ヶ月のロングランでした。モンスターズインクの感想です。

  

作品紹介

トイストーリー、バグズライフに続くピクサー製ディズニーのフルCGムービー。
 

あらすじ

「最近の子供は怖がらない」子供の悲鳴をエネルギーにしているモンスターズシティでは、それはまさに死活問題。エネルギーの供給元、モンスターズ社の社長はため息ばかりです。そんな中バッチリエネルギーを稼いでいるのはサリーとマイクのコンビ。モンスターズ社No1の怖がらせ屋。青い毛と角の巨大モンスターのサリーと全身一つ目のマイク。面白くないのはランドールです。彼が夜中にこっそりと用意した子供部屋に通じる扉。そうとは知らず偶然扉を開けたサリーの後ろには、片言しかしゃべれない小さな女の子がいました。
 
 

 

感想 ~ ネタばれ注意

先の読めない展開。軽めの笑いと泣かせるシーンのバランスがいいです。
うまい演出だとおもったのは、サリーが子供を驚かすシーン。No1の怖がらせ屋と言うわりには、そんな場面はほとんど出てきません。話の中盤で新米に手本を示すために、人形の子供相手に驚かすことになるのですが、それがたまたま隠れていたブーを怖がらせることになってしまって・・・。怯えるブーに戸惑うサリーの姿にホロリとしました。
子供向けの映画はわかりやすさが大事です。悪いやつは悪い、いいやつはいい。登場人物は感情がはっきりしていて、あまり凝った複線は引けません。それでいて単調になってはいけないので大変です。
ディズニーのアニメはその辺がとてもうまいです。今回も、実はランドールと社長がグルで、まんまと二人が雪山に追放されてしまうところなどは、本当にこれからどうなってしまうのかと思いました。
残念ながらオチは読めてしまいましたが・・・。
私は英語版で見ました。ブーが時々しゃべる「キディ!!」は「ニャンコ」と訳されていましたが、本当はどうゆう意味なんでしょうか?日本語版には春休みの子供が大勢観に来ていて、ブーとサリーの別れのシーンではウルウル状態だそうです。
 


 

薀蓄

日本での上映は2002年3月2日から始まったが、大好評のため大幅に延長され同年7月中旬までのロングランとなった。
原語版の子供の悲鳴は無理矢理ピクサーへ連れて来られたスタッフの子供の声である。
マイクとセリアがデートをする寿司レストラン「ハリーハウゼン」は、著名モデルアニメーターであるレイ・ハリーハウゼンの名前に由来している。
サリーやランドールなど、大画面スクリーンに社員の名前と成績が表示されるシーン。ここに映っている名前の多くは、ピクサーの社員さんたちのものである。
ランドールが追放されたドアの行き先である人間界は実は、バグズ・ライフに登場する虫の街があるトレーラーハウスと同じセットである。
サリーがブーを部屋に戻して別れる場面では、部屋に散らかった玩具の中に映画『ファインディング・ニモ』のニモや映画『トイ・ストーリー2』のジェシーとアルファベットブロック、ピクサーのショートフィルムのボールが登場する。
本編終了後のスタッフロールと共に、本来アニメーション作品ではあり得ないはずの「NG集(普通の映画作品で起こりそうなNGを数場面紹介)」と、本編でマイクが誤魔化しのネタとして使ったミュージカルを本当に上演する場面が流れる。
時々日本が顔を出しすこの映画。高級レストラン扱いの居酒屋、日本間に富士山、ブーの頭も黒髪。監督が宮崎アニメのファンなことが影響している。


[サリー]
元々、サリーは怖がらせ屋ではなく、管理人として登場する予定のキャラクターだった。
サリーはピクサー作品の主人公の中で初めて恋人が存在しない、少し悲しいキャラクターである。
サリーの毛の本数は232万413本もあるので、サリーを描くのにワンフレームごとに11〜12時間かかった。


[マイク]
コーエン兄弟の『ビッグ・リボウスキー』(1998)がワゾウスキーの由来。


[ブー]
ブーの本名は? ブーの描いた絵に“メアリー”というサインが書かれている。また、ブーの声を担当した赤ちゃんの名前がメアリー・ギブスである。
サリーとマイクがブーをトイレに隠すシーンでブーは歌を唄っている歌は。その時、ブーが唄っていたのは『美女と野獣』である。
『モンスターズ・インク』が制作されていたとき、ブーの声を担当したメアリー・ギブスは2歳半だった。録音ブースに立たせてセリフを読ませるには小さすぎたため、彼女が遊んでいる音声を録音して対応していた。

資料

原題:Monsters, Inc.
コピー:扉の向こうには、見たこともない世界と なぜか懐かしい思い出が、待っています。
監督:ピート・ドクター
脚本:アンドリュー・スタントン、ダニエル・ガーソン
原案:ピート・ドクター、ジル・カルトン、ジェフ・ピジョン、ラルフ・エグルストン
制作:ダーラ・K.アンダーソン
製作総指揮:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン
音楽:ランディ・ニューマン
主題歌:「君がいないと」ジョン・グッドマン、ビリー・クリスタル
撮影:ー
編集:ジム・スチュワート、ロバート・グラハムジョーンズ

サリー / ジョン・グッドマン(石塚英彦)
マイク / ビリー・クリスタル(田中裕二)
ブー / メアリー・ギブス(井上愛理)
ランドール / スティーブ・ブシェーミ(青山穣)
ウォーターヌース / ジェームズ・コバーン(大平透)

配給:ブエナ・ビスタ
公開:2002年03月02日
上映時間:94分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

制作費:$115,000,000

Monsters, Inc. (Theatrical Trailer #1) – YouTube


 

本編を観るには・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:3888円(税込、送料無料) (2017/9/19時点)

( 楽天市場 )


モンスターズ・インク MovieNEX
<ディズニーサマーキャンペーン
“限定クーラートート”付き>
(Blu-ray Disc)
( オムニセブン )



 

参考

モンスターズ・インク – Wikipedia
モンスターズ・インクのサリーについてあなたが知らない10の事実 | Ciatr[シアター]
モンスターズ・インクの少女ブー、衝撃の秘話10選 | Ciatr[シアター]
『モンスターズ・インク』にまつわるトリビア20連発! | ロケットニュース24

更新履歴

3稿)2017年09月19日、シネマドローム
2稿)2016年10月04日、シネマドローム
初出)2002年03年31日、東京つまみ食い