★ 2017年02月12日 お風呂で夕食も食べると、一石三鳥なんです。お風呂に入る、食事をする、そのまま(食器を)洗える 号

近況報告 / 更新記録 / タイトル


 七人、免許が失効しているのに気が付く(1)

以前、会社の健康診断をスルーし、自腹で人間ドックを受けた話を書きました。今回はその話の続き・・・って、間が開きすぎました。
(==;

気持ちを引き締めないとなぁ、と思った矢先。それは発覚しました。そろそろ免許の書き換えのはず、ゴールドが続くとわからなくなるなぁ、確か今年のはずだと免許証を見て吃驚。今年は今年でも1月の表記。私は12月生まれなのになぜ? 表記はいつ誕生日から有効期限に変わったの? いずれにしてもヤバイ。ネットで調べると嫌なことばかりかいてあるので、直接鴻巣の免許センターに電話することに。状況を説明します。

「 はい、6ヶ月以上過ぎてます。3日間だけですけど 」
「 えぇ、入院したり、海外に行ったりしてません 」
「 もちろん、刑務所にも入ってません 」

すると、非情な答えが。

『 そうなると自動車教習所に行って、仮免からやり直しになりますねぇ 』

「 ぎゃああああああぁぁぁ」
|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| まじ~~?

直接免許センターで試験を受けることもできるが、合格の可能性は低いとか。・・・車はほとんど乗らないので、この際廃車にしてしまうか? イヤイヤそれはできない。

結局、教習所選びから始めることに。今は生徒が少ないのか、割引の案内が多い自動車教習所。でも立地が大事、自宅からバスで通えるところを選びました。
仮免からといっても30万円近くの出費。学科教習と技能教習、移動にかかる時間。土日がすべてつぶれることを考えると大きな痛手です。まいったなぁ。でも今時の教習所ってどんなのだろう? もうこの際、ワクワクするしかないかもしれません。
(--;

まず学科教習。テキストはあまり変わってません。ちょっとだけイラストが可愛くなったかな。目が悪いので毎回1,2番目の席を確保、講習を受けます。忘れることが多いなぁ。教習所に来て良かったかもしれません。最近運転が荒くなっていたし。

ある日、こんなことがありました。いつものようにプロジェクターでパワーポイントの資料を説明する先生。突然黙り込みます。そしてスタスタ後ろの席へ。 ???。どうやらスマホを見ている生徒がいたらしい。厳重に注意されました。こういう光景、日本全国いや全世界で起きているんだろうなぁ・・。

また、事故関係の単元ではビデオを用いた講習が。モニターに再現ドラマが映ります。でもこれは・・・。
( ̄◇ ̄;)エッ
画面の粗さ、暗さ、しっかりした輪郭。話の展開スピードが全て昭和。まるで「太陽にほえろ!」でも見ている気分。償いの日々を表現するにはこの方法しかないのか。いやいや30年は使っているな、このビデオ。でも使われ続けているということは、内容は古くなっていないということか。

他には心臓マッサージやAEDを試したり、運転シミュレータを使ったり。面白い、面白い。
(*^-^)ニコ

教習所に通う間、当然、自分の車は運転できません。車の無い生活。バスを使ったり、自転車で済ましたり。不便ですが思わぬ発見することも。通ってた教習所の近くはラーメン屋が多々。調べてみるとラーメンの激戦区とわかりました。なるほど、食べてみるとどれも美味しい。灯台もと暮らし。車を使ってたら気がつかなかったなぁ。

車だと街を通り過ぎるだけだけど、歩くとその個性に気が付くことができます。それに車はなくてもなんとかなることがわかりました。どうしても必要な時はタクシーがあるし。ガソリン代、車検代、保険代を考えると、廃車も選択肢の一つかも。

つづく


更新記録

(2017年01月29日 ~ 2017年02月04日)

 
※ サイドバーにも各サイトへのリンクがあります。


タイトルの言葉


モデルの市川紗椰さん。最近はニュースキャスターとしても活躍する彼女。タイトルはアナザースカイ出演時に彼女が発した言葉です。洗うってまさか、湯船の中じゃないよね。
(^^;

鉄道マニアとしてタモリ倶楽部に出ているのを何度か見かけてました。なのでキャスターをしているのを見て驚き。調べてみると話題性たっぷりのキャラクター。アニメや相撲も趣味の域を越えるオタクらしい。

アメリカ人の父(インディアンであるチェロキー族の血を引く)と日本人の母。コロンビア大学・シカゴ大学・ニューヨーク大学に合格するも日本に残ることを決断。早稲田の政治経済学部を卒業したという才女。

詳しいことは こちら([モデル]市川紗椰(いちかわさや)のすべて – テレビの悪足掻き)に書いたので、どうぞ。 


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »