★[感想]パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト【ひとこと】

● 人気シリーズ、第2作目を観たのは10年前でした。パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストの感想です。

 

作品紹介

● ディズニーランドのアトラクション《カリブの海賊》の映画化第2弾
● ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ…。前作のスタッフ・キャストが再結集

感想

● 2006年、世界的に大ヒットしたディズニー映画。遅まきながらDVDで見てみました。話運びが巧み。無駄がなく、テンポが良く、それでいて子供でも分かる明快さ。ファミリー向けやデートに丁度いいかも。人生を変えた映画に選ぶ人は少ないと思うけど、安心して見れるエンタメ映画も世の中には必要です。
(v.v)

● 印象に残っているのは…。怪物の一撃で海の藻屑となる船、原住民の長になった時のジャックの眼、人骨の檻の空中ブランコ、丸焼きの棒を縛りつけたまま峡谷落下、島に残された犬の行く末、エリザベスの裏切り、大きく開いたクラーケンの口。そして、飲む酒がないのに気が付き《 飲んだのは誰だぁ~ 》と怒るジャックが、自分に言った《オレかぁ》。
(^.^) 

● パート1を見て続編を楽しみにしてた人、1は見てないけど話題なので見にきた人、1を見たけど内容を覚えてない人(私;;)。どの人が見ても面白いのでは。
でも一番凄いのは物語自体が心に残らないところ。皮肉ではなく、断片的なシーンしか覚えてないところが凄い。なのでもう一度見るし、DVDを買う。偶然そうなったのではないと思う。

● ネット上の感想はさまざま。1と2の評価も別れていて、私の読んだ感想では1の方が良いという人が半分、2の方が良いという人が半分。私は1は面白くなかった…というか、虎が出てきたぐらいしか覚えてないのです。2が面白いと思ったのはなぜだろう?見た時の体調によるのかな。
(^^;

ただ3へ続く終わり方に怒っている人は多かった。撮影時から6まで作るなんて話題があったと思っただけど、宣伝やポスターだけ見てる人にはわからない。いきなり中途半端に終わられちゃ、面食らうかもしれません。私としては3が早くに公開されるのであれば、それで良し。1年も2年も待たせるのだけは勘弁してほしいものです。


薀蓄

● 前作同様、長いエンドロールの後に重要なシーンが始まる。

資料

● Copy / さらば、ジャック・スパロウ――
● 原題 / PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN’S CHEST
● 監督 / ゴア・ヴァービンスキー
● 製作 / ジェリー・ブラッカイマー
● 総指揮 / ブルース・ヘンドリックス他
● 脚本 / テッド・エリオット、テリー・ロッシオ
● 撮影 / ダリウス・ウォルスキー
● 音楽 / ハンス・ジマー

♂ ジャック・スパロウ(海賊船船長)/ ジョニー・デップ
♂ ウィル・ターナー(鍛冶屋の青年)/ オーランド・ブルーム
♀ エリザベス・スワン(提督の娘)/ キーラ・ナイトレイ
♂ デイヴィ・ジョーンズ(蛸髭の幽霊海賊)/ ビル・ナイ
♂ ビル・ターナー(ウィルの父)/ ステラン・スカルスガルド
♂ ノリントン(大尉)/ ジャック・ダヴェンポート

● 2時間31分
● 2006年アメリカ、ブエナビスタ

【 Youtube 】Pirates of the Carribean 2 – Trailer – YouTube
【 Youtube 】【パイレーツ・オブ・カリビアン】 デッドマンズ・チェスト NG集 – YouTube

本編を観るには・・・


パイレーツ・オブ・カリビアン
/デッドマンズ・チェスト MovieNEX
(Blu-ray Disc)

( Yahoo! )

参考

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト – Wikipedia

更新履歴

初出)2016年03月21日、シネマドローム

Translate »