★[感想]超高速!参勤交代

 感想記事の抜粋


英題 Samurai Hustle
惹句 このミッション、インポッシブルです!
監督 本木克英
俳優 内藤政醇 / 佐々木蔵之介
俳優 相馬兼嗣 / 西村雅彦
女優 お咲 / 深田恭子
俳優 荒木源八郎 / 寺脇康文
タイトルに偽りあり!コメディ時代劇、超高速!参勤交代の感想です。

  

紹介

2014年 松竹の製作・配給のコメディ時代劇。
「5日のうちに再び参勤せよ」幕府老中からの無理難題。湯長谷藩藩主・内藤政醇は、家臣と領民を守るため、参勤を受け入れるが・・・。
主演 佐々木蔵之介、深田恭子。監督本木克英。38回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第57回ブルーリボン賞作品賞を受賞。
 

 

感想

下にぃ~、下にぃ。大行列で練り歩く大名行列。それがどう超高速で移動するのか? 興味津々で本編を観てみました。すると・・・なんだ、普通に歩いている(方が多い)じゃん。タイトルと違うぞ!
ヤジ♪>(^。^;

参勤交代から戻ったばかりの内藤政醇(湯長谷藩4代藩主)。なのに再び参勤交代の下知。実はこれ、湯長谷藩の金山を狙う幕府老中松平信祝の策略。
ギャグ時代劇と思って観たら、物語は驚くほど真面目。無理難題の5日での参勤交代(陸奥→江戸)を何とかやりくりする湯長谷藩、待ち受ける松平信祝は妨害の刺客を放って・・と物語は進みます。

参勤交代の仕組みがよくわかりませんが、参勤の行列をそれとなくチェックする番所みたいのがあったもよう。人数の少ない(プロパーは7人だけ)湯長谷藩の行列。番所の前を過ぎた人から、裏を回って最後尾につき、再び番所の前を通って行列の人数を誤魔化すのが笑えました。

また、大大名とすれ違う時、位の低い方は、脇に避けて過ぎるのを待たねばならなかったもよう。相馬兼嗣(西村まさ彦)の機転で待たずに済みますが、速度以外もいろいろ大変とわかりました。

この声、この演技は・・・。やっぱり深キョンか。飯盛(遊女?)役で登場です。台詞回しは相変わらず。しゃべり方で誰だかわかるって、ある意味凄い!

いろんな役をやりすぎか、佐々木蔵之介。内藤政醇役にオリジナル感が出てなかったような。原作を読んでないので分かりませんが、もともと個性のないキャラクターなのでしょうか?
スピード参勤を決定する時とか、家来と別れ別れになった後とか、個性の光るエピソードがほしいところ。飯盛り女を嫁にしただけじゃなぁ。
(+_+)

・・・あっ、閉所恐怖症という設定もあった。

鯛の食べ方。財政難の湯長谷藩(現在の福島県いわき市)では、藩主が鯛を裏表、2日かけて食べる節約ぶり。
それに対して幕府の老中は、鯛の目玉だけ食べて、鯛は美味しいところが少ないとのたまう。この対比が面白い。
財政難でも鯛を食うのかとも思えるし、吉宗公の時代、焼いた鯛よりも美味しい魚があったのかとも思います。
(+_+)

作品自体も、ここれが一番のいうシーンがなかった印象。もう一度初めから観て、意味がわかったところも多かったし。
ただ殺陣(たて)の動きは面白かった。銀魂とか、るろうに剣心を観たときも思ったけど、最近の日本映画で進化してるのは、殺陣だけのような・・・。

でも、本物はもっと凄いもよう・・・↓ ↓ ↓ 

 

蘊蓄

佐々木蔵之介演じる「内藤政醇(まさあつ)」は「湯長谷藩(ゆながやはん)」の藩主であり、実在の人物です。
なんとかして湯長谷藩をとりつぶそうとする老中「松平信祝(のぶとき)」も実在の人物です。

 

資料

原題 超高速!参勤交代
英題 Samurai Hustle
惹句 このミッション、インポッシブルです!
脚本 土橋章宏
原作 超高速!参勤交代(土橋章宏)

監督 本木克英
制作 矢島孝
指揮 大角正
音楽 周防義和
主題 塩ノ谷早耶香「Like a flower」
撮影 江原祥二
編集 川瀬功
美術 倉田智子
殺陣 中村健人

俳優 内藤政醇 / 佐々木蔵之介(湯長谷藩4代藩主)
俳優 相馬兼嗣 / 西村雅彦(湯長谷藩家老)
女優 お咲 / 深田恭子(牛久の旅籠「鶴屋」の飯盛女)
俳優 荒木源八郎 / 寺脇康文(武具奉行)
俳優 秋山平吾 / 上地雄輔(祐筆)
俳優 雲隠段蔵 / 伊原剛志(戸隠流の抜け忍)
俳優 松平輝貞 / 石橋蓮司(老中首座)
俳優 松平信祝 / 陣内孝則(悪徳家老)
俳優 徳川吉宗 / 市川猿之助(将軍)
女優 琴姫 / 舞羽美海(政醇の妹)

会社 松竹撮影所
配給 松竹
公開 2014年6月21日
上映 119分
国旗 日本
言語 日本語

費用
収入 15.5億円
 

 

 
 

本編を観るには・・・

参考・引用

超高速!参勤交代 – Wikipedia
【感想】超高速!参勤交代のキャスト・ネタバレ・見どころまとめ|超合理的(CHO-GOURITEKI)
「超高速!参勤交代」☆☆ | 年間100本以上!観た映画は全部感想を載っけます。 トムの素人映画批評
【評価・感想】「超高速!参勤交代」はマラソン侍の物語なのか!? 【私的映画批評】
「超高速! 参勤交代」(2014) 感想 – 今日観た映画の感想
超高速!参勤交代
雑だけど熱い映画感想 – 『超高速!参勤交代』サブタイトルは「このミッション、インポッシブルです!」これだけで作品の中身を紹介しきった時代劇コメディー!
キネマ・アイランド | 知恵と勇気と刀捌き(と尻)。『超高速!参勤交代』感想。
「超高速!参勤交代」 : ここなつ映画レビュー
【映画で学ぶ歴史】「超高速!参勤交代」は史実を織り交ぜたノンストレス映画 – 歴史風味

 

更新履歴

初出)2019年08月20日、シネマドローム
Translate »