★[感想]腑抜けども、悲しみの愛を見せろ – シネマドローム

★[感想]腑抜けども、悲しみの愛を見せろ

これはコメディではない、腑抜けども、悲しみの愛を見せろ の感想です。

 

紹介

原作は「劇団、本谷有希子」の同名舞台劇。監督はCMディレクター出身、のちに『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』を撮る吉田大八。
奔放な姉、澄伽役に佐藤江梨子。その妹、清深役に佐津川愛美。永作博美が兄嫁役を好演。
 

 

感想

気になっていた映画のひとつ、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を観てみました。
どんな話か想像するのも難しい芸術的な題名(ヴィスコンティ作品に似たようなタイトルがあったような)。そして全盛期をちょっと過ぎた頃のサトエリ(佐藤江梨子)主演。兄嫁役の永作博美の演技も良かったです。
 
物語の舞台はケータイの電波も届かない山村。交通事故で両親を一度に失なった兄と妹。そこに女優を目指し東京に出ていた姉、澄伽が帰ってきます。
澄伽の奔放な性格と徐々にわかってくる家族の秘密が、この物語のメインです。
 
邦画って、こうゆうドロドロした話が多いなぁ、観客はこれをみて、同情するのか、優越感に浸るおか、笑うのか、興奮するのか、田舎に帰りたくなるのか・・・。
 
<ここからネタバレ、できれば映画を観てから読んでください>
 
主演のサトエリが自意識過剰な姉をさらりと演じてます。キャバクラで働きながら女優を目指す澄伽。オーディションで、ろくにセリフも覚えてないことを指摘されると逆ギレ。審査員に椅子を投げつける自信家。物語中盤では東京に出るのを反対する父親にナイフで斬りかかるエピソードも。街金の借金を返すために美人局まがいのことまで。
 
濡れ場というほどのシーンはなく、色っぽい背中を見せる程度。でもあんな血のつながってないフェロモンプンプンの妹が、同じ屋根の下にいたら、兄貴は、あぁなっちゃうだろうなぁ。
(^^;
 
姉に絶対服従の妹、清深。そこには秘密が。実は以前、姉の悪行をマンガ化。出版社に投稿、入賞したために、姉の所業が村中に知れ渡ることに。
それが女優の道の妨げになっていると信じる澄伽は、ことあるごとに清深に当たります。
風呂で熱湯をかけたり、裸の写真を撮ろうとしたり、近所の人を集めて清深に、姉の良いところを100発表させたり・・・。それが終盤逆転。清深の反撃が面白い。実は弄んでいたのは清深の方だったのか?
「おねぇちゃんは自分の面白さに気付いてない!」
実は姉より凄い性格の清深。演じるのは佐津川愛美。この後はいい役に恵まれなかったのかな。
 
ネットの感想を読んでいると評価が高いのが永作博美。孤児院出、ちょっと頭の足りない兄嫁役。夫からはDVまがいの仕打ちが日常茶飯事。それに前向きに耐える姿が痛々しい。澄伽と対照的です。
コンタクトレンズをずっと付けっぱなしにして、失明しかける時の痛がり方とか、いままでにない演技でした。
 

 

薀蓄

ロケーションは石川県の能登で行われた。そのため、石川県では1週間早い6月30日より劇場公開された。石川県は原作者の本谷有希子の出身地でもある。
劇中で清深が描く漫画はホラー漫画家の呪みちるの手によるもの。

ちなみにヒロインは、映画の元となった戯曲を書いた本谷有希子本人がモデルとされる。

 

資料

英題: Funuke Show Some Love, You Losers!
コピー:
監督:吉田大八
脚本:吉田大八
原作:本谷有希子
制作:柿本秀二、小西啓介、鈴木ゆたか
製作総指揮:-
音楽:鈴木惣一朗
主題歌:チャットモンチー「世界が終わる夜に」
撮影:阿藤正一
編集:岡田久美

和合澄伽 / 佐藤江梨子
和合清深 / 佐津川愛美
和合宍道 / 永瀬正敏
和合待子 / 永作博美
和合曾太郎 / 上田耕一
小森哲生 / 土佐信道
萩原 / 山本浩司
神野 / 谷川昭一朗
審査員(女性) / 吉本菜穂子

配給:ファントム・フィルム
公開:2007年7月7日
上映時間:112分
製作国:日本
言語:日本語

制作費:-
 
Trailer 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (2007) 吉田大八 – YouTube
Pinterest 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
 

 

 

本編を観るには・・・


( オムニセブン )

 

参考・引用

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ – Wikipedia
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」から考えるエンディングの影響力 – 丘の際に咲くライラック
渋江譲二の嗚呼!銀幕の女神様?第6回『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』~自意識過剰女子!それでいいのか?滑稽な-生き様!!~ – シネフィル – 映画とカルチャーWebマガジン
映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の私的な感想―イタくて儚い生き様― – マリブのブログ
 

 

更新履歴

初出)2019年05月07日、シネマドローム

あわせて読みたい

Translate »