● ジャック・ニコルソン若し、デニス・ホッパーは別人。イージーライダーの感想です。

 

作品紹介

● 1969年公開、ニュー・シネマの金字塔。
●《 Born to be wild 》をバックに走るチョッパー(改造バイク)は余りにも有名。
● その年のカンヌ国際映画祭でホッパーは新人監督賞を受賞

感想

● ヒッピー、ベトナム戦争、マリファナ、人種差別、コミューン、サイケデリック、チャールズ・マンソン・・。それらを知ったのはすべて映画から。単語を知っている程度では、感動することもできません。

東大紛争、大阪万博、三島由紀男、三億円事件、よど号ハイジャック・・・。同じ時代に溯(さかのぼ)っても、まだ1万km(アメリカまでの距離(離れています。

● 三人がなんで殺されたのか。髪が長いから? 南部に行ったから? ニュー・シネマだから? 確かにショッキング。でも私にとっては、ポーズの間に作った冷やし中華を鍋の熱さに耐え切れずザルからこぼして台なしにした方がショックでした。
(^_^;

● アメリカの田舎って怖い!地元の人間じゃないと何をされるかわからんと思いました。カントリーは素朴というイメージも以前のハリウッドが見せた幻影なのか。

● ジャック・ニコルソン若し。皮肉な笑い顔は昔から、既にバットマンのジョーカーです。逆にデニス・ホッパーは別人。髪の毛、髭で顔すらわからず。
 


Easy Rider (1969)
( AllPosters.co.jp )

台詞

●《 君たちが恐いんじゃない。君たちが象徴している自由が恐いんだ 》・・・野宿で酒を飲むジョージとビリー。排他的な南部住民の差別について、ジョージが語る。


 

薀蓄

● イージーライダーはスラングで《 売春宿のヒモをして暮らす男 》の意味。
● 主人公の二人はスタント・ショーのバイク乗りの設定。あこぎなマネージャーに怒り仕事を辞める。キャプテン・アメリカンはその時の芸名。背中に星条旗の黒皮ジャケットはその衣装。
● ピーター・フォンダの父はヘンリー・フォンダ。父ヘンリーは女癖が悪く、それを苦に妻は自殺。母の後を追い、ピーターが自殺をはかったのは10歳の時。
● ワイアットもビリーも西部劇のヒーロー。ワイアット・アープとビリー・ザ・キッド。開拓者たちは馬に乗って西へと進んだが、彼らはチョッパーで東へ。
● ワイアットのチョッパー。とても高くて角度のついたハンドはエイプハンガーと言う。
● ジョージはテリー・サザーンが加えたキャラクター。黒人の権利のために戦ううちにアメリカに絶望、アル中に。
● ディープ・サウス(アメリカ最南部)で三人に絡んでくるレッドネック(貧乏白人)は地元で集めた本物。
● ピーターとホッパーが持ち込んだ企画に、シュナイダー(コロンビアの重役の息子)はまずクライマックスの《 マルディ・グラ 》を撮影することを要求。二人は娼婦役を連れニューオリンズへ。ホッパーが監督するがカメラマンと喧嘩。自らカメラを取るが出来は散々。うっかりカメラを開けたためフィルムは感光するし、雨水で変色。でも結局これが墓場でのLSD幻覚シーンとなった。
● 撮影では、ピーター・フォンダもデニス・ホッパーもジャック・ニコルソンも実際にマリファナを吸っていた。


 

資料

Copy / アメリカの魂を、良心を求めた男たち!どこにも見つけられなかった男たち!鮮烈な感覚で叩きつける男の詩!
原題 / EASY RIDER
監督 / デニス・ホッパー
製作 / ピーター・フォンダ
脚本 / ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー、テリー・サザーン
撮影 / ラズロ・コヴァックス
音楽 / ステッペンウルフ、ザ・バーズ、ジミ・ヘンドリックス

ワイアット(キャプテン・アメリカ)/ ピター・フォンダ
ビリー / デニス・ホッパー
ジーザス(麻薬の売人)/ アントニオ・メンドーサ
ジョージ・ハンソン(アル中弁護士)/ ジャック・ニコルソン
高速道路の見知らぬ人/ルーク・アスキュー
ジャック(コミューンのリーダー)/ ロバート・ウォーカー・Jr
リサ(コミューンの女の子)/ ルアナ・アンダース
カレン(娼婦)/ カレン・ブラック
メアリー(娼婦)/ トニー・バジル

上映時間 / 1時間35分
制作年 / 1969年
制作国 / アメリカ

Easy Rider – Official Trailer ( 1969 ) – YouTube
Diner scene from Easy Rider (1969) – YouTube
Easy Rider 1969 End – YouTube

本編を観るには・・・

( 楽天市場 )


イージー・ライダー 45周年記念BOX
<初回生産2000セット限定/
“バイク”ミニチュアレプリカ付き>
(Blu-ray Disc)
( オムニセブン )

 



 

参考

イージー・ライダー – Wikipedia
イージーライダー ~自由の恐ろしさ~ | 坂口専務のブログ
【映画 イージーライダーから浮き彫りになる背景】( Easy Rider )まとめ – NAVER まとめ
これを知らないとおもしろくない② ~ 『イージー・ライダー』 – 映画>これ知らポイント
CNN.co.jp : 映画「イージー・ライダー」のバイク、約1億5千万円で落札 – (1/2)
「イージー・ライダー」自由と反戦と暴力と・・NHK BS歴史館より|「不動産投資と旅」現役大家さん、現役投資家の生の声を聞かせます。
『イージー・ライダー』(1969年 アメリカ) | 素晴らしき映画人生を送りなさい! | ディノスシネマズ | スガイディノス
3.14以下シラヌ:自由の結末…? 「イージー・ライダー」感想

 1970年代映画 – 電脳タイル


Peter Fonda, Easy Rider (1969)
( AllPosters.co.jp )


Easy Rider (1969)
( AllPosters.co.jp )



更新履歴

3稿)2016年10月08日、シネマドローム
2稿)2016年03月03日、シネマドローム
初出)2005年07月18日、東京つまみ食い