● 20世紀少年 最終章、ぼくらの旗の感想です。

 

感想

● ラスト15分、不覚にも涙がこぼれてしまいました。まさに予想外の展開、意外なオチ。《 ともだち 》 が誰かということではありません、彼にそんな秘密があったなんて。つながる伏線。そうだったのかと、素直に頷(うなず)ける解決は久しぶりです。

● ケンヂが万博会場で歌うスーダラ節(みたいな曲)。そこにエンドロールが重なった時は、あぁ~終わっちゃったかぁ、ちょっと長かったなぁという感想でした。でもその後に始まるエピローグ、本当の謎解き。これには見事持ってかれました。映画館入口にあった、すぐに席を立たないでという注意書き、あれはこのことだったのか。試写会でも封印されていたというラスト10分、してやられました。

● 書くときはいつも久しぶり、映画の感想。今回は公開されたばかりの、20世紀少年 《 最終章 》 ぼくらの旗です。
注)映画を1回見ただけで書いてるので、間違いもあります。ご容赦のほど。
(^^;

● 第3章、粗筋はこう。2015年、テロリストの凶弾に倒れた 《 ともだち 》 。 しかし全世界が見守る葬儀の中、復活。神と呼ばれ、世界大統領となる。 悪のセールスマンが散布した殺人ウイルス、《ともだち》はそれを名目に東京に巨大な壁を建設。外部との接触を断たせ、なぜか昭和の町並みを再現する。カンナは地下に潜り、氷の女王と呼ばれる反政府組織のリーダーに。ケンヂは失った記憶を取り戻し、北海道から東京へと向かう。
《 しんよげんのしょ 》 の続きは。ともだち暦3年、宇宙人が責めてきて、人類を滅ぼすと言うもの。生き残るのは 《 ともだち 》 と彼の仲間だけ。選ばれたものだけが幸せに暮らすという。カンナは密かに反乱を企てるも、アジトを急襲され投降。父と確認した 《 ともだち 》 を説得するが、絶好を言い渡される。そして血の大晦日の時のケンヂ同様、テロリストの汚名を着ることになるだろうと告げられる。そして予言の日、 《 ともだち 》 は今までの災いは、すべて自分が仕業と発表。UFOが飛び立ち、ウイルスをばら撒き、核爆弾を積んだ巨大ロボットが再び歩き出す・・・。と言ったところ。

● 冗長な話しの展開で、結構疲れます。閉鎖された町で大八車を押すのが磯野カツオだったり、関所を抜ける時、ケンヂが名乗るのが、矢吹丈だったり。為五郎みたいなヒッピーDJ。超能力の次はUFO、《 ともだち 》 を守る親衛隊は科特隊(ウルトラマン)の制服にそっくり。老いた20世紀の少年たちが喜びそうな設定が次々と。1~3章を通して出てきてないのはなんだ。鑑賞中、そんなチェックを始めました。
そういえば手塚治虫がいないな、そうか偉大な師だから、ちょい役でキャラを出すことはできないか。それともこの原作描いてる時、既にPLUTOの構想が頭にあったか。するとスクリーンでは 《 ともだち 》 がカンナにこんなことを言います。カンナに絶交を言い渡した後のシーン。

《 カンナ、私が20世紀少年なんだよ 》

この言葉、この言葉がその先ずっと私の頭の中を駆け巡ります。何度も繰り返される駄菓子屋のシーン(駄菓子屋のおばちゃん(研ナオコ)が、ナショナルキッド?のお面を被った子供から、流星バッチを取り上げる)と共に。

ここからは、しばらくネタばれです。映画を見てから読まれることを、強く勧めます。

↓↓↓↓ ネタバレ ↓↓↓↓

● たぶん鉄人28号を使いたかったであろう巨大ロボット。ケンヂの活躍で大破。そして操縦士の男、倶胝竪指(ぐていじゅし)の面を被った男が出てきます。仮面を取るケンヂ、そこにはヨシツネの顔が。第3章前半から疑いの目で見られはじめた彼。だが当然フェイク。本物の 《 ともだち 》 が現れ、ケンヂと対峙します。そこでケンヂが取った行動は土下座。《 ともだち 》 に謝ることでした。

あぁ、やっぱり。何度か出てきた駄菓子屋シーン。その最後の時は、お面の子供が去った後、店から駆け出てくるケンヂの姿が。本当は流星バッチを盗んだのはケンヂなんだ。そういえば第1章でタイムカプセルの中にも流星バッチが入っていたような。土下座するケンヂに、うろたえる 《 ともだち 》 。

《 やめろ~っ、終わってしまうじゃないか! 》

この映画の中で1番の名台詞。(^O^)突然の銃弾、倒れる 《 ともだち 》。それは万丈目。関所の番人にまで落ちぶれた、彼の復習の一撃でした。そして仮面の下の顔はフクベイ。しかし、ケンヂはこの男はフクベイではないと言います。

エンドロールの中の歌。それが終わると、確かめたいことがあるというケンヂ。ともだちランドへ向かい、過去の世界へと向かいます。駄菓子屋のシーン。ケンヂが罪を着せたのはカツマタくんでした。死んじゃったカツマタくん。フナの解剖が得意なカツマタくん。場面はその後のカツマタくんの悲劇へ。万引き犯にされたカツマタくんは、死んだものとされ、つまはじき。みんなから無視されるその顔は、無垢な子供の顔。机に飾られる花。ケンヂのせいで。死んだとか、死んでないとか言われる状態とはこういうことか。

《 私が20世紀少年だ 》

ともだちがいうこの言葉の意味はなんだろう。主人公は私、復讐に燃える男。子供の頃、テレビに登場した悪の組織。ショッカー(仮面ライダー)だって、ギャラクター(ガッチャマン)だって、ゾルゲ(バロム1)だって。

深い動機があったのは、しねしね団(レインボーマン)だけじゃなかったのでは。勧善懲悪の嘘、万能の科学と同じ省略。現実の20世紀も同じ、正義と悪はひとつの顔の表と裏。今のテロリストたちだって・・・。

それにしても主人公が悪役に謝って解決する話、これって凄い。今まで見たことがない。そして、わかりあうケンヂとカツマタくん。時の流れを変えれたようなエンディングがいい。浦沢直樹的余韻、心地好い終わり方です。

※ ネタバレ部分を書かないと、うまく感想が伝わらないので、書いてしまいました。
f(^^;

↑↑↑↑ ネタバレ ↑↑↑↑

● 第3章公開直前に日テレでは 《 もう一つの第2章 》 を放映、第2章公開前に放送した 《 もう一つの第1章 》 のようにスクランブル編集を見さされるかと思ったら、さにあらず。未公開シーンの多さに驚かされます。やっぱりこのスタッフは、先を読まれることはしないと感心。となると第3章を見てしまった今、残る楽しみは原作本の一気読み、

それと《 もうひとつの第3章 》のテレビ放映。しかし、第4章がないのに何の宣伝用?このスタッフのこと、何か考えているに違いない。まさか、ひょっとして、えぇ~っ!?1章当たり約3時間、合計9時間。未公開シーンがもう3時間もあれば、テレビドラマ1クール分。再々編集で週1のドラマに変えたりして。そうしたら、また別の《 ともだち 》の正体が必要。一体だれ?

実はカツマタくんに兄がいてとか、ケンヂの父がとか・・・。20世紀少年委員会の皆さん。テレビドラマ化とかアニメ化の暁(あかつき)には、また驚かせてくださいね。

資料

● 監督:堤幸彦
● 脚本:長崎尚志、浦沢直樹
● 原作:浦沢直樹、『20世紀少年』『21世紀少年』
● 製作:映画「20世紀少年」製作委員会
● 製作総指揮:小杉善信、宮崎洋、奥田誠治

♂ ケンヂ / 遠藤健児、唐沢寿明
♂ オッチョ / 落合長治、豊川悦司
♀ ユキジ / 瀬戸口雪路、常盤貴子
♀ カンナ / 遠藤カンナ、平愛梨
♂ ヨシツネ / 皆本剛、香川照之
♂ マルオ / 丸尾道浩、石塚英彦(ホンジャマカ)
♂ カツマタ / 勝俣忠信、神木隆之介
♂ 万丈目胤舟、石橋蓮司
♂ 神様、中村嘉葎雄
♀ キリコ / 遠藤貴理子、黒木瞳
♀ ジジババ、研ナオコ
♂ ケロヨン / 福田啓太郎、宮迫博之(雨上がり決死隊)
♂ コンチ / 今野裕一、山寺宏一

♂ ヤン坊、佐野史郎
♂ マー坊、佐野史郎
♂ 諸星壇、津田寛治
♂ 蝶野将平、藤木直人
♂ 春波夫、古田新太
♀ 高須、小池栄子
♂ 小泉響子、木南晴夏
♂ 仁谷神父、六平直政

● 音楽:白井良明、長谷部徹、Audio Highs、浦沢直樹
● 主題歌:T・レックス「20th Century Boy」
● 撮影:唐沢悟
● 編集:伊藤伸行
● 製作会社:映画「20世紀少年」製作委員会
● 配給:東宝
● 公開:2009年8月29日
● 上映時間:155分
● 製作国:日本の旗 日本
● 言語:日本語
● 製作費:60億円(全章総計)
● 興行収入:44.1億円

本編を観るには・・・


( 楽天市場 )

( セブンネット )

( Yahoo! )

 

参考

20世紀少年 (映画) – Wikipedia

関連作品

[感想]20世紀少年 終わりの始まり

[感想]20世紀少年 《 第2章 》 最後の希望

更新履歴

3稿)2015年09月24日、シネマドローム
2稿)2009年09月09日、シネマパレード~隼
初出)2009年09月14日、東京つまみ食い