1980年代公開一覧

★[感想]バック・トゥ・ザ・フューチャー

もはや古典的名作、バック・トゥ・ザ・フューチャーの感想です。

 

作品紹介

マイケル・J・フォックス主演のタイムトラベルもの。気が付けば時は1955年、隣に座っていたのは同い年の父親、同い年の母親は彼に夢中!?
1985年公開、監督はロバート・ゼメキス。
略して『BTTF』、『BTF』とも呼ばれる。
 
 

感想

テレ東で《 バック・トゥ・ザ・フーチャー 》を見ました。どうやらまとめて(ただし飛び飛び)シリーズを放映するらしい。タイムトラベルものは人気のジャンル、《 猿の惑星 》、《 ターミネーター 》などシリーズ化が多いのがその証拠。

見たことのない未来を見せ、過去をリアルに再現できる映画というメディアは、このジャンルに打って付けなのかもしれません。その中でもこのBTTFシリーズは上位にランキングされること必至。大袈裟なSFXを使わず、全編コメディタッチ。
(写真から徐々に自分の体が消えてゆくなんて、わかりやすい!)

洒落た台詞やシチュエーションで笑わせます。終盤のハラハラドキドキと心地よいオチ。そして青春映画の爽やかさがちょっぴり。改めて傑作だと思いました。

● 1985年10月26日。高校生のマーティは深夜、科学者ドクの実験に付き合わされます。目の前に現れたのはデロリアン(スポーツカー)、これがなんとプルトニウムで動くタイムマシン。アインシュタイン(ドクの愛犬)の試運転は大成功。大喜びのドクがいざ未来に旅立とうとした時にトラブル発生。プルトニウムの入手で関わった、テロリストが報復にやってきます。

ドクは撃ち殺され、マーティはデロリアンで逃げる途中で1955年11月5日(両親の青春時代) へとタイムトリップしてしまいます。もし自分が同じ年齢の両親に会ったら・・・。映画製作のきっかけはそんなアイデアからだったとゼメキス監督はインタビューで語っています。

ダイナーで偶然出会ったジョージ(マーティの父親)。このシリーズの悪役、ビフにからかわれ、扱(こ)き使われています。ビフは将来の上司、将来を頷(うなず)かせる展開です。逃げ帰るジョージ、追うマーティ。ジョージの代りに車にはねられ、ロレイン(マーティの母)に会うことに。将来そのままの父と、厳格だったはずの母。この辺りの今と過去の対比が巧い。

ビフの声に同じポーズで振り返る親子。バンドのオーディションを躊躇するマーティ、小説を出版社に送れずにいるジョージ。檻の中が好きなジョーイおじさん。将来、市長になることを決心する黒人のボーイ。細かく張り巡らされた伏線、思わずクスリとさせられます。未来に帰るためのキーなるのがに時計台というところ、最後は肥料(manure)に落ち着くビフも面白い。

過去に戻っても頼りになるのはドク。さっき(実際は30年後)テロリストに殺されたばかりのドクが若くなって登場します。この昔ながらの博士博士したキャラクターが、この映画の魅力のひとつ。オーバーアクションと時々見せる倫理観。ドクは未来の大統領がレーガンだと聞いて叫びます。それじゃ副大統領はジェリー・ルイスか?財務長官はジャック・ベニーか?ってそれって誰?
(^^;

マーティの持って来たビデオを繰り返し見るドク。自分の運命を思う姿はちょっと寂しい。

<ここからネタばれ注意>

運命の夜。ジョージがビフをパンチ一発ノックダウン。ひとつめのハッピーエンドです。
その後の未来への帰還がドキドキ。膨大なエネルギーが必要な帰還、その動力は雷から供給することに。その電力を誘導するため時計台の天辺から道路まで電線がセットされました。

イライラして待つドクの元に、やっとマーティが到着。雷が落ちるのはもう後10分足らず先。でも小さな落雷のせいで木が倒れ、天辺側の接続が外れてしまいます。再びセットするため時計台に上るドク。

一方、マーティはスタートの時刻なったのに、デロリアンのエンジンがかかりません。時計台に上ったドクは、文字盤の前を恐る恐る進みますが、足元が崩れ、持っていた電線が落下。なんとかエンジンかかかり、思い切りアクセルを踏むマーティ。

間一髪、電線を足の先にひっかけたドクは、それを手に一安心、でも接続しようとして愕然。電線が届かない! 木が倒れた影響で電線が撓んでしまっています。雷鳴は大きくなり、どんどん近づいて来るデロリアン。慌てたドクは力任せに電線を引っ張り、今度は地上の接続が外れてしまいます!

(えっ~、ここまで来てどうするの!?)

雷はもう落下寸前、デロリアンはすぐそこに!

(もう間に合わないよう~)

しかしドクは状況を冷静に判断。電線にぶら下がって落下、無事着地。そして電線を接続しようとした丁度その時、落雷。大量の電力が電線を走り、走り抜けるデロリアンと交差して・・・、見事未来へ。ふぅ~、何度見てもハラハラ、ドキドキ。

現在に戻ったマーティ。テロリストは間に合わず、再びドクの殺される場面を目撃することに。マーティはドクに駆け寄り、嘆き悲しみます。すると目を開け、起き上がるドク。なんとその胸には防弾チョッキが。なぜ知っていたの?あれほど未来を知ることを拒んでいたのに。するとドクが一言。

《 細かいことは気にするな 》

この台詞がこの映画を象徴してような気がします。家に戻ったマーティはまた吃驚。一家の変貌振りのハッピーエンド、笑えます。

エンディング。未来から戻ったドクは大慌て。手に入れるのに苦労してた燃料はその辺の生ゴミでOK。あげくに道路までいらないなんて。エンディングの《 to be contiune(つづく) 》もこの映画が最初では。

タイトルの《 バック・トゥ・ザ・フーチャー 》。直訳すると《 未来へ戻れ 》。実際は《 現在 》へ帰るのだけれども、それを《 未来 》としてるところ。普通は戻るのは《 過去 》なのに、敢えて《 戻る 》というところ。映画の中でドクに実際にバック・トゥ・ザ・フーチャーと言わせているところ。この辺がよく考えられています。

時の流れは早いもの。既に製作から20年もの歳月が流れています。マーティの救命胴衣は今着てる人を見かけないし、heavyなんて感嘆詞は今も使うんだろうか。スケートボードも今やスポーツとしてしか見かけないような。それにパート2で行った未来は2015年。もう10年先の世界。(第3稿時点はまさに未来の年)。やがてそれも過去になるという現実もまた面白い。

《 おまけ 》

以前は気にならなかったけど、1ギゴワットって、1ギガワットのことなのでしょうか?

薀蓄

2010年~をtwenty tenって呼ぶかtwo thousand tenって呼ぶかまだ決まってなかったから、バックトゥーザフューチャー2ではドクとマーティーで2015年の呼び方が違う
序盤のテロリストに追い回されてデロリアンにマーティが 乗り込むシーンだけはストルツが演じている
バックトゥザ・フューチャーの冒頭の時計がたくさんあるシーンの中にクライマックスのドクが時計針に捕まっている模型がある

VFXの登場前に作られた作品であるためCGは使われておらず、特殊撮影には光学合成が使われている。
当初のクライマックスは核実験場に行き、核爆発を利用してタイムスリップをする予定であったが、100万ドルの撮影費用が必要と試算され、予算の都合から断念された。その後、新しいアイディアを思いつき公開版のシーンになったが、結果として格段に良くなったと脚本を担当したボブ・ゲイルは語っている。
マーティ役は元々マイケル・J・フォックスが候補に挙げられていたが、当時フォックスはテレビドラマ『ファミリータイズ』のレギュラーを持っており、共演者が産休に入っていたためフォックスが番組を担っていた。そのため、映画との掛け持ちを許されなかった(エージェントは優れた脚本に対し「彼にオファーしないでくれ。彼はこの映画を大変気に入るだろうが、出演はできないことは確実なので、私が彼に一生恨まれる」と言った)。彼へのオファーは断念され代わりにエリック・ストルツが起用される。また、マーティ役がストルツに決まるまで時間がかかり何度も撮影延期され、ようやく撮影が開始される頃、ジェニファー役のクローディア・ウェルズはスケジュールが合わなくなり、代わりのジェニファー役にメロラ・ハーディンが起用された。
しかしストルツはドクとの掛け合いでの違和感などの理由から撮影開始から6週間で降板させられ、再度『ファミリータイズ』のプロデューサーに掛け持ちを打診したところ「女優も復帰したから、マイケルが“イエス”と言えば出させてもいい。ただし、ドラマの撮影の方を優先する」との条件で了解が得られ、最終的にはフォックスに落ち着いた。さらに、ハーディンはフォックスよりも身長が高かったため、二人のバランスが合わないことが原因で降板、フォックスが撮影に合流する頃にはウェルズのスケジュールも再び合わせることが可能であったため、ウェルズがジェニファー役に復帰した。
当時のフォックスは朝6時に起きてドラマの撮影、夜は映画の撮影で自宅に戻れたのは深夜2時を回っているのがザラだったという。
リビア人に発砲されて、デロリアンに飛び乗るシーンや、ビフの顔面を殴打するシーンなどはストルツの映像を流用している。
ビフ役には当初、スキンヘッド役のJ.J.コーエンが当てられていた。しかし、マーティ役に長身のストルツが起用されたため、ストルツよりもさらに大きいトーマス・F・ウィルソンが起用された。その後、ストルツは降板し、フォックスがマーティ役となったため、約30センチほどの身長差が生じる結果となった。スタッフは「最初からマイケルに決まっていたらトーマスの起用はなかっただろう」と述べている。
当時のユニバーサルの社長は母親の名前の変更(当時はメグという名前だった)、ドクのペットの変更(猿から犬へ)、ビフの苗字の変更、タイトルの変更を求めた。ゼメキスやゲイルは母親の名前を彼の妻のロレインに変更、ペットを犬に変え、さらに当てつけとしてビフの苗字は社長の名前タネンに変更したが、タイトルの変更は阻止した。しかし社長はタイトルを本気で変更しようと「Spaceman from Pluto(冥王星から来た宇宙人)」という改題提案を送り、困った制作陣はスピルバーグに相談。スピルバーグは社長に「面白いジョークをありがとう。朝からみんな笑って撮影現場に活気が生まれた」と返事をした。社長はそれっきりタイトルの話はしなかったという
元々は第1作のみで完結するものとして製作されたが、1987年に本作がビデオソフト化された際に、ラストシーンに「TO BE CONTINUED…(つづく)」という劇場公開時にはなかったテロップが入れられた。このテロップの本意は、「マーティ達登場人物の人生の旅(冒険)はこれからも続く」という意味も含まれたジョークだったのだが、これを見た人たちによる続編製作希望の問い合わせが殺到したため、急遽シリーズ化された。
冒頭の時計がたくさん並んでいる場面は「タイム・マシン 80万年後の世界へ」のオマージュ。
ドクがマーティを呼び出したアーケードは「TWIN PINES MALL」。当時その場所はドク曰く「見渡す限りの畑だった。地主のピーボディ老人は変わり者で松の木を栽培していた」。しかし、タイムスリップしたマーティがデロリアンで畑の松を一本轢き倒してしまい、タイム・パラドックスによってマーティが帰還した未来では「LONE PINE MALL」となっている。
マーティが1955年にタイムスリップしてヒルバレーの町にやってきた際、ガソリンスタンドに入った車を複数の店員が清掃・点検する様子を彼は興味深げに見ていたが、これは1985年当時のアメリカではすでにガソリンスタンドはセルフサービスが一般的だったからである。
マーティが車にはねられるはずだったジョージを助けてロレインの家に運び込まれた際、ロレインはマーティが履いていたパンツに書かれたブランド名を彼の名前だと思い込んで「カルバン・クライン(日本語訳ではカルビン・クレイン)」と呼ぶ。彼は自身の名前が「マーティ」であると言ったが、その後もロレインは「カルバン・マーティ・クライン」と誤解していたようである。下着でさえ持ち物に名前を書くアメリカ人の習慣も影響している。なお、カルバン・クライン社が設立されたのは1968年のことで、カルバン・クラインというブランドは当時のヨーロッパではあまり知られていなかったため、この場面が各国で翻訳された際には、イタリアやスペインでは「リーバイ・ストラウス」、フランスでは「ピエール・カルダン」にそれぞれ変えられた。
当初のマクフライ家の車はシボレー・ノバだったが、過去から戻ってきた時にはBMW・7シリーズとトヨタ・ハイラックスに変わっていた。
タイムスリップに必要な電力は1.21ジゴワットと言っているが、これは共同脚本家のボブ・ゲイルのミス。本来 “gigawatt”(ギガワット)と書くべきこの単語の綴りを、ボブは “jigowatt” だと信じ込んでおり脚本にもそう書いてしまった、とDVDのコメンタリで認めている。小説版では正しく「ギガワット」になっている。今でこそ、コンピュータの分野を中心に「ギガ」という単位は広く知られているが、映画製作当時は、まだそのような大きな単位への馴染みが一般には薄かった
放射線防護服で宇宙人に紛したマーティがジョージの家に侵入し、アイワのポータブルオーディオを使い、ロック音楽で拷問を加えるシーンで出てきたテープには、バンド名である“ヴァン・ヘイレン”ではなく“エドワード・ヴァン・ヘイレン”と書かれている。エドワード以外のメンバーがバンド名の使用を承諾しなかったため、個人名である『エドワード・ヴァン・ヘイレン』の名前が使われた。ただし「エドワード」の文字だけカセットテープのインデックスには小さく書かれているため、パッと見は「ヴァン・ヘイレン」と書かれているようにしか見えない。
マーティがヒルバレーでビフとその子分たちに車で追い回された際、マーティは子供が使用していた木製のキックスクーターを借りてハンドル部分を取り外し、スケートボードのように使用して追跡から逃れようとした。これはスケートボードの原型がキックスクーターのハンドルを取り外した物であるという説に則っている。なお、スケートボードが本格的に流行し始めたのは1960年代以降である
魅惑の深海パーティーで指を負傷したギタリスト、マーヴィン・ベリーの代理としてマーティがギターを演奏し、その後のアンコールで「ジョニー・B.グッド」を歌った際、それを聴いたマーヴィンが「新しい音楽を探していた」従兄弟のチャック・ベリーに電話してマーティの演奏を聴かせた。つまりこれによってロック・アンド・ロールが誕生した、というタイムパラドックスを絡めたジョークである。ジョニー・B.グッドはチャック・ベリーの代表曲であり、シングルとして発売されたのは作品の舞台から3年後の1958年である。
マーティが未来へ帰る時計台のシーンでドクは85年のドクがスーツケースに入れていた“自分の”靴を履いている。
アメリカ合衆国第40代大統領のロナルド・レーガンは1986年年頭の一般教書演説で、パート1のドクのラストのセリフを引用して次のように述べている。
「さて、今夜、私はアメリカのより若い世代の皆さんに率直に申し上げたい。なぜなら、あなたがたこそ我々の合衆国の将来を担っているからです。(中略)
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で述べられているように、我々がこれから行こうとする場所には、道など必要ないのです。 (“Where we’re going, we don’t need roads.”)
— ロナルド・レーガン」
1955年のドクに出会ったマーティが、「1985年のアメリカ合衆国大統領は(1955年当時は俳優であった)ロナルド・レーガンだ」と言ったのを、ドクが「俳優の? じゃあ副大統領はジェリー・ルイスか? ファーストレディはジェーン・ワイマン[注 5]か?」などと馬鹿にして信じない場面がある(実際の副大統領はジョージ・H・W・ブッシュ、ファーストレディはナンシー・デイビス)。「レーガン批判」だという人もいたが、当のレーガンはこの場面をとても気に入り、この場面を巻き戻させたという。

三部作の第一作目となる本作。ゼメキス監督は後の2作を本作の大いなるオマケと呼んでいる。
冒頭、マーティが受けるオーディションでヒューイ・ルイスがカメオ出演している。
悪役ビフの取り巻きの一人として、ビリー・ゼインが登場している。
マーティーがチキンだからライバルがビフ(ビーフ)となった。
最初タイムマシンは冷蔵庫にする予定だったが、子供が真似をする(中に入って出られなくなる)可能性があるという懸念から中止になった。
ドクは愛犬アインシュタインを乗せたデロリアンを1分先の未来に送るが、実際には1分20秒経過している。
 

資料

原題:BACK TO THE FUTURE
コピー:
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:ロバート・ゼメキス、ボブ・ゲイル
制作:ニール・キャントン、ボブ・ゲイル
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル
音楽:アラン・シルヴェストリ
主題歌:ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース、『The Power of Love』
撮影:ディーン・カンディ
編集:ハリー・ケラミダス、アーサー・シュミット

マーティー・マクフライ / マイケル・J・フォックス
ドク(ドクター・エメット・L・ブラウン)/ クリストファー・ロイド
ジョージ・ダグラス・マクフライ(マーティの父)/ クリスピン・グローヴァー
ビフ・タネン / トーマス・F・ウィルソン
ロレイン・マクフライ(ロレイン・ベインズ)(マーティの母)/ リー・トンプソン
ジェニファー・ジェーン・パーカー(マーティの恋人)/ クローディア・ウェルズ
ゴールディ・ウィルソン(市長)/ クリスピン・グローヴァー

配給:ユニバーサルスタジオ、UIP
公開:1985年7月3日、12月7日
上映時間:116分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語
 
Back To The Future Part I Original Theatrical Trailer
Pinterest 
 


 

本編を観るには・・・


( 楽天市場 )

( セブンネット )

( Yahoo! )

 


参考

あのころの – 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』キャスト再結集!名シーンを豪華再演!

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」に出てきた、グリフ・タネンの伸びるバットを自作してみた – 小太郎ぶろぐ

バックトゥザフューチャーの撮影風景すごすぎwwww :暇つぶしニュース
バック・トゥ・ザ・フューチャー – Wikipedia
映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の舞台裏画像|話してSukatto(スカッと)!!
未来へ帰る!【バック・トゥ・ザ・フューチャー】BTF雑学まとめアルティメット – NAVER まとめ
多分、あなたが知らないバック・トゥ・ザ・フューチャーの9つのこと|ギズモード・ジャパン
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」をまた観たくなる豆知識 – NAVER まとめ
不朽の名作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にまつわる雑学をまとめてみた。 – NAVER まとめ
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場するヒルバレーの年代別シーンをまとめたムービー – GIGAZINE
 


■ 4 Times BACK TO THE FUTURE: Welcome to Hill Valley (comparison video essay) ■


 
 
 

更新履歴

5稿)2019年04月06日、シネマドローム
4稿)2017年03月25日、シネマドローム
3稿)2015年10月05日、シネマドローム
2稿)2010年12月08日、シネマパレード~隼
初出)2005年10月17日、東京つまみ食い

★[感想]チャイルド・プレイ

チャッキー人形は日本製。チャイルド・プレイの感想です。

 

作品紹介

誕生日のプレゼント、グッドガイ人形には殺人鬼の霊が。人気シリーズの第一作目。
監督はトム・ホランド。主役はしゃべる人形チャッキー、ハイディホー!ハハハ
 

感想

1989年公開のホラー。ビデオをレンタルして観たのも、もう10年くらい前の事。意外に面白いと思ってたら、いつの間にかシリーズ化。ジェイソン、フレディには敵(かな)わないまでも、チャッキーも有名キャラに育ちました。もう5作も作られたのか。まさか嫁さんまでいるとは…。
(^_^;

去年の暮れ、Gyaoで1作目を無料配信しているのを発見。また観てしまいました。ただし、今度はパソコン上の画面、4inchくらいのウインドウで、字幕での観賞。それでも十分楽しめました。

続殺人鬼、レイは追い詰められていた。仲間に裏切られ一人、刑事の追跡を避け、玩具店の中へ。静まり返る店内、表情変えぬ人形たち。それを破る銃声!一発、また一発。胸を打たれたレイは覚悟を決め、床に散らばった人形のひとつに手を延ばします。そして唱え始めたのはブードゥーの呪文。上空を蔽う黒い雲、そして稲光。落雷と共に炎に包まれる店内。後を追ってきた刑事が見たものは既に事切れたレイの姿でした。

「ハーイ!僕、チャッキー!ハイディホー!ハハハ」

ママからのプレゼントにアンディは大喜び。呼びかけると、瞬きをし、首を振り、しゃべるグッドガイ人形、チャッキー。アンディはどこへ行く時も彼といつもいっしょ。しかし、カレンはちょっと心配。最近アンディが作り話をする、チャッキーが本当の名前を言ったとか、チャッキーは生きているとか・・・。そうチャッキーにはレイの魂が宿っていたのです。

やがてチャッキーは仲間や刑事に復讐を始めます。そして最後、その魔の手はアンディへと。殺人犯の霊が人形に乗り移り、人を襲うというありそうでなかった設定、これが結構怖い。人形がナイフを持って襲い掛かり、紐で首を絞めにくる姿は衝撃的です。

まず、チャッキーの見せ方が巧い。はじめはただの大きな人形、見開いたつぶらな瞳。普通のメカニカルな動きしかしません。歩き回る姿などはほとんど見せず、どこにいるのかわからず、不安だけがつのっていきます。それが中盤、ついに本性を見せるチャッキー。そのシーンに唸りました。

アンディは精神を病んでるということになり病院へ。チャッキーを抱え、家に戻るカレン。彼女は苛立ち紛れにチャッキーに話しかけます。

「 何か言いなさい、このガラクタ 」

するとチャッキーが応えます。

「 ボクを抱いて 」

いつもの決まり文句。呆れて笑いだすカレン。ふと、チャッキーが入っていた箱に眼が留まります。

《 彼は君の友達 》。

パッケージの歌い文句にため息をつくカレン。しかし、持ち上げた拍子に落ちた物を見て唖然。落ちたのは乾電池。なぜ、電池がここにあるの!? 恐る恐るチャッキーに近づくカレン。そお~っとチャッキーを持ち上げ、背中の服の下、電池ケースに手を伸ばします。

(この辺りが怖~い!)

やはりケースには電池が入っていない!!と思った瞬間、チャッキーの首が180度回転、

《 ボク チャッキー 遊ぶかい? 》

ぎゃーつつ!! カレンがチャッキーを投げ出します。その拍子にソファーの下へと弾むチャッキー。恐る恐るソファーの下を覗き込むカレン。二度、三度とチャッキーを突付きます。

(この辺りは本当に怖い!!)

足首を掴んでチャッキーを引っ張りだすカレン。大の字で動かないチャッキー、髪の毛はまくれ上がっています。再び、しゃべりなさいと詰め寄るカレン。しゃべらないとこうするわよと、暖炉に火をつけ、そこに放り込もうとするカレン。突然、チャッキーのプラスティックの顔が歪み、物凄い形相で・・・。ふぅ、怖すぎる。子供は見てはいけません。

チャッキーの全身を見せる場面は少なく、いつもどこかが影になっています。人形劇のように人が影から操っているのでしょうか? CGのリアルさとは違った、目に優しい特撮といった感じ。チャッキー目線の低いカメラアングルや、小さい体でひょいと現れる姿が怖いです。映画もゲームも絵の綺麗さよりもアイデア、演出次第だと改めて感じました。

《 オマケ 》

我が家にもチャッキー( たっくん )がいます。
(^_^)

さすがに襲ってはこないものの、そこはしゃべる人形の怖さ。シーンと静まり返った居間で突然

《 元気いっぱい! 》

と奇声をあげられるとビクっとします。いくら話しかけても、眉ひとつ動かさず、ダンマリを決め込むたっくん。無表情でじっと見つめられると、それはそれでまた怖いです。買ってからもうすぐ2ヵ月。一向に電池がなくならないのも不気味。
(^^;

薀蓄

チャイルド・プレイのチャッキーの現在の吹き替え声優は月亭方正 理由は「持ち芸のチャッキーのモノマネ」が好評だったから

チャーキーのフル・ネームはチャールズ・リー・レイ。チャールズ・マンソン(カルト・グループのリーダ)、リー・ハーベイ・オズワルド(ジョン・F・ケネディ暗殺犯)、ジェームズ・アール・レイ(キング牧師暗殺犯)を集めて名付けられた。
グッドガイ人形のアイデアはキャベツ人形から生まれた。
見た目はみんな同じだが1体ずつに固有の名前があり、各シリーズのではチャッキーの他に、トミー、オスカー、ラリー、ポーリーなどが登場した。5作目において日本製であるごとが判明している。
人形の体には針金が入っていて、見えない所で操縦している。体全体動かすのに3,4人必要。
『チャイルド・プレイ』のオリジナル脚本では、チャッキーはアンディの秘めた怒りや孤独を表現した存在だった。
本作最初の草案を書いた時、ドン・マンシーニはまだ大学3年生だった。その時のタイトルは“バッテリーズ・ノット・インクルーデッド”(電池は同封されていない)だった。

資料

原題:Child’s Play
原案:ドン・マンシーニ
コピー:誰にも忘れられない誕生日がある。
監督:トム・ホランド
脚本:ドン・マンシーニ他
制作:デヴィッド・カーシュナー
製作総指揮:バリー・M・オズボーン
音楽:ジョー・レンゼッティ
撮影:ビル・バトラー
編集:ロイ・E・ピーターソン

カレン(アンディの母)/ キャサリン・ヒックス
マイク(刑事)/ クリス・サランドン
アンディ(チャッキーの持ち主)/ アレックス・ヴィンセント
ブラッド・ドゥーリフ(連続殺人犯)/ ブラッド・ドゥーリフ

配給:UIP
公開:1989年5月20日
上映時間:88分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

Child's Play – Trailer (1988)

 


 

本編を観るには・・・

( 楽天市場 )


チャイルド・プレイ HDリマスター版
( オムニセブン )


参考

チャイルド・プレイ – Wikipedia
【ホラー映画】チャイルドプレイのチャッキーの事、実はあんまり知らないって人集合!!! – NAVER まとめ
ホラー映画『チャイルド・プレイ』の知られざる10の事実 | Ciatr[シアター]
ユニクロのチャッキーTシャツがちょっと怖い(;゚Д゚) – NAVER まとめ


■ チャイルドプレイ】全5作名場面集チャッキー!! ■

更新履歴

4稿)2017年04月26日、シネマドローム
3稿)2015年07月30日、シネマドローム
2稿)2010年09月08日、シネマパレード~隼
初出)2006年01月08日、東京つまみ食い


★[感想]ダイ・ハード

ブルース・ウィリスの出世作、まさに手に汗握るアクション映画の傑作。の感想です。

 

あらすじ

ハイテクビルを乗っ取ったテロリストは13人。密室と化したビルの中、ニューヨーク市警の刑事、ジョン・マクレーンは一人犯人達に挑む。人質の中に彼の妻がいる事を犯人達はまだ知らない。
 


 

 

感想

<ネタバレ注意>

文句なく面白い映画でした。ロードショー(映画館で)を3回も見たのはこのダイハードぐらい。テロリストがビルを占拠するまでは静かに話が進むのですが、その後は見せ場の連続になります。私の場合、ナカトミコーポレーションの社長が殺される辺りからドキドキだったので大変。

緊急警報を誤報と判断し引き返すパトカーにテロリストの死体を落とすシーン。
天井に身を隠しているエレベータがどんどん上昇していくシーン。
犯人への反撃にTNT爆弾を落下、大爆発が起きるシーン。
人質の一人が犯人に媚びて行くが結局殺されるところ。
排気口に隠れるマクレーン刑事にテロリストがマシンガンを乱射、その後ライフルの先でボコボコと排気口を押し確かめる犯人、息を殺して引き金に手を掛けるマクレーン刑事。
妻を人質に取られ、上半身裸で犯人2人と対峙するシーン。
そして最後のTV局員を殴り飛ばす妻ジェネロまで。
後述のワンシーン(見所)以外にもこれだけの見せ場があります。

「あっ」といったり、唸ったり、前の椅子を握り締めたり、何種類もの先の展開を読んだり、観ている方も忙しい映画でした。派手なシーンだけでなく、心理的な演出も光ってました。
 


■ Speedrun: Die Hard (1988) in 60 seconds (Ep#11) ■

 

ワンシーン

<ネタバレ注意>

この映画は見所がいっぱいです。特によかったのは次の3シーンです。

1)決死のダイブ
高所恐怖症のマクレーン刑事。飛行機に乗るのも不安げです。しかしビルの屋上に爆弾が仕掛けらた事を知り、人質を助けるため屋上へ。FBIはマクレーン刑事をテロリストと勘違い、彼に照準を合わせます。テロリストは予定外の彼の行動に大慌て。そしてマクレーン刑事は神を呪いながら消防のホースを体に巻きます。

えっ~飛び降りる気なの!?

引き金を引こうとするFBI、爆破スイッチを押そうとするテロリスト、躊躇いながらも飛び降りようとするマクレーン刑事。この状況がすごい。落下した後、巻きついていたホースが災いして引き摺り落ちそうになったり、ヘリコプターが爆発してビルに突っ込んでくるオマケ付き。凄すぎる。

2)形勢逆転
爆破装置に異常がないか一人確かめに行くテロリストのボス、ハンス。そこにマクレーン刑事が現れます。突然の彼の出現に慌てるハンス。自分は人質の一人だといってその場を誤魔化します。とっさに嘘の自己紹介をするハンス。それを信じ拳銃をハンスに渡すマクレーン刑事。この展開がすごい。絶対的有利の立場が一気に形勢逆転、なのにみすみす銃を渡すなんて・・・。長いため息が漏れました。

3)最期の悪あがき
西部劇もどきに2人のテロリストを撃つマクレーン刑事。しかしハンスは妻ホリーの手を掴んだまま窓の外に。必死に振りほどこうとするマクレーン刑事とホリー、片手でぶら下っているだけのハンスですが、空いている方の手で二人に銃口を向けます。映画館内から「あ~」という悲鳴のような観客の声。しかしホリーの腕から時計が外れ、それとともにハンスは落下していきます。こちらを向いたまま、だんだん小さくなるハンス。今度は笑い声交じりの「あ~」という観客の声。このカメラアングルがすごい。字幕なんて要らない明快さ。
 

薀蓄

“ダイ・ハード” という言葉には「頑固者」、「保守主義者」、「最後まで抵抗する者」、「なかなか死なない者(不死身)」といった意味がある。
主人公のキャスティングは順番にアーノルド・シュワルツェネッガー、シルヴェスター・スタローン、バート・レイノルズ、リチャード・ギアが候補として挙げられ、中でもリチャード・ギアが最有力とされていた。
映画の舞台になったナカトミ・ビルは、ロサンゼルスのフォックス・プラザ・ビルが使用された。プロダクション・デザイナーのジャクソン・デゴビア曰く、「色んなビルを探したが、こんなに爆発シーンが多い映画を受け入れてくれる場所はなかった。それでフォックス社のビルを使うことになったんだ」。
アクション・シーンはフォックス・プラザ・ビルの33階で撮影することに決定。下の階が弁護士事務所だったため、「上で物凄い爆発や銃撃音が響きますけど、映画の撮影なので気にしないでください」と事前に通達することに。しかし想像以上に凄まじいアクションが繰り広げられた結果、とうとう弁護士から苦情が来たらしい。
装甲車を爆破するシーン、ヘリコプターが低空を時速120Kmで飛ぶシーンは日曜日に12台のカメラを設置、ロサンゼルス警察がサンタモニカ・ブルーバードとピコ・ブルーバードの間を完全封鎖して行われることになった。
DVD等に収録されている音声解説によれば、落下シーンでのアラン・リックマンの驚きの表情は本物である。監督が事前に打ち合わせていたタイミングよりも早く、リックマンを落下させたからである。
マクレーンと人質のフリをしたハンスの会話シーンは予定されておらず、アラン・リックマンがアメリカ英語を話せることが判明したため付け加えられた(ハンスは普段イギリス英語、人質のフリをするシーンのみアメリカ英語)。ちなみにハンス・グルーバーという名前は、1966年の映画『電撃フリントGO!GO作戦』で使われている。
この映画にはべートーヴェンの交響曲第9番が使用されている(グルーバーとその一味がライトモティーフ)。またテオのテーマとして “雨に唄えば” が使われている。『ダイ・ハード』のDVDでのジョン・マクティアナンの解説によれば、この映画の音楽はスタンリー・キューブリックの『時計じかけのオレンジ』(両方の音楽がこの映画でも使用される)へのオマージュであるという。
消化ホースを体に巻き付けてナカトビビルを飛び降りるシーンは、ビルに見立てたFOXスタジオの駐車場の屋上からブルース・ウィリス本人が飛び降りた。下にはエアバッグが敷いてあるものの、飛び降りた瞬間にすぐ後ろで大爆発が起こり、巨大な炎が上がる派手なスタントだった。ブルースは背中にパッドを装着、体中に耐火用の特殊ジェルを塗って完全防備。「ディサロ(特殊効果コーディネーターの名)のバカヤロー!」と絶叫しながら飛び降りた。
「イピカイエ~」とは西部劇などでよく使われる古い米語のスラングで、あったりめぇだ!といった意味。
 


  
<小説と映画の主な相違点>

小説と映画の内容も大きく違う。主な相違点は、下記のとおり。
主人公が小説では初老であるのに対し、映画では若くなっている。
主人公の娘が妻に変更されている。
アメリカン・クラクソン・オイル・コーポレーションがナカトミ・コーポレーションになっている。
映画と比べると小説のほうが暗く深刻なトーンで描かれ、悪役の目的も小説では政治的なものだったが、映画では金目当てになっている。監督のジョン・マクティアナンはDVDの解説でより明るい内容にしたかったため変更したと語っている。

資料

原題:Die Hard
コピー:
監督:ジョン・マクティアナン
脚本:ジェブ・スチュアート、スティーブン・E・デ・スーザ
制作:ローレンス・ゴードン、ジョエル・シルバー
製作総指揮:チャールズ・ゴードン
音楽:マイケル・ケイメン
撮影:ヤン・デ・ボン
編集:ジョン・F・フィンク、フランク・J・ユリオステ

ジョン・マクレーン(刑事) / ブルース・ウィリス
ホリー・ジャネロ(ジョンの妻) / ボニー・ベデリア
ハンス・グルーバー(犯人ボス) / アラン・リックマン
アル・パウエル(巡査) / レジナルド・ベンジョンソン
ソーンバーグ(TV局員) / ウィリアム・アザートン
カール(犯人) / アレクサンダー・ゴドノフ


 
配給:20世紀フォックス
公開:1989年2月4日
上映時間: 131分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語
 
Die Hard Trailer (1988)
 
 

 

本編を観るには・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BEST HITS SELECTION: : ダイ・ハード 【BLU-RAY DISC】
価格:2314円(税込、送料別) (2017/4/26時点)

( 楽天市場 )


ダイ・ハード <日本語吹替完全版>
コレクターズ・ブルーレイBOX
<10000セット数量限定生産>
( オムニセブン )

 


 

参考

ダイ・ハード – Wikipedia
ダイ・ハードを10倍楽しく観る方法
映画『ダイ・ハード』を10倍楽しく観るための制作裏話 – 1年で365本ひたすら映画を観まくる日記
映画 『 ダイハード 』 ですが。 – 洋画 | 教えて!goo
映画「ダイ・ハード」シリーズの銃撃シーンだけを抽出して集めまくったムービー – GIGAZINE
ネタばれ注意! ダイ・ハード – あの映画のココがわからない
【世界一ついていない男】 『ダイ・ハード』シリーズにまつわるトリビア32選 | ロケットニュース24
映画「ダイ・ハード」シリーズまとめ – NAVER まとめ
おすすめ映画1選!『ダイ・ハード』が最高に面白いたった10つの理由 – hobiwolog

更新履歴

4稿)2017年04月26日、シネマドローム
3稿)2015年04月25日、シネマドローム
2稿)2009年11月18日、シネマパレード~隼
初出)2001年07月29日、東京つまみ食い


★[感想]インディ・ジョーンズ / 魔宮の伝説

他の国では人気がない!? インディ・ジョーンズ / 魔宮の伝説の感想です。

 

作品紹介

『インディ・ジョーンズ』シリーズ、2作目はインドへ。
1984年公開。製作総指揮ジョージ・ルーカス、監督スティーヴン・スピルバーグ。
 
 

感想

2014年12月。惜しまれながら閉館となった新宿ミラノ座。歌舞伎町の中心。噴水広場の奥にデンと構えてたこの映画館。観客席は1062席、ずいぶんお世話になりました。私はそのミラノ座でこの映画のロードショーを観ました。封切すぐの大入り満員の中、最前列での鑑賞でした。
(^^;

当時、飛ぶ鳥を落とす勢いのルーカスとスピルバーグ。二人が手を組んだ冒険活劇。難しい理屈抜き、面白くなければ映画じゃない!ハリソンフォードも若い若い。前作の「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」に比べると多少子供向けの仕上がり。興ざめする場面もありますが、それでも『 あっ! 』と言わされたシーンがいくつか。順に紹介します。

1つ目はオープニング。パラマウントのロゴの奥にあったのは・・・。密林の奥深く、猛獣や虫、古代人の罠というのを想像してましたが、然(さ)にあらず。上海のキャバレーで「Anything Goes」を歌うウィリー(ケイト・キャプショー)でした。
なんて派手、煌(きら)びやか。タップダンスにラインダンス。脚線美美人がたくさんでてきて

『 あっ!! 』

なんという想像とのギャップ、ハリウッドは人材が豊富だなぁ。なにしろ最前列。スクリーンが収まりきれない視界。く、く、首が動かせない。歌の最後、とどめにウィリーの超どアップ!
「ギャーっ、喰われる~!」
という迫力でした。www

2つ目は魔宮に乗り込んだインディ一行。予想外の紳士な、お・も・て・な・し。しかしその夜、ジョーンズ博士を襲う賊。そして見つかる秘密の通路。中へ、中へ。真っ暗な通路、「なんか踏んづけたよ」とショーティ。おみくじクッキーって何。マッチをすると目に入る虫、ムシ、蟲、むし、Mushi、螽、蠹、蝗、蜒、蠹。「ぎょぇ~~!!」地、天、壁が蠢いてます。物怖じもせず進む二人。しかしトラップに引っかかります。小さな石室に閉じ込められ、落ちてくる天井。上から下から伸びる剣。ウィリーを呼ぶインディ。ウィリーはオッカナビックリ通路の中に。・・・虫だらけなのに(^^;
ネグリジェで進むウィリー、とどろく悲鳴。トラップ解除のレバーを探しますが、そればネチョネチョした穴の中。掌のどの虫がうじゃうじゃ。ぞあぞあぞあ~。中に入れてと叫ぶウィリー、外に出してて応えるショーティ。なんとかトラップを解除。安堵する一同。と思った瞬間、今度はウィリーがトラップスイッチオン!

『 あぁ~~っ!!! 』

再び閉まる石扉、落ちる天井。抜け出す一同、忘れた帽子も間一髪回収です。www


 
終盤。捕らえられた子供たちを解放。宮殿から逃げ出すインディたち。売りのトロッコシーンはちょっと期待外れでしたが、その後が凄かった。怒ったモラ・ラムは貯水タンクを破壊。地下通路の隅々まで濁流が襲います。失われたアーク《聖櫃》では岩球だったけど、今回は水か。
逃げ惑う三人、その先に光が、出口か!? しかし光の先は断崖絶壁。

『 あぁ~~っ!!!!!!!! 』

カメラは大きく引いて断崖全体を、中央に脱出してきた穴、その両脇に絶壁にひがみ付く3人を一気に見せます。暗いトンネルシーンが続いた後のシーン。映画でトンネル効果を経験するとは。濁流は穴を押し広げて放出。三人にさらなるピンチが・・・。面白い。
この後に自分達が渡ってるつり橋を切るシーンも驚きましたが、この映画の一番はここかなぁ。

この映画、海外ではあまり評価が高くない模様。スピルバーグも辛口の批評に「自分は雇われ監督だから」と答えたとか。嫁さんを見つけた映画なのになぁ。
(==;

薀蓄

1982年のスピルバーグ監督作『E.T.』はアカデミー賞9部門にノミネートされたが、視覚効果や音響といった技術関連で4つ受賞した反面、撮影・編集・オリジナル脚本・監督・作品では全て同年の『ガンジー』に持って行かれた。スピルバーグはこの悔しさを忘れなかったようで、『魔宮の伝説』では『ガンジー』のロシャン・セスとアムリッシュ・プリを邪教集団トップ役に起用している。本作から10年後に『ジュラシック・パーク』で『ガンジー』の監督リチャード・アッテンボローを、『シンドラーのリスト』にガンジー役のベン・キングズレーを出演させ、2作で94年のアカデミー賞主要部門を総なめする事になった。
スピルバーグは公開当時、“作品の低俗さ”への批判に対し「僕は雇われ監督だ」と弁解した。後のインタビューではこの作品を「自分のフィルモグラフィーの中で一番の失敗作だ」と語った事もある(『1941』についても同じように語る)。
しかし、一般客層、こと日本でのシリーズ作品の人気は本作をナンバーワンに推すファンも多く、「シリーズ最高傑作」「本作こそインディ・ジョーンズだ」とする者も数多い。
観客が休まる暇の無い、スピード感溢れる展開の映画のことを『ジェットコースタームービー』と呼ぶようになったのは本作からである。
スピルバーグとルーカスはシルエットを見ただけで誰だか分るようなコスチュームを求めた。そこでてっぺんが高く、つばの広いフェドーラ帽子(インディ・ジョーンズ・ハットも参照)を選んだ。『レイダース』のドキュメンタリーで指摘されたようにフェドーラ帽は実用的な役割も果たした。それは『インディ・ジョーンズ』シリーズが参考にしたかつての“B”級映画と同じで、スタントマンを必要とする危険なシーンでは代役の顔を隠してくれるということである。

 
ハリソン・フォードは中盤で、彫りがある上半身の裸を見せるために、ウェイトトレーニングで鍛えていた。しかし、寝室で乱闘をするシーンで相手を投げる時に腰を痛めてヘルニアを患い、撮影が中断した。
この作品がきっかけで、スピルバーグとケイト・キャプショーは結婚した。
撮影中のアクシデントにより、ケイトの目の周りにアザができてしまった際、翌日の撮影時にスタッフ全員がケイトのアザと同じメイクを施して迎えた。
作品中での暴力シーンや残虐な場面が多く、本作品がアメリカにおけるPG-13制定へときっかけとなった。
作品中で描かれる奇妙な食文化や邪教信仰などがインドやヒンズー教に対する偏見や人種差別に基づくものだとの批判も根強く、北インドやアンベール城での撮影をインド政府に拒否された。このため、スリランカでの撮影を余儀なくされている。
宮殿の出口の断崖絶壁は、インディたちの立っている場所以外のほとんどがマット・ペインティング(ILMのクリス・エヴァンスの作品)となっている。
次作『最後の聖戦』公開に合わせてILMやルーカス、スピルバーグの作品がNHKスペシャル(1989年5月21日放送)にて紹介された際、ベン・バートによる音響効果編集の作業を実演するため、本作の削除場面である「(インディが捕われた子供達を逃がす場面で)燃える丸太を渡していく」というシーンが採り上げられた。
映画『ラッシュアワー3』の劇中にて本作をテレビ放映しているシーンがある(チャイニーズフード店の店頭にてクリス・タッカー演じるカーター刑事が料理を買うシーン)。
アニメ『ちびまる子ちゃん』のエンディングテーマ「じゃがバタコーンさん」に本作のヒロインの叫び声(「OH MY GOD!!」)が使われている。


資料

Copy / この夏=キミは冒険者アドベンチャー・ヒーロー!
原題 / Indiana Jones and the Temple of Doom
監督 / スティーヴン・スピルバーグ
制作総指揮 / ジョージ・ルーカス、フランク・マーシャル
製作 / ロバート・ワッツ
原案 / ジョージ・ルーカス
脚本 / ウィラード・ハイク、グロリア・カッツ
撮影 / ダグラス・スローカム
音楽 / ジョン・ウィリアムズ

インディ / ハリソン・フォード
ウィリー / ケイト・キャプショー
ショート / キー・ホイ・クァン
モラ・ラム / アムリッシュ・プリ
チャター・ラル / ロシャン・セス
ブランバート / フィリップ・ストーン
ラオ・チェ / ロイ・チャオ

上映時間 / 1時間58分
制作年 / 1984年
制作国 / アメリカ、ルーカスフィルム
配給 / パラマウント映画

言語 / 英語
製作費 / $28,000,000
興行収入 / $333,107,271

Indiana Jones And The Temple Of Doom Trailer HD
日曜洋画劇場 / インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説
 
 


  
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

レゴ インディ ジョーンズ 魔宮の伝説(7199)
価格:65988円(税込、送料別) (2016/12/31時点)

( 楽天市場 )

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ARTFXシアター インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 : 壽屋
価格:59400円(税込、送料別) (2016/12/31時点)

( 楽天市場 )

 

本編を観るには・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説 [ ハリソン・フォード ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2016/12/31時点)

( 楽天市場 )


インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説
(Blu-ray Disc)
( オムニセブン )

 

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 (字幕版)
( amazonビデオ )

 

参考

インディアナ・ジョーンズ – Wikipedia
インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説 – Wikipedia
『インディ・ジョーンズ(三部作)』に出演していた俳優&女優”14人”の現在 – NAVER まとめ
インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説とは (インディアナジョーンズアンドザテンプルオブドゥームとは) [単語記事] – ニコニコ大百科
インディ・ジョーンズのトリビア・都市伝説・裏話 – NAVER まとめ
エンタメ映画日報 ネタバレ・感想・名言あり
【食事中注意】あの「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」の衝撃的な「猿の脳みそボウル」がまさかの商品化! | BUZZAP!(バザップ!)
「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」 – スピルバーグと映画大好き人間、この指とまれ!
『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』 すきなものだけでいいです
soe006 Anything Goes
Anything Goes Lyrics – Cole Porter
 

更新履歴

初出)2016年12月31日、シネマドローム
初出)2015年08月22日、シネマドローム


★[感想]遊星からの物体X

● 笑いたいけど怖すぎる。ジョン・カーペンター監督の傑作、遊星からの物体Xの感想です。

遊星からの物体X [DVD]
遊星からの物体X [DVD]
( amazon.co.jp )

作品紹介

● 南極探検隊12人を襲ったのは未知の生命体と疑心暗鬼。

あらすじ

● 磁気嵐の中のアメリカ南極観測隊第4基地。隔離された隊員達の前に一匹の犬が現れる。ノルウェー隊から命を狙われていた犬。やがてその正体を現します。
● 物体Xとは10万年前に地球に漂着したエイリアン。特定の姿を持たないその生命体は狙いをつけた人間や動物の体内に侵入、同化してしまうのだ。犬に姿を変えて次のターゲットを見つけた物体X。一人、また一人と隊員に同化しては、次の犠牲者を探します。やがて隊員達はお互いを信じられなくなって・・・。

感想

● 見た事のないものを見れるのが映画のよさ。この映画は本当に見たことがないものが見れます。ノルウェー隊の奇妙な死体、犬が正体をあらわすシーン(後述)、スパイダーヘッド(後述)。確かにちょっとエグいですが、B級というなかれ、一見の価値はあります。
それに誰がエイリアンにとり憑かれているか判らない恐怖。全員を縛って一人一人血液検査をするシーンがあるのですが、ずっとドキドキものです。感情を移入できる主人公が登場しないのも、その恐怖を高めてます。
20年近く前のSFXで、多少古く感じられますが、こんなにインパクトのある映画は滅多にないです。思わせぶりなラストもグットです。

ワンシーン

<ネタバレ注意>

● 度肝を抜かれるのが次の2つのシーン。

1)犬の花

檻に入れられた犬に、他の犬たちが警戒します。突然、犬の顔がまるで花の蕾が開くように割れ、中から沢山の触手が現れます。このアイデアがすごい。何度見ても驚かされます。
 


 
2)蜘蛛頭

手術台の上のノリスの腹からエイリアンが出現、ノリスの頭がちぎれ落ちるシーン。その顔の表情も凄いですが、その後首から数本の足が伸び歩き出すのには吃驚。この特撮がすごい。首がちぎれ落ちるシーンには納豆が使われたとか。あの粘り気はその為だったのかと思わず納得。
 


 

薀蓄

● 『遊星よりの物体X』(1951年)のリメイクというよりも、原作となった短編小説『影が行く』に対する忠実な映像化となっている。
● 「通信機能が麻痺してしまった南極越冬基地」という閉鎖空間において、「誰が人間ではないのか、自分が獲り込まれたのかすらも分からない緊迫した状況下における、隊員達の心理状態と、難局を打開しようとする姿」を描き、最後まで明快な結末は見えない。
● 原作と大きく異なる部分は「物体Xの形状」「登場人数」「それを退治する方法」などである。また、映画では地球外生物の同化する様子、増殖し擬態する生態をSF的理論の範囲内でまとめ、説明も行っている。
● 1975年、ユニバーサル映画のスチュアート・コーエンが友人のカーペンターに『遊星よりの物体X』のリメイク企画を打診。2年後、『エイリアン』のヒットによって企画にゴーサインが出たものの、脚本は難航した。
● 1981年初頭、プロダクションアート担当のデイル・キュイパース(Dale Kuipers)(『おかしなおかしな石器人』)がクリーチャーデザインを進める途中で事故に遭い離脱、後を引き継いだロブ・ボッティンがデザインを大幅に変更した。
● 撮影は同年8月頃から行われたが、特殊効果の作業は本編終了後も続き、それは1982年4月にまで及んだ。
● 細胞単位で生存し、あらゆる生物を同化するそれの姿を、ありふれたモンスター的なデザインとはせず、地球上の様々な生物やその一部の形状を混ぜ合わせたおぞましいものにまとめ、CGによるVFXが全盛の現在においても全く見劣りしないリアリティーを与えたロブ・ボッティンの造形は、後のSFXやクリーチャーデザインに多大な影響を与えた(DVDには特典映像として、デイル・キュイパースによる「モンスター的な宇宙生物のデザイン」が収録されている)。
● 特殊メイクアーティストのロブ・ボッティンはクリーチャー制作に1年5週間不眠不休で働いて倒れた。
● カーペンター監督は、若手のロブ・ボッティン(22歳)に特殊メイクを頼むつもりは無かったが、『ハウリング』の狼男の変身シーンの出来を思い直して頼むことにした。結局、カーペンターは彼のこの仕事っぷりに大満足だが、ぜいたくな苦言を呈した。「ちょっとリアル過ぎるよね」
● 小屋の中で変容する「犬」は1982年初頭までデザインも決まっておらず、時間的な都合からスタン・ウィンストン(ジュラシック・パークの恐竜、エイリアン2、ターミネーター)の率いるチームによって製作された。
● 終盤に床板を突き破って出現するブレア・モンスターは、当初ストップモーション・アニメで撮影されていたが、カーペンター監督の評価基準に合致せず、アニマトロニクスで作り直された結果、断片的な採用となった。暗闇に消えたノールスについては、巨大化したブレアに吸収される様子が絵コンテで残っており、当初の構想を伝えている。なお、どちらもDVDに映像特典として収録。
● ラストシークエンスには息をしていないように見える人物が登場し、それに同化されたことを示す演出だという説が出たが、監督はこれを「照明の加減で息が見えにくかっただけ」と否定している(チャイルズに同化したそれの息はハッキリと確認できる)。
● この映画には女性がまったく出てこない。
● 原題の「the thing」は、直訳すれば、事柄、事、生物そのもの、といった意味。

資料

Copy / 南極大陸の氷の下から宇宙最大の恐怖が蘇える!
原題 / THE THING
監督 / ジョン・カーペンター
製作 / デビット・フォスター、ローレンス・ターマン、スチュアート・コーエン
脚本 / ビル・ランカスター
原作 / ジョン・W・キャンベル・ジュニア「影が行く」
撮影 / ディーン・カンディ
音楽 / エンニオ・モリコーネ

特殊視覚効果 / アルバート・ホイットロック
特殊メーキャップ / ロブ・ボッティン
特殊効果 / スタン・ウインストン・スタジオ

マクレディ(ヘリのパイロット)/ カート・ラッセル
ブレア(生物学者)/ A・ウィルフォード・ブリムリー
ノールス / T・K・カーター
パーマー / デヴィッド・クレンノン
チャイルズ / キース・デイビッド
コッパー(医師)/リ チャード・A・ダイサート
ノリス(蜘蛛頭の人)/ チャールス・ハラハン
ベニングス / ピーター・マロニー
クラーク(犬の世話係)/ リチャード・マシュール

上映時間 / 1時間49分
制作年 / 1982年
制作国 / アメリカ、ユニヴァーサル
 


 
 

 

本編を観るには・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

遊星からの物体X [ カート・ラッセル ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2016/11/27時点)

( 楽天市場 )


遊星からの物体X
( セブンネット )
遊星からの物体X (字幕版)
遊星からの物体X (字幕版)
( amazonビデオ )

 

参考

遊星からの物体X – Wikipedia
『遊星からの物体X』を絶対に見のがしてはいけない2つの理由 | ネットラジオ BS@もてもてラジ袋
「遊星からの物体X」で公開されなかったクリーチャーたち(※閲覧注意) : カラパイア

映画「遊星からの物体X」の誰が人間で、誰が「それ」だったのかが明らかに|ギズモード・ジャパン
#31『遊星からの物体X』 | 映画好きのちょっとしたブログ Hyuga Wave Blog
「遊星からの物体X」(1982 アメリカ映画) : 万事休すで茶を沸かす
「遊星からの物体X」にオマージュ捧げたSFスリラー日本公開 – 映画ナタリー
本当に怖いのは人間/遊星からの物体X ジョン・カーペンター監督 – シネマトブログ

関連作品

X-コンタクト [DVD]
X-コンタクト [DVD]
( amazon.co.jp )

 
映画『遊星からの物体X ファーストコンタクト』予告編 – YouTube
『X-コンタクト』日本版予告編 – YouTube
 

更新履歴

4稿)2016年11月27日、シネマドローム
3稿)2015年09月02日、シネマドローム
2稿)2010年12月16日、シネマパレード~隼
初出)2001年07月29日、東京つまみ食い

 


Translate »