★[ジャケット]インディゴ クバ ツィード ジャケット(45R)


 
 
● 秋。ダウンを羽織るまでのつなぎにとジャケットを買いました。ついつい寄って試着、そして買ってしまう45R銀座店。Kさんは

「 似合っているからいいんじゃない 」

といってくれます。

銀座で数少ない私を私と認識してくれる店。ニットシャツ、デニム、アロハ、ベルトに続き、プリントシャツと共に購入。これです。
 
 
 


■ インディゴ クバ ツィード ジャケット■

 
  
 
● ツィードのジャケット。ツィードとはイギリス・スコットランドの毛織物をさすらしい。・・柄のことではなかったんだ。
(^^;

あの辺りの羊は太い毛が取れるのか、暖かそうです。

織り込まれた毛の中には、インディゴで染められたものがチラホラ。独特の雰囲気をかもし出しています。特に胸ポケットが。

それにしてもインディゴ、こうも惹かれるのはなぜでしょう?

 
 



  
 
 
● クバ ツィードの「 クバ 」は、アフリカのクバ族からとっているとのこと。伝統的なパッチワークが有名な民族で、このジャケットはその柄をモチーフにしているらしい。

調べるとシリーズになっているもよう。メンズはジャケットの他にベストがあり、レディースはコートやボレロ、スカートがあります。女性ものは選択が多くて羨ましいなぁ。
 
 
 

  

 
 
 
● 購入後、土日も仕事の日々。ひっとしたら今シーズン着れない!? とヒヤヒヤしましたが、なんとか間に合いました。

いいネクタイが無いので、マッキントッシュフィロソフィのトゥフェースを持ち出し、白ワイシャツに巻き、その上にジャケットという風体。それでも予想通り暖か。11月いっぱいはこれで大丈夫かな。
 
 
 
● 翌週に買ったのがこちらのプリントシャツ。これもクバ族ガラ? ジャケットの相性がぴったりです。

でもカタログやホームページには掲載されていないこのシャツ。不思議に思ってたら、最近サイトに載りました。

正式名は「 うすもめんスルジェプリントシャツ 」。スルジャはヒンディー語で「 太陽 」という意味だとか。時々顔に見えると思ったこの小紋柄。太陽だったのか。
 
 
 


■ なぞのプリントシャツ ■

  
  
 
  

 
 
  
 
  

 
 
● ちょっと高価だったツィードのジャケット。でも一生ものになりそう。良い服は着ているだけで人を幸せにできます。

45Rではクリーニングのサービスも始めたとか。ケアも安心です。
 
 

< 製品仕様 ~ インディゴ クバ ツィード ジャケット >

● アフリカのクバ族という民族の伝統的なパッチワークをモチーフにした、クバツィードシリーズのジャケット
● 生地は二重織、糸に異なる色の糸を巻きつけて、太番手の糸を作っている。
● パーツごとに生地を組み替えている。


 

< 製品仕様 ~ うすもめんスルジャプリントシャツ >

● 小紋柄をモチーフに全面プリントのシャツ
● 薄手のハリ感のある平織り生地
● 太陽のようにも見える柄からヒンディー語で太陽という意味の「スルジャ」と名付けた
 
 
 


 
 
 


◆ ブランド紹介 45R

 

● 古くから日本人があたりまえに行っていた人に優しく、丈夫で長持ちする工夫に満ちたものづくり。こうした日本の持つよさをもう一度掘り起こし表現し、和の力を世界に伝えてゆくのが企業理念。
● 「気持ちのよい服を世界中の人たちに喜んで着ていただく」このシンプルな哲学のもと世界で通用する、もの・人・会社を創り、つくり手・お客様・地域社会に貢献することが45rpmの志。
(公式サイトより)

【 公式サイト 】45R

 


Translate »