★ 政治家の失言

By in 知らない言葉 on 2018年2月12日


中小企業の5人や10人の破産、自殺はやむを得ない。子孫を残そうとする利他の要素です。

( 1952年 池田勇人 通産相 )

佐藤(栄作首相)さんは財界のちょうちん持ち、財界の男メカケだ。

( 1971年 青島幸男 参院議員 )

ヒロポンは学生時代に試験の前によく飲んだ。気持ちいいし、能率が上がる。

( 1982年 世耕政隆 自治相 )

大型間接税はやりません。私の顔はウソをつく顔ですか。

( 1986年 中曽根康弘 首相 )

黒人は破産してもケロケロケロ、アッケラカンのカーだ。

( 1988年 渡辺美智雄 政調会長 )

私はなりたくて首相になったんじゃない

( 1989年 宇野宗佑 首相 )

宮澤首相はあんな毛唐と嬉しそうに抱きついて握手するのか

( 1993年 石原慎太郎 元運輸相 )

長野県でエイズ患者が増えているのはオリンピック絡みである

( 1992年 加藤紘一 官房長官 )

農民は筋肉労働で働くしか能がない。一朝一夕に機械が触れますか。

( 1989年 松田九郎 衆院議員 )

集団レイプする人は、まだ元気があるからいい。まだ正常に近いんじゃないか

( 2003年 太田誠一 元総務庁長官 )

大阪人は金儲けばかりに走り、公共心も選挙への関心もなくした、低俗な風俗産業も必ず大阪から産まれる、言葉は悪いが痰壷だ。

( 1988年 森喜朗 元首相 )

ナチスの手口に学んだらどうかね

(2013年 麻生太郎 副総理 )