L3スイッチ

意味

VLANを用いて1台で複数のL2スイッチの役割を果たすスイッチ。
Etherポートをローカル用VLANとグローバル用VLANに分割、ローカル用VLANの出口をグローバル用VLANの出口に指定できる。

詳細

OSI参照モデルの第3層(ネットワーク層)で扱われる。
MACアドレス、IPアドレスとEtherポートを関連付ける。
IPアドレスを用いたルーティングが可能。
L2スイッチの機能がある。
L3スイッチはスイッチというよりルータ。Ethernetポートがたくさんあるルーター。

ポイント(ルータとL3スイッチの違い)

ルータがソフトウェア主体の処理に対し、L3スイッチはハードウェア主体の処理
ルータに比べ、処理が速い。
ルータがマルチプロトコル対応に対し、L3スイッチはTCP/ICのみ対応。
ルータはWANのインターフェースを持つが、L3スイッチはLANのインターフェースのみ持つ。
ルータはソフトウェアのバージョンアップによる機能追加が可能であるが、L3スイッチは不可。