★[アニメ]サムライチャンプルーのすべて

● ッヨッヨッヨッヨ♪ 時代劇なのにヒップホップ。アニメ、サムライチャンプルーの情報です。



● 放映期間:2004年5月19日 – 9月22日
● 放映日時:毎週水曜日26時28分~
● 放送局:フジテレビ
● 放送回数:全26話(未放送分9話含む)

● 原作:マングローブ
● 監督:渡辺信一郎

● 出演:中井和哉、佐藤銀平、川澄綾子

● オープニングテーマ:battlecry




【 エピソード 】
●『カウボーイビバップ』を手掛けた渡辺信一郎監督によるテレビアニメシリーズ。
● 全二十六話が制作されたが、地上波での放送はフジテレビの編成の都合上、第十七話で打ち切られた(関西テレビでの放送も、フジテレビ同様に第十七話まで)。
● BSフジでは一話から十七話を第一シーズン、十八話から二十六話を第二シーズンとして放送した。
● 時代考証を無視した時代劇が展開されている。渡辺監督によれば、これは作品に面白味と新鮮味を出すための演出であり、第一回の冒頭において視聴者に対し「ガタガタ言うな。黙って見やがれ」とのメッセージが送られている。






●【001】疾風怒涛
●【002】百鬼夜行
●【003】以心伝心
●【004】以心伝心
●【005】馬耳東風
●【006】赤毛異人
●【007】四面楚歌
●【008】唯我独尊
●【009】魑魅魍魎
●【010】以毒制毒
●【011】堕落天使
●【012】温故知新
●【013】暗夜行路
●【014】暗夜行路
●【015】徹頭徹尾
●【016】酔生夢死
●【017】酔生夢死 ふた夢
●【018】文武両道
●【019】因果応報
●【020】悲歌慷慨 其之壱
●【021】悲歌慷慨 其之弐
●【022】怒髪衝天
●【023】一球入魂
●【024】生死流転 其之壱
●【025】生死流転 其之弐
●【026】生死流転 其之参

 

 

 




● アニメの時代劇って久しぶり。Gyaoで第一話が無料視聴できたので見てみました。
● こ、こ、これは・・・。小気味よいテンポのストーリー、意外な展開。なによりも迫力のある殺陣シーン。早い、早い。なるほど。ムゲン、フウ、ジン。この三人がこの先どうなるのか、どうにも先が気になったので、DVDをまとめて借りて見てみました。
v(^^)
● サムライチャンプルー。侍炒め? 2004年放送。調べるとこのアニメ、あまり当たりはしなかったようで、フジテレビでの放映は途中で打ち切りだったもよう。こんなに面白いのになぁ。ゆとり世代に難し過ぎるのか・・・。殺陣シーンやメインストーリー以外にも、脇道にそれたギャグが楽しめるのに。
● 下駄履き、ブレイクダンスでも踊るように戦うムゲン。一言で言うと無茶な男。それに対して静かに燃える日本武術の正統派ジン、ストイックさが時に笑えます。この対照的な二人の掛け合いが面白い。その間に入って(というか上から押さえつける)フウちゃんがまた可愛い。
● 時代劇でラップ?「マジ」、「たりぃ」とかいう言葉に多少違和感が。大食いコンテストまでは納得できましたが、イキナリ野球を始めた時は引きました。
(((^^;
● フウが探す「ヒワマリの匂いがするお侍」。旅の中で明らかになるムゲン、フウ、ジン、それぞれの過去。でてくるゲストキャラも個性的です。敵も強い強い。それが物語りを締め、緊迫感を生んでます。どんどん強くなってくるので、主人公たちは毎回、ボロボロですが・・・。
● 次から次に起こる事件。どれも面白いので、思わず見入ってしまい、止まらなくなります。最後の最後の最後、旅の目的を果たし別れ別れになる三人。エンディングではそのそれぞれの姿を追うのですが・・・。特に再会のフラグはなし。続編が作れそうだったら、変わってたかもしれないなぁ。

 





● ムゲン( 無幻 )声 – 中井和哉
推定年齢20歳。ガラの悪いチンピラのごときしぐさや、言葉遣い、風体女好き。野生動物のような直感と、人間離れした身体能力の持ち主。
(公式サイトより)
● ジン( 仁 )声 – 佐藤銀平
推定年齢20歳。変装のため、だて眼鏡を使用。ある事件がきっかけで道場を出奔。以来流浪の身となる。
(公式サイトより)
● フウ( 風 )声 – 川澄綾子
推定年齢15歳。いつも明るく好奇心旺盛で、世話好き。そして数限りないバイトを転々としている女の子。袖にモモンガを飼っていて、時々助けてもらったりする。ひまわりの匂いのするお侍を探している。
(公式サイトより)

 

  


サムライチャンプルー
(セブンネット)




● 原作 – マングローブ
● 監督 – 渡辺信一郎
● チーフライター – 小原信治
● キャラクターデザイン、チーフアニメーター – 中澤一登
● 得物デザイン – 前田真宏
● 美術監督 – 脇威志
● 色彩設計 – 鈴木依里
● 撮影監督 – 山田和弘
● 編集 – 掛須秀一
● アフレコ演出 – 柏倉ツトム
● 音楽 – Tsutchie、fat jon、Nujabes、FORCE OF NATURE
● プロデューサー – 浜野貴敏、河内山隆、里見哲朗
● 制作 – フジテレビ、マングローブ、下井草チャンプルーズ

 


サムライチャンプルー 1
(セブンネット)

サムライチャンプルー 2
(セブンネット)

 



◆ パチンコ
● CRサムライチャンプルー(2008年、タイヨーエレック)
● CRサムライチャンプルー2(2011年、タイヨーエレック)
● CRサムライチャンプルー3(2013年、タイヨーエレック)

◆ パチスロ
● サムライチャンプルー(2008年、ニューギン)
● サムライチャンプルー極(2011年、ニューギン)
● パチスロサムライチャンプルー 流転輪廻(2014年、ニューギン)



 


 
2稿:2015年05月12日、テレビの悪足掻き
初出:2012年09月25日、テレビのまわし者