★餃子

薀蓄

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2980円(税込、送料無料) (2018/1/9時点)

( 楽天市場 )


[ 餃子屋のレポート・写真 ]


[ 薀蓄 ]

餃子(ギョウザ、ギョーザ、拼音: jiǎozi)とは、小麦粉を原料とした皮で、肉、エビ、野菜などで作った具を包み、茹でたり、焼くなどした食べ物である。調理の方法によって、水(茹で)餃子、焼き餃子、蒸し餃子、揚げ餃子などと呼ばれる。

日本の餃子は、日本で独自に進化(”日本化”)した餃子であり、焼き餃子が主流であり[注 5](中国では水餃子が主流)、用いる具材、調理法も中国で主流のものと異なる。

日本では、日本独自の「焼き餃子」がとても人気があり、かつては皮も含めて家庭で材料から作ることが多かったが、市販の皮をスーパーなどで買って具を作って包むという方法をとる家庭も増え、いつ頃からかは未検証だが、具を皮に包んだ状態の冷凍食品・チルド品も多くの種類が出回っている。

本の餃子は薄目の皮を使い、豚ひき肉、キャベツ、ニンニク、ニラを入れるのがポピュラーである。中国の東北部を除く西の餃子ではキャベツではなく白菜を使い、ニンニクを入れることはない、という点で異なっている。ニンニクを入れるのは肉の臭みを消すため[要出典]だと言われる。中国東北部(満州)では豚が育ちにくく羊肉が主になる。日本に餃子が伝わった当時は満州の製法で豚肉ではなく羊肉を使用していたことから、臭みの強かった羊肉の臭い消しとしてニンニクが用いられた。

日本では、出来上がった餃子を「焼き目」の側を上にして皿に盛る、という独自性がある(中国では、餃子の「上下」は、あくまで皮と皮をくっつけた側が「上」と考える。中国人が日本の餃子を見ると「ひっくり返っている」と見える)。

日本では米飯を主食として餃子を「おかず」として食べる(中国では「水餃子はあくまで主食」であり、白飯と一緒には食べず、他の「おかず」と併せて食べる。中国人の眼には「主食ばかりを2種類同時に食べている」と映じ、とても奇妙に感じられる)。タレには醤油、米酢、ラー油を混ぜたものを使う。


[ 引用・参考 ]

餃子 – Wikipedia


No. 2199123108