★どれ味 銀座店

2005年07月 レポート 日本料理 銀座エリア

お好み焼きの店、どれ味 銀座店の2005年07月のレポートです


 

案内

マヨネーズ・パフォーマンスが有名、お好み焼き・もんじゃの店。
 

地図

 

現在閉鎖

  

感想

 
銀座、まいう~

前日に放送されてた《 石塚英彦&パパイヤ 大東京!秘密の裏メニュー食べまくり大作戦 》。吃驚したのは「石ちゃんは実はネギ嫌い!」と、このお店でした。

山芋の生地って美津の(道頓堀)みたい、空飛ぶお好み焼きか・・・。ちょうど銀座に来たので寄って見ることに。普段はしない予約をして、早めに店を探します。頼りはグルメぴあ(iモード)の地図。この辺のはずだが、マルゲンって一体どのマルゲンなんだ?一番のランドマーク、ルイ・ビトゥンを見ながら店に電話。なんと場所は自分の立ってるすぐ横でした。
(^_^;

薄暗い階段を降りるとたくさんのモノクローム。取材に来た芸能人達との記念写真です。既に《 でぶや 》メンバーのもありました。時間は90分、次のお客がいるので延長は不可。予約時の約束を再度確認されました。日曜の夜7時、店内はぎっしり。なるほど。

目立つ看板など必要なさそうです。入り口すぐのカウンター席に案内されました。清潔だけど傷だらけ、一体ここで何が始まるというのでしょう?
 
コテのマジック

一通りの料理が楽しめる《 侍コース 》を注文。まず、付け出し。豆腐の上にキュウリの千切り、ゴマダレがたっぷり。冷たくて気持ちがいいです。

すぐに牛タンが出てきました。牛タンは長い直方体、予め手が加えられているようで、厚さほど丹念に焼かなくても平気のようです。ここでは焼くのはお店(焼き手)の仕事、ちょっと変わっていて、客の後ろから体を伸ばし、焼いてくれます。
二人の間から伸びる長い手、牛タンを見つめる6つの瞳。焼き手は気さくな人のようで、いろいろ話しかけてきます。面倒臭さそうなので、別の話題をKさんへスルーパス、軽くかわしてしまいました。
(^_^;

サラダの後に大型のエビ。まだ透き通った色をしています。ちょっとここからは感動。軽く焼いたと思ったら、コテで首を切り離します。首の殻を器用に除き、中身をコテで鉄板にギュッギュッギュッ。もひとつギュ~~~ッ。

息の根を完全に止めてから、ソースとマスタードをかけます。エビの身はコテで小さく刻み、頭とあわせてできあがり。頭はお煎餅のようにカリカリ、身はしっかりとした歯応え。こんなの初めて、自分では到底できません。カタカタカタカタ、鉄板の上を踊る二本のコテ。大胆にして正確なコントロール、まるでアドリアーノのドリブルのようです。
 
焼き手はフランキー

次はどれ味ステーキ。サイコロステーキのような肉、実はハラミです。たっぷりと胡麻が塗(まぶ)してあり、肉が見えない程。こまめに裏返してくれます、繊細に動くコテ。熱々をポン酢で頂きました。

鳥肉にトマト、その上に長ネギの千切り。全体を刻みながら焼いていきます。1mはある胡椒ガリガリ器で仕上げ。こ・こ・これは・・・。巧みなフェイントにサポート(笑うこと)ができませんでした。
(+_+)

「焼かれたトマトが鳥肉に合うね」とKさんにパス、それを「子供のような食べ方だ」と焼き手がカット、見事なカウンターを決められました。やはり取り皿の隅に残したネギ、焼き手が見逃すはずはないか。
(^_^;

そして、もんじゃ。鉄板に広げると、しばらくお休みと焼き手は厨房に消えました。考えて見ると焼き手は一対一でお客に付きっ切り、大変そうです。もんじゃが焼き上がる頃、焼き手が再び登場。ハーフタイム終了です。

塩をパラパラ、醤油1に対してソースは2。仕上げに味をつけてました。

「たくさん食べて下さいね」と今度はKさんへパスを出す焼き手。

「私、ネコ舌だから、あまり食べれないんですぅ」

「ネコ舌が鉄板焼きに来ちゃあ…」

見事なクリア。

「昨日、テレビで紹介されてましたよね」

生きのいい話題で私がアシスト。一気に元気を取り戻す焼き手。あのビデオはもう100回見たとか、通りの達人に出たいと思っていたら、本家でぶやの登場で感動とか、今日もさっきまで取材があったとか・・・。確かにここは話題性あるし、絵になるものものなぁ。
 
さては南京玉すだれ

最後はどれ味天。焼き手も寡黙な人に替りました。ちょっと残念。山芋100%の生地は焼くとふっくら卵焼き風。オムライスのように膨らんだところでハケの時間。ステーキでも切るように細く切り分け、それをひとつひとつ立てていきます。これもオリジナル。真ん中に集まったところで、その上にたっぷりソースとマスタード、そして仕上げはマヨネーズ。立ち上がった焼き手が一歩下がったところから、マヨネーズを発射、きれいに放物線を描き、どれ味天へ。

出た!空飛ぶお好み焼き。

思わず歓声があがります。でもあぁ、もう待てない、丁度良い大きさのどれ味天を一切れ口に。ふっくらした山芋生地の柔らかさ、中まで染み込んだ濃厚ソース。

う~ん、まさにまいう~。

ジョッキ片手にさくさくと食べてしまいました。
(^v^)

でも最後にはさすがに脂っこさが残る感じ。さっぱりするデザートがほしいところです。残り10分でラストオーダー。ロスタイムなしでぴったり終了となりました。
 
 

リンク集

どれ味 銀座店 (どれみ) – 銀座/お好み焼き [食べログ]
どれ味 銀座店(銀座/お好み焼き) – Retty
お好み焼『どれ味』銀座店に行ってきました。 – グルメリポート
銀座 お好み焼き どれ味 マヨネーズ・パフォーマンス01 – YouTube
 


この記事は 2005年07月04日 に 東京つまみ食い に、2010年11月23日に グルメ、なんでも噛んでも にアップしたものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:5830円(税込、送料無料) (2017/11/4時点)

( 楽天市場 )
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:4039円(税込、送料無料) (2017/11/4時点)

( 楽天市場 )


No. 2005070401