飛ぶのが怖いモォ~、ツイスターの感想です。

作品紹介

竜巻多発地帯でツイスター(竜巻)を追う、ストーム・チェイサーの活躍。
主演はヘレン・ハント。フィリップ・シーモア・ホフマンも出演。
 


ツイスター(1996年)
( AllPosters.co.jp )

感想

1997年、日本公開のディザスタームービー。ツイスターとは竜巻のこと。Twitterとも、タカラのパーティゲームとも関係ありません。
(^^;
 
制作総指揮、スティーブン・スピルバーグ。監督、ヤン・デ・ポン(スピードに次ぐ2作品目)。脚本、マイケル・クライトンと豪華。私は確か立川の、まだ珍しかったシネコンで見た記憶が。あれから20年もたったのか・・・。またあの牛に会えて嬉しいです。
\(^〇^)/
 
1969年、アメリカ南部、オクラホマ州。巨大竜巻が発生、農家を襲います。庭に設置された地下室へ逃げ込む父・母・娘。トビー(ペットの犬)がいないと泣く娘。間一髪地下室に入るトビー。犬を抱きしめ喜ぶ少女、ジョー。
 
竜巻はさらに近付き、今まさに地下室上空。地下室の扉を吹き飛ばす勢い。全体重をかけ、それを阻止する父親。でも次の瞬間、扉ともども父親は大空に吸い上げられます。後を追おうとするジョー、必死に止める母親。思わず「あっ」と言ってしまいました。
こんなところに一本釣りの元祖があったとは・・・
つかみはOKです。
 
この少女がやがて大人に。父親の敵と竜巻のメカニズムを解明せんとストームチェイサー(竜巻を追い観測する研究者)として活躍するというのが、物語の縦軸となります。
 
研究班を率いる女リーダー、ジョー・ハーディング博士をヘレン・ハント。彼女と離婚交渉中の夫、ビルはビル・パクストン。ビルの再婚相手、メリッサをジェイミー・ガーツ。ジョーの育ての親、メグ。ライバルの研究者、ジョーナスといったところが主な登場人物です。

でも映画の主役は何と言っても竜巻、ツイスター(ILM作成)。神出鬼没、追い掛け、追い掛けられ。その圧倒的な迫力の前にはひれ伏すしかありません。驚きのシーンを上げていくと・・・。
 
巨大竜巻を追い、車を走らせるジョーとビル。後部座席には成り行きで乗っているメリッサ。その前を飛んで行くものが・・・。看板? いや、生きている牛です!! 今、確かにモォーと鳴いた。驚くジョー、さほど気に留めないビル。あんぐり、言葉がないメリッサ。

成長した牛は250Kg~300Kg。羽根(風受け)もないのに飛ばされるなんて、どれだけの風圧なのでしょう? 笑いながら驚きました。
ξξξξξハリケーン Σ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!

この映画を観た人はみな、このシーンを覚えているに違いない。

別の追跡シーン。最大級(F5)のツイスター。まるで黒い壁。その中を何かが踊っています。あれは一体何? いぶかるジョーとビル。その正体はタンクローリー。目の前に落下、爆発炎上。こんな竜巻が日本に発生したら。でもその次にもっと凄いものが落ちてきて・・・。
 
 
竜巻の映像は迫力満点(特に映画館で観ると)なのですが、そんなシーンばかりでは制作費がかさむ一方。プロデューサの悩みの種だと思います。なので、それらのシーンをつなげるストーリーが必要となります。
この瑛場の場合、その物語に賛否両論。でも「ぴ(否)」の方が多く、それはその年のラジー賞(ジョー・エスターハス記念/興行収入1億ドル以上作品限定最低脚本賞)に選ばれています。私は普通に面白かったですが。

ただ、そう言われると「確かに」と思えることも。気になったのはビルの再婚相手、メリッサの扱い。とてもビルとは合わなさそう。なぜ、惹かれあったのか、不自然に感じました。
竜巻のプロ達の中、素人(しろうと)のメリッサが発する質問。説明が自然にできる、きっかけ役のメリッサ。その役目は十分果たしてました。でも無線越しのジョーとビルの会話を聞き、ビルの思いがまだジョーにあると思うメリッサ。あっさり、さよならを言い、チームを離れます。竜巻の説明は終わったので用無しということか・・・。ジョーたちの追う竜巻が方向を変え、メリッサの去った方に向うとか、そんな展開にしてあげてもよかったかも。

ジョーやビルが竜巻を追うのはそのデータを取るため。そのために開発した装置がドロシーです。ガチャガチャの玉ぐらいの大きさにセンサーを内臓。それが何百とあり、蓋付きのタンクに格納。竜巻が前にきたら、蓋をあけ、ドロシーを吸い上げさせてデータを取るという作戦。収集したデータはすぐにコンピュータに送信されます。
でもなかなかうまくいかないドロシー作戦。行き当たりばったりの失敗続きにストレスが溜まります。牛やトレーラーを吸い上げるツイスターがなぜ?
(^^;
でも最後は成功、大量データがパソコンに送り込まれる様はミニカタルシスです。2017年の今となっては、すべてシュミレーションでデータが取れそうですが。

ジョンの率いる研究チーム(終始遊んでいるように見えますが)の中にいる陽気な大男。どこかで見たことがあると思ったら、
フィリップ・シーモア・ホフマン。後にカポーティで個性的過ぎる主人公を演じることになろうとは、本人も当然知らなかったでしょう。

ネットでツイスターの感想を読み漁っていたら、ツイスターでの彼の演技を褒めているブログがありました。それは竜巻がメグの家に向っていることを聞いた時の表情。なるほど、鋭い。

この映画の日本公開は1997年。阪神淡路大震災の記憶、覚めやらぬころ。大きな地震に驚きましたが、それでもう100年ぐらいは平穏な日々が続くと思っていた私。しかしその後、9.11同時テロに東日本大震災、原発事故。いつミサイルが飛んでくるかわからないし今。温暖化は続き、竜巻発生のニュースもチラホラ出てるし、ツイスターは他所の国の話と安心していられません。
今回は見てて、いつ自分が舞い上げられるか心配になりました。
誰と見るか、どこで見るか。それ以外にいつの時代に見るかによっても、映画の感想は変わるようです。

 


 

薀蓄

映画の中で登場するF2とかF5は、藤田スケールと呼ばれるもの。1971年、シカゴ大学教授(当時)の藤田哲也が、アメリカの国立暴風雨予報センターの局長だったアレン・ピアソンと共に提唱した。主に建築物や樹木等の被害状況に基づいて推定される。
藤田スケールの公式な階級区分は、写真や映像を用いた検証のほか、状況に応じて、竜巻襲来後に地上に形成される渦巻き模様のパターン(サイクロイド状の跡)や気象レーダーのデータ、目撃者の証言、メディア報道や被害画像などを基に決定される。

以下、Youtubeから本物の竜巻映像を


■ Extreme up-close video of tornado near Wray, CO! ■

■ Amazing waterspout ‘tornado’ caught on camera off Australia ■

■ Crazy Tornado Compilation ■

■ Vòi rồng, lốc xoáy kinh hoàng tại KCN Yên Phong – Bắc Ninh ■


 

資料

原題:Twister
コピー:時に、自然は人間の最も恐るべき敵になる-
監督:ヤン・デ・ボン
脚本:マーク・マンシーナ
制作:マーク・マンシーナ
製作総指揮:マーク・マンシーナ
音楽:マーク・マンシーナ
撮影:ジャック・N・グリーン
編集:マイケル・カーン

ジョー・ハーディング博士 / ヘレン・ハント
ビル・ハーディング / ビル・パクストン
メリッサ・リーブス博士 / ジェイミー・ガーツ
ジョーナス・ミラー博士 / ケイリー・エルウィス
メグ・グリーン / ロイス・スミス
ダスティ・デイビス / フィリップ・シーモア・ホフマン

配給:ユニバーサル映画/UIP
公開:1996年7月6日
上映時間:113分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

制作費:$92,000,000

Twister Trailer (20th Anniversary) Fan-made – YouTube

 


 

本編を観るには・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツイスター【Blu-ray】 [ ヘレン・ハント ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2017/5/29時点)

( 楽天市場 )


ツイスター デラックス
・エディション
( オムニセブン )



 

参考・引用

ツイスター (映画) – Wikipedia
映画偏り放題: 映画『ツイスター』 ・・・元気ハツラツな竜巻ディザスターなんだそうです
映画「ツイスター(1996年)」ネタバレあらすじ結末 | hmhm
ポンコツ映画愛護協会『ツイスター』
「ツイスター」 感想 ネタバレ – 他力と自力と
藤田スケール – Wikipedia

更新履歴

初出)2017年05月29日、シネマドローム