怖いけど、笑っちゃうwww。伊藤潤二原作、うずまきの感想です。

 

作品紹介

伊藤潤二原作のB級不条理ホラー
《 うずまき 》を巡って巻き起こる支離滅裂な事件の数々。螺旋階段、ナルト、洗濯機、カタツムリ、カールされた髪、タイヤが・・・、こ、怖い !
(^^;
 
 

 

感想 ~ ネタバレ注意

不条理ホラー

黒渦町に吹いた生暖かい風。一人の男( 大杉漣 )が《 うずまき 》に取り憑かれる。カタツムリを執拗にビデオに取り、みそ汁の具のナルトを夢中で食べる。

息子に《 うずまき 》コレクションを捨てられると激怒、「 まぁいい、《 うずまき 》はものだけではない 」と左右の目をぐるぐると別々に回し始める。

…一体なんなんだこれは?
(;¬_¬)

最後は洗濯機の中に自ら入り《 うずまき 》になって死亡。火葬場で彼が煙になるのを見ていた妻( 高橋惠子 )は、煙が《 うずまき 》を見て絶叫。
以来《 うずまき 》恐怖症になり、ケーキの上のクリームの形も恐れ始め、指紋を削り、やがて自分の頭の中に三半規(カタツムリ)管があることに気付いて…。
(_´Д`)

感情の隙間

商業作品としては失敗していると思います。主役2人の演技は稚拙(ちせつ)、ベテランの演技は空回り、不気味で意味不明の展開、落ちもなく突然終わる物語。
(狙ってそうしてるのでしょうが)

でもそれらを差し引いても余りある、個性がこの映画にはあります。例えば、煙が《 うずまき 》を作るのを見て絶叫する妻の目は、まるで少女漫画の主人公のように2倍の大きさになります。怖がるのところなのか、笑うのところなのか、どう反応したらいいのかわからない、この持て余す感じ。感情の隙間を付かれるもどかしさ。
(*_*) キュー

螺旋階段から投身自殺したクラスメート、笑っている顔を中心にカメラがぐるぐる回ります。桐絵に付き纏うストーカー( 阿部サダヲ )は、振られた腹いせに車に飛び込みタイヤに巻かれ死亡。カールした髪が伸び続け、電線に巻きついて死亡する恭子( 佐伯日菜子※映像なし )。体の水分が増え、背中に貝ができ、校舎を登るヒトマイマイなど等。まだ表情を準備してない感覚ばかり、ぜひとも原作を読んでみたいものです。

うずまき探し

と、いう訳で私の《うずまき》原作本探しが始まりました。BookCafe方南町店(マンガ喫茶)、青山ブックセンター、マンボウ新宿本店(マンガ喫茶)、紀伊国屋書店新宿南店、紀伊国屋書店新宿本店Forest…、結局ありません。
紀伊国屋南店では書籍検索ができ、本店にはあるとの情報でしたが、行って見るとちょうど売れたばかり。その他古本屋も当たりましたがありませんでした。入荷するとすぐに売れてしまうのだとか…。

メジャーではないが、結構コアなファンがいるみたいです。結局、《 富江 》と合せてインターネットで注文してしましました。
早く来ないかな。
o(^-^)o
 

 

資料

原題:うずまき
コピー:気持ち悪くて、気持ちいい
監督:Higuchinsky
脚本:新田隆男
原作:うずまき(伊藤潤二)
制作:宮崎大、三宅澄二
製作総指揮:黒澤満
音楽:鈴木慶一、かしぶち哲郎
主題歌:Do As Infinity「Raven」
撮影:小林元
編集:-

五島桐絵 / 初音映莉子
斎藤秀一 / フィーファン
斎藤敏夫(秀一の父)/ 大杉漣
斎藤雪江(秀一の母)/ 高橋惠子
五島泰雄(桐絵の父)/ 諏訪太朗
山口満(ストーカー)/ 阿部サダヲ
田村一郎(新聞記者)/ 堀内正美
関野恭子(クラスメート)/ 佐伯日菜子

配給:東映
公開:2000年2月11日
上映時間:91分
製作国:日本
言語:日本語

制作費:-

Uzumaki (Trailer Originale Giapponese) – YouTube
Beeマンガ「うずまき」第一話 – YouTube

 

本編を観るには・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:5616円(税込、送料無料) (2018/1/4時点)

( 楽天市場 )


( オムニセブン )

うずまき
( Yahoo! )


参考・引用

うずまき (漫画) – Wikipedia
【トラウマ注意】グロ怖マンガ『伊藤潤二』作品がヤバすぎる… – NAVER まとめ
伊藤潤二が描く「うずまき」の魅力を徹底解説! | festy(フェスティー)
ぐるぐるホラーギャグ漫画【うずまき】伊藤潤二

更新履歴

4稿:2018年01月04日、シネマドローム
3稿:2015年03月14日、シネマドローム
2稿:2010年10月26日、シネマパレード~隼
初出:2005年04月04日、東京つまみ食い