★[ひとこと感想]スイミング・プール

ミステリィ作家のミステリィ。スイミング・プールの感想です。

 

紹介

2003年、フランソワ・オゾン監督のサスペンスミステリー。
初老のミステリー作家サラ、休暇は南仏のリュベロン。出版社社長の別荘で静寂を楽しむ彼女の前に現れたのは社長の娘ジュリー。やがてサラはジュリーを題材に小説を書き始めるが…
 
 

感想

老いたイギリス人女流作家と奔放なフランス娘。眩しい若さ、フォアグラを食べ、毎日違う男を連れ込むジュリーに嫉妬するサラ。どこがミステリーなんだと思っていたら、最後になって急展開、謎の多いままラスト。この映画自体がミステリー。
(+_+)

順当に考えるとジュリーと彼女が引き起こす出来事はすべてサラの空想ということに。でもプールカバーの中の膨らみとか、マルセルの娘の怯えとか、電話にでないジョンとか、鏡とか十字架とか…、映画は観客の空想もを刺激します。実は娘は二人いた、他人のジュリーが娘になりすしてた、ジョンは若い愛人と妻を殺していた等など。辻褄(つじつま)の合わない話を考える私は既に監督の術中に陥(おち)てます。

南仏の休暇は気持ち良さそう。ジュリーとサラを比較するカメラはちょっと残酷。
 
  

薀蓄

監督は自身の公式サイトにおけるこの映画のインタビューで「次々と多くの映画を作り続けて、その想像力の源を聞かれることが多かったので、それに答えるため」、また「映画監督自身よりイギリスの女性推理作家に投影するのが良いだろうと考え」てこの映画を作ったという。
作中の現実と虚構の区別について様々な解釈が示されている。監督も、indieWIREのインタビュー[14]に「空想と現実がどのようにつながっているのか、すごくじらしていますね。現実が空想に転じる決定的な瞬間はあるのですか?」とたずねられて「鍵を渡したくありません。もちろん自分の意見はありますが、結末は謎のままにして、観客各人が思うようにしておきたいのです。観客が自分自身の映画を作ることが出来る映画なのです。」
ジュリーの正体については、「(ジュリーが何者かという)先ほどの質問ですが、結末から来るものです。多くの可能性があると思うのです。最初から架空の人物なのか、出版社社長の実在の娘を基にしているのか、実在の人物で空想に入り込んだのか。」という質問[9]に代表される。 サニエはこれに対して「それは皆さん次第ですね。この映画で私が気に入っているのは、ジュリーはサラの空想を映し出したに過ぎないとしてもいいし、出版社社長の娘で本当に頭がおかしくなっているとしてもいいし、あるいは全てサラの頭の中だと考えてもいい。どう考えるにしても、間違いというわけではないですから。」と答えている。

資料

原題:Swimming Pool
コピー:見る女 見られる女
コピー:プールサイドで起こる、真夏の殺人事件。美しくありたい全女性に贈る華麗なるミステリー。
監督:フランソワ・オゾン
脚本:フランソワ・オゾン、エマニュエル・ベルンエイム
原作:-
制作:オリヴィエ・デルボス、マルク・ミソニエ
音楽:フィリップ・ロンビ
主題歌:-
撮影:ヨリック・ルソー
編集:モニカ・コールマン

サラ・モートン(ミステリー作家)/ シャーロット・ランプリング
ジュリー(ジョンの娘)/ リュディヴィーヌ・サニエ
フランク(レストランウェイター)/ ジャン=マリー・ラムール
ジョン(出版社社長)/ チャールズ・ダンス
マルセル(管理人)/ マルク・ファヨール
マルセルの娘 / ミレイユ・モセ

配給:ギャガ
公開:2004年5月15日
上映時間:102分
製作国:イギリス、フランス
言語:英語、フランス語

興行収入:$22,441,323

スイミング・プール – YouTube

本編を観るには・・・


スイミング・プール
(Blu-ray Disc)
( オムニセブン )


参考・引用

スイミング・プール (映画) – Wikipedia
:: 「スイミング・プール」の謎 | gdd*cinema ::
【映画】スイミング・プール ネタバレ感想~真夏の別荘で起こる殺人事件?謎と疑問点もまとめ! – びーきゅうらいふ!

更新履歴

3稿)2018年06月26日、シネマドローム
2稿)2016年02月11日、シネマドローム
初出)2005年05月09日、東京つまみ食い