もうすぐ続編公開、西遊記~はじまりのはじまり~の感想です。

 

作品紹介

周星馳の新作は誰もが知ってる西遊記、そのエピソード0。鳥山明も「銀河系最強のおもしろさ」と絶賛!?
三蔵法師がまだ玄奘、天竺に向かう前。沙悟浄、猪八戒、孫悟空、お供になるの妖怪たちとの因縁のエピソード。
空虚王子、虎筋蟷螂、天残脚(足じぃ)。オリジナルキャラもたくさん。
2014年11月21日公開。上映時間110分。興行収入215,000,000USドル
 

感想

オープニング

周星馳の新作、西遊記〜はじまりのはじまり〜を日本語吹き替えで見てみました。予備知識ゼロでのDVD鑑賞。小林サッカーとカンフーハッスルは映画館で観たなぁ。またあの、ありえねぇ~シーンが観れるのかな?
暗い音楽の中、浮かび上がる緊箍児(きんこじ)。やぱり、悟空が出てこないと始まらない。ドラゴンボールが世界的に有名な今。どんな悟空か楽しみ。それにしても、空を悟ると書いて悟空、いつ聞いても含蓄のある名だ。
題字と共に「西遊記~はじまりのはじまり~、のはじまり」のナレーション。立木文彦(イッテQのナレータ)の声なので、よけい笑ってしまいましたwwww。斎藤工、貫地谷しほり、山寺宏一、神谷浩史、羽佐間道夫、田中真弓、茶風林・・・、豪華な声優陣だなぁ。
雲をかき分け、カメラが寄るとそこは渓谷の村。そのままカメラはずずずずず~~~~~~~ぃと小船の上の幼い女の子まで寄ります。最初は沙悟浄かな。

水の妖怪 沙悟浄

村を襲う河の怪物。見せ方が巧いです。河から足だけ出し、シンクロナイズで女の子を笑わす父親。しかしその動きが尋常ではなくなって・・・。血に染まる河。導師が呼ばれ、退治したのは巨大なエイ。村人達がエイに怒りの声を上がる中、冷静に「これは犯人ではない」と呟く男。髪の毛フサフサ、ちょっと頼りないけど、これが玄奘、後の三蔵法師(ウェン・ジャン)か。自分を妖怪ハンターと名乗ります。
もう問題ないから、川に入れと導師。初めはおっかなびっくりだった村人はひとり、またひとりと川へ飛び込みます。吊るし上げられた玄奘は近づく黒い影に気が付き、村人達に知らせますが時既に遅し、次々と犠牲者が。陸に上がっても駄目、長い触手が村人を襲います。ついにあの女の子までパクリ。(首だけ残りそうな状況ですが、子供も見てるので直接的な描写はなし)。
その後は、橋を使ったアクロバティックな対決シーン。女の子が食べられちゃった後は、観客の視点を赤ちゃんに。笑いを織り込んだ、フィジカルな展開はスピーディでわかりやすい。でも撮るのも、つなげる(編集する)のも大変だったろうなぁ。
陸に上がった巨大魚。見る見る人間の姿に。改心をするように「童唄(わらべうた)」を歌う玄奘。どこかカンフーハッスル風www。しつこさにムカついて玄奘を殴り始める沙悟浄(リー・ションチン)、ピンチを救ったのは女妖怪ハンター段でした。沙悟浄を小さな袋の中に。緊箍児を取り出す段、この人が悟空?女孫悟空か。演じているのはスー・チー。どこかで、どこかで見たことがあると思ったら、「トランスポーター」でジェイソン・ステイサムに運ばれる中国娘役の女優(ひと)でした。

豚の妖怪 猪八戒

山奥の飯屋。出されるのは豚の姿焼き、店の主はイケメン。しかしてその実態は・・・。
玄奘がみた死屍累々。妖怪ハンターだと正体を明かした後のペッピリ腰。再び、段が助けに入ります。繰り出すパンチにソフビ人形のようにピーピーと音を出し、顔がめり込みます。地味にCGが凄い。たたき続けると爆発、砂になって散っていきます。ゾンビゲームみたい。子供も見てるからなぁ~・・・、ってこれは子供向けの映画だし。
雑魚には緊箍児の大安売り、残るは・・・。
意外に強敵な猪八戒。テカテカ顔が健康そのもの。緊箍児攻撃に鼻がでて、耳が出て、腹が出て・・。でも結局、逃げられてしまいます。服を脱ぎ、傷の手当てをする段。感謝する玄奘に、キスを要求する段。えっ、・・・ここでラブコメになったか。

美人妖怪ハンター 段

実は段は妖怪ハンター団のお頭。なんとか玄奘をものにしようとしますが・・・。段には手塚治虫の強い女性キャラを思い起こさせれます。「童歌だけで妖怪に対峙なんて、すごい度胸」何度振られても、玄奘を放っておけない段。オリジナルキャラと言うことは、 緊箍児は不吉なフラグと言うことに。
段の妹的存在、スーメイ。可愛いし、スタイルもよし、お色気のもある。段役は彼女の方が良かったのでは・・・。どちらが美人かというとスー・チーの方が一歩リードしてそうですが。スーメイ役はクリッシー・チャウという人。香港のグラビアアイドルらしいです。
猪八戒が罠にかかり、戦闘体制の妖怪ハンター団。でも全く歯が立たず、逃げの一手。そこに現れたのが3人の妖怪ハンター、虎筋蟷螂(とらすじかまきり)、天残脚(足じぃ)、空虚王子。みな懸賞金の高い猪八戒を狙ってます。でもここは紹介程度の登場、能力は不明。あれこれ、猪八戒はどこいった?
段と玄奘は喧嘩別れ、玄奘は師匠の元に戻り、孫悟空を探す旅にでます。師匠の言う玄奘に足りないものとは?子守唄は役に立つのか?もうしゃく(時間)も無いけど大丈夫か・・・。
!Σ( ̄□ ̄;)

妖怪王 孫悟空

悟空はお釈迦様に山( 五指山)の上の穴の中に閉じ込められ、すでに500年が過ぎたという設定。落武者みたいな頭のオジサン。古田新太を小さくした感じ。人の良さそうな素振りは、なんとか玄奘を騙し、封印を解かせようとの魂胆が見え隠れしてます。確かに新しいけど、悟空がズルいと言うのは・・・。まぁ、500年はそれほど長いということで。なので封印が解かれた後、悟空はズルさなど必要ない、圧倒的なパワーを見せます。?
孫悟空vsカマキリ・・・虎でいて蟷螂。パワーとスピードを兼ね備えていると言うことか、スタープラチナということか?ここしか目立つシーンがないのに、悟空の相手にならず。一噛み、二噛み、三噛みで決着。カンフーハッスルでは、五形拳が、かっこよかったのに。
孫悟空vs足じぃ・・・この映画で一番キャラが立ってる足じぃ。普段は萎んでいる右足は気の力で巨大化、象皮病どころではありません。
ゆっくりと迫ってくる足の描写は、重さの持つと慣性力の強さを見事に表現。悟空ピンチかっ!ってこともなく、踏みつけられても足を貫通。痛いんだよね、あれ。
孫悟空vs空虚王子・・・いろいろ癖のある王子。武器は投げ剣?カンフーハッスルの琴奏者みたいです。一番頑張りましたが、最後は燃えちゃいました。
孫悟空vs段・・・段まであっけなく殺してしまう孫悟空。他の妖怪ハンターは殺されてもそれはそれですが、ヒロインまで殺してしまうと悟空の高感度、大幅ダウン。続編への影響が心配です。そして悟空は玄奘、そのバックに控える宿敵、仏との対決へ。これは・・・。
!Σ( ̄□ ̄;)

そして天竺へ

天竺へと向かう4人。4人横に並べばこの音楽、Gメン’75。・・・って、香港でもやってたのかなぁ。柔道一直線のBGMも入っていたらしいし。天竺への旅。名所旧跡、温泉美女にご当地グルメの数々が楽しみです。www
続編は2016年にクランクアップとのことでした。
 
 

 

薀蓄

この映画はドラゴンボールにインスパイアされて作られたもの・・・らしい。
 (^。^)
猪八戒の犠牲になるカップル。イケメンといわれていた男は「少林サッカー」で変なダンスを踊ったホー・マンファイ(何文輝)。カンフーハッスルでは半ケツの理髪師役。
残酷描写のせいでPG12指定であり、実際に本国では泣き出す子どもも続出した。
 
 

資料

原題:西游·降魔篇
コピー:誰もが知っている「西遊記」 誰もが知らなかった「孫悟空」
監督:チャウ・シンチー
共同監督:デレク・クォック
脚本:チャウ・シンチー、デレク・クォック、ローラ・フオ、ワン・ユン、ファン・チーチャン、ルー・ゼンユー、リー・シェン・チン、アイビー・コン
原作:西遊記(呉承恩)
制作:チャウ・シンチー、アイビー・コン
製作総指揮:エレン・エリアソフ、ドン・ピン、ビル・コン
音楽:レイモンド・ウォン
撮影:チョイ・サンフェイ
アクション指導:クー・フェンチウ
編集:チャン・チーワイ

玄奘(三蔵法師):ウェン・ジャン(日本語吹替:斎藤工)
段:スー・チー(日本語吹替:貫地谷しほり)
孫悟空:ホアン・ボー(日本語吹替:山寺宏一)
空虚王子:ショウ・ルオ(日本語吹替:神谷浩史)
沙悟浄:リー・ションチン(イメージキャスト:箕輪はるか)
猪八戒:チェン・ビンキャン(イメージキャスト:近藤春菜)
天残脚(足じぃ):チャン・チャオリー(日本語吹替:羽佐間道夫)
チビ助:(日本語吹替:田中真弓)
スーメイ:クリッシー・チャウ(日本語吹替:桜 稲垣早希)
玄奘の師匠:程思寒(日本語吹替:茶風林)
虎筋蟷螂(とらすじかまきり)アニキ:シン・ユー(日本語吹替:立木文彦)
花おばさん:(日本語吹替:野沢雅子)

配給:日活=東宝東和
公開:2014年11月21日
上映時間:110分
製作国:香港
言語:普通話

興行収入: 215,000,000USドル

映画「西遊記~はじまりのはじまり~」予告編 – YouTube


本編を観るには・・・

( 楽天市場 )


西遊記 ~はじまりのはじまり~
(Blu-ray Disc)
( オムニセブン )


参考・引用

2014年11月21日公開 映画『西遊記~はじまりのはじまり~』公式サイト
西遊記〜はじまりのはじまり〜 – Wikipedia
/a>
西遊記 はじまりのはじまり(字幕版)(ネタバレ)|三角絞めでつかまえて
【ネタバレ】西遊記~はじまりのはじまり~ 観てきました【バレバレ】 – ごくまトリックス
柔道一直線 – ユーザーレビュー – 西遊記 ~はじまりのはじまり~ – 作品 – Yahoo!映画
仏の慈悲 映画「西遊記~はじまりのはじまり~」ネタバレなし感想+ネタバレレビュー カゲヒナタのレビュー
 
 


■ チャウ・シンチーの大ヒット作続編がついに公開/映画『西遊記2 ~妖怪の逆襲~』予告編 ■

更新履歴

2稿)2017年08月16日、シネマドローム
初出)2015年06月03日、シネマドローム