原作は1950年出版、アイ,ロボットの感想です。

 

作品紹介

ウィル・スミス主演の近未来SF。
2035年シカゴ。ロボットが高度に進化し、3原則の元、人と平和に共存する世界。ロボットの生みの親、ラニング博士の自殺に疑問を持った刑事は、新型ロボットNS-5に疑いを持ち始める。
NS-5(ロボット)の豊かな表情、反乱ロボットのモブ(群集)シーンが見物(みもの)
 


 

感想

最新のSFXが目を引くが、内容は人間対ロボットと古典的。CGでの表現物に重さが感じられないのが残念、リアルさが欠けてしまう。
サニー(NS-5)の半透明なジェル状の顔が、表情豊かで驚かされる。それでいて敵か味方か最後までわからないポーカーフェイス。
(^^;
ロボット3原則を信じている社会という設定が滑稽(こっけい)。セキュリティーホールやコンピュータウイルスのニュースが当たり前の今、描かれている未来に古き良き時代を感じる。
ロボット嫌いな刑事、嫌いな理由にちょっと納得。本当の黒幕とその理由があっさり描かれていて印象に残る。
 


 

薀蓄

原典はアイザック・アシモフの短編集『われはロボット』であるが、実際には脚本家のジェフ・ヴィンターのオリジナル脚本であるロボットが殺人を犯すミステリー作品『ハードワイヤー』のシナリオである。そのシナリオを、監督のアレックス・プロヤスが『われはロボット』のエピソードの一つのように映画化しようと練り直して、本作が作成された。
世界観や登場人物・企業名は踏襲しているものの、「ロボット嫌いの刑事がロボット工学三原則が鍵となった事件に挑む」というコンセプトは、むしろ同じアシモフのロボット長編『鋼鉄都市』に近い。
登場する車にはタイヤがボールのような形状となっている。これはアレックス・プロヤス本人によるデザインである。
アシモフの原典に登場するロボットメーカーの名は「U.S.ロボット&機械人間社(U.S. Robots and Mechanical Men, Inc.)」または通称「U.S.ロボット(U.S. Robots)」だが、映画に登場するのは「U.S.ロボティクス(U.S. Robotics)」である。
U.S.ロボティクスはシカゴ近郊のシャンバーグに実在する会社で、アシモフのU.S.ロボットにちなんで名づけられた。映画に登場するロゴも、実際のものに似ている。なお、ロボティクス自体もアシモフによる造語である。

 
iRobotという会社が実在する。家庭用掃除ロボットなどを開発。(『ルンバ』と言う名で日本でも販売)。その経験を元に現在、米陸軍向けの偵察ロボット車両を開発中。地雷探査ロボット『パックボット』は既にアフガニスタン、イラク両戦争で活用実績があり
 


 

資料

原題:I, ROBOT
コピー:ルールは破られた、未来は守れるか。
監督:アレックス・プロヤス
脚本:アキヴァ・ゴールズマン、ジェフ・ヴィンター
原案:ジェフ・ヴィンター
原作:アイザック・アシモフ
制作:ジョン・デイヴィス、ウィック・ゴッドフレイ、トファー・ダウ、ローレンス・マーク
製作総指揮:ジェームズ・ラシター、トニー・ロマーノ、ミシェル・シェーン、ウィル・スミス
音楽:マルコ・ベルトラミ
主題歌:
撮影:サイモン・ダガン
編集:リチャード・リーロイド、アーメン・ミナシアン、ウィリアム・ホイ

デル・スプーナー刑事 / ウィル・スミス
スーザン・カルヴィン博士 / ブリジット・モイナハン
サニー / アラン・テュディック(動作・声)
アルフレッド・ラニング博士 / ジェームズ・クロムウェル
ローレンス・ロバートソン / ブルース・グリーンウッド
祖母 / エイドリアン・L・リカード
ジョン・バーギン警部補 / シャイ・マクブライド
ヴィキ(V.I.K.I) / フィオナ・ホーガン
ファーバー / シャイア・ラブーフ
刑事(スプーナーを馬鹿にした同僚)/クレイグ・マーチ

配給:20世紀フォックス
公開:2004年9月18日
上映時間:1時間45分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

制作費:1億2000万ドル

アイ,ロボット 予告編 -I,Robot- – YouTube

本編を観るには・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2538円(税込、送料無料) (2017/11/7時点)

( 楽天市場 )


アイ,ロボット(Blu-ray Disc)
( オムニセブン )


参考・引用

アイ,ロボット – Wikipedia
超映画批評『アイ,ロボット』50点(100点満点中)
ウィル・スミス主演『アイ, ロボット』ネタバレ映画感想 – 1年で365本ひたすら映画を観まくる日記

更新履歴

2稿)2017年11月07日、シネマドローム
初出)2005年04月04日、東京つまみ食い