ハリソン・フォードが痛々しい、インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国の感想です。
 

 

作品紹介

インディ・ジョーンズ シリーズの第4作目。人気アドベンチャーが19年ぶりに復活。
前作の『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』から19年後、第二次世界大戦後が舞台。敵はナチス・ドイツに変わって冷戦時代のソビエト連邦に。



 

 

感想 ~ ネタバレあり

まんが喫茶で映画を。前回の《 Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! 》に続いて、今回(と言っても2008年の暮れの話ですが)は《インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの謎》。去年の全米映画興行成績、No.3の話題作です。
19年振りの続編は第3作の19年後という設定。面白くなさそうだなと思って観たら、そのまま面白くありませんでした。ふつう期待しないでみると、それなりに面白いものなんですが…。
(^_^;

見渡す限りの荒れ地、それを無口に分ける1本のアスファルト。軍事用のジープが隊列を組み、静かに進みます。突然、横につけたのはオープンカー。古き良きアメリカ、その終わりを告げる若者たち。はしゃぐ男と女、羨ましげに眺める兵士。巨大な建物が現れると、ジープは何事もなかったよう。道を折れ、目的地の前、ゆっくりと止まります。

ドアが開いた拍子にこぼれ落ちたフェドーラ帽。(おぉ、この帽子は)。偽装アメリカ陸軍(正体はソ連軍兵士)に押し出されたジョーンズ博士は、それでも不敵な笑み。巨大な倉庫の中、物(ぶつ)の捜索を命じられたジョーンズ博士は火薬を宙に投げます。吸い寄せられるように空を動く火薬。(ほほぅ、これは面白い。これはひょっとすると…)。ちょっとここで期待しましたが、捜し物が宇宙人の死体(それもグレイタイプ)だった辺りで興醒め。その後逃げ込んだ民家が、原爆実験用のマネキンの家で、冷蔵庫に入り込み難を逃れる辺りでがっかり。ず~と先で、マットがインディの子供とわかる辺りで幻滅しました。
(==;

ちょっとシナリオが分かり易すぎ。老若男女、誰でもストーリーが分かりますが、謎めいた伏線くらいほしかった。前作までも冒険もののルールを無視したところがありました。でも今回のコピペ主義には脱力です。SFXもなんか、大道具ぽいし。

※一回しか観てないので、説明したシーンに多少捏造が含まれてます。
(^_^;

日本でも収入は57億円。興行成績的にはこの映画は大成功。多くの人が面白かったと言うかもしれません。でも私は残念、だっていままで…。

生まれては消える続編作成の噂に一喜一憂。クランクインしたと聞いては期待に胸を膨らませ、ネットでスチール写真を見つけては、本当にやるんだと安心。思わせ振りの数十秒のトレーラーが、フルトレーラーに替わり、それに日本語の字幕がついて…。(やっぱりどんな映画も初めて予告を見る時が1番印象深い)。見るまではと、他のサイトのコメントや評価も読まずにいたのに。

良い悪いとは別次元。感動は期待してないけど、せめてドキドキはしたかった。《あっ》と言わされるシーンが1つぐらいほしかったなぁ。
 


 

おまけ

餞(はなむけ)に、このシリーズで《あっ》と言った場面を振り返ってみよっと。

第1作 レイダース/失われたアーク《聖櫃》

φ 手のひらにラーの杖飾りの跡
φ ヌンチャク・ハンガー
φ ゲシュタポの熔ける顔

第2作 インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説

φ No More パラシュート!
φ 虫の洞窟
φ 外に出たら断崖絶壁
φ 吊り橋の真ん中で吊り橋を切断

第3作 インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

φ 戦闘機v.s.コウモリ傘
φ 見えない橋

薀蓄

総制作費は1億8500万ドルとなったが、これは制作費が安いことで知られるスピルバーグ監督作品において、過去最高額の制作費である。
保管庫からインディが逃げ出す際、壊れた木箱から『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』に登場した聖櫃が顔をのぞかせている。
マリオンとインディが最初に出会う際、マリオンが言う「インディアナ・ジョーンズ…」のセリフの口調は、『レイダース-失われたアーク-』でマリオンとインディが出会ったときにマリオンが言った「インディアナ・ジョーンズ…」のセリフと同じイントネーションで再現されている。
図書館に迷い込むシーンにて、インディが居合わせた学生たちに「図書館なんかに真理は無いぞ」「真理は現場にある」と言う台詞があるが、これは19年前の前作『最後の聖戦』での講義中に「真理は図書館にある」「宝の地図のX印を掘って宝が出たためしは無いのだ」と生徒に説いていた台詞に対応しており、わざと全く逆のことをしゃべらせている。
この映画に落胆した一部のファンによって、映画シリーズがピークを過ぎ、つまらなくなった点を表す「nuke the fridge」(核の冷蔵庫)というフレーズが生みだされた。これは、インディ・ジョーンズが核爆発を冷蔵庫に隠れることで逃れるシーンから来ている。既存の、テレビにおける「jumping the shark」とほぼ同意である。
シャイア・ラブーフは2010年9月に行ったインタビューで「人々に愛されている名作を失敗させてしまった。脚本家やスティーヴン・スピルバーグ監督のせいにすることもできるけど、与えられたものをよく見せるのが俳優の仕事。僕はそれができなかった。ハリソンとも話したけど、彼も出来栄えには満足していなかったよ」と語っている。
最終興行収入は全世界で7億8千万ドルとなった。これは『インディ・ジョーンズ』シリーズでは最高の興行収入である。

 
ラスト、不評だったエンディングにスピルバーグは「あれはルーカスのアイデアで、私のせいじゃないですよ」と謝罪した。

資料

原題:Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull
コピー:全世界待望─新たなる秘宝を求め、史上空前の冒険が始まる!
監督:スティーヴン・スピルバーグ
脚本:デヴィッド・コープ
原案:ジョージ・ルーカス、ジェフ・ナサンソン
制作:フランク・マーシャル
製作総指揮:ジョージ・ルーカス、キャスリーン・ケネディ
音楽:ジョン・ウィリアムズ
主題歌:ー
撮影:ヤヌス・カミンスキー
編集:マイケル・カーン

インディアナ・ジョーンズ(考古学の教授)/ ハリソン・フォード
マリオン・レイヴンウッド(インディの昔の恋人)/ カレン・アレン
マット・ウィリアムズ(マリオンの息子)/ シャイア・ラブーフ
ジョージ・マクヘイル(元MI6の局員)/ レイ・ウィンストン
オックスリー教授 / ジョン・ハート
スタンフォース学部長 / ジム・ブロードベント
イリーナ・スパルコ(ソ連軍の大佐)/ ケイト・ブランシェット

配給:パラマウント映画
公開:2008年6月21日
上映時間:123分
製作国:アメリカ合衆国
言語:英語

制作費:$185,000,000

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 – 予告編 – YouTube


 
 
 

本編を観るには・・・

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1000円(税込、送料無料) (2017/10/10時点)

( 楽天市場 )


インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
( オムニセブン )


参考・引用

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 – Wikipedia
『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』ネタバレ感想 – 1年で365本ひたすら映画を観まくる日記
超映画批評『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』75点(100点満点中)
裏#63 ネタバレ 驚愕の『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 (伊藤Pのブログ)

更新履歴

2稿)2017年10月10日、シネマドローム
初出)2009年02月16日、東京つまみ食い