★ 2018年01月29日 運命がレモンをくれたら、それでレモネードを作る努力をしよう 号

近況報告 / 更新記録 / タイトル


 ドロンジョとブラックジャック

山手線の中で見た広告。面白いと思ったら、Youtubeにも。婚活支援サービス、パートナーエージェントのCMです。なんとドロンジョとブラックジャックがお見合い。動画が7話あったので全部見てみました。

ドロンジョはタツノコアニメバージョン、ブラックジャックはチャンピオンコミック白黒バージョン。会話に二人のキャラが出ています、お見合いのあるある感も笑えます。こんなところ。

ドロンジョが「私、結婚しても仕事は続けたいんですけど、だいじょぶですか?」聞くと、ブラックジャック「もちろん、女性の社会進出には理解があるつもりです」と答えます。逆にどんな仕事をしてるんですかと尋ねると、ドロンジョは「世界制服です」と答えます。www
年収を確かめたいドロンジョ。ストレートには聞けないとこんな質問。「便座の温度は高い方ですか?」なぜそれが知りたいんですかと、聞かれ慌てるドロンジョ。「マイブーム、なんです」とかわします。

「言わなければならないことが」とブラックジャック。「遠慮なくおっしゃって」とドロンジョ。「実は私には娘がいます」「誰にでも過去はあります。構いませんわ」「彼女は自分を妻だと言い張ってます。」「・・・」

結婚しない人が増えているのは世界的な流れのよう。でも結婚したくないのではなく、相手が見つからないだけのような気がします。今のようにいろいろと情報が多くあると、そうなるんだと思います。

私も昔、お見合いやカップリングパーティに行ったことがあります。でも無理に見つけようとしてもダメ。なかなかぴったり気の会う人は見つからないもの。性格は変わるので、気質が同じ人を探すのが重要です。見つからなかった時はそれはそれ。後悔しないように、じっくり探せばいいのでは思います。
 


■ 公式|[ドロンジョとブラック・ジャック 全七話総集編] by パートナーエージェント ■

 


更新記録

(2018年01月15日 ~ 2018年01月21日)

※ サイドバーにも各サイトへのリンクがあります。


タイトルの言葉


デールカーネギーの「道は開ける」より。そう、鴨がネギを背負ってくるようなことは、そうあるものではありません。

私の座右の銘は「臨機応変」です。世の中のことに関しては、何かをこうしようという気概はなし。放っておいて、悪化してきたら何らかの手を打つ感じです。それも早く片付けたい。なので臨機応変な対応が必要となります。

目で半分外(世の中)を見て、半分内(自分)を見ている私。外にはレモンは落ちていないと知っています。自分の中にレモンを見つけてから幾年月。それをレモネードにするのに夢中。でもこれがなかなか。こうしているうちに老いぼれてしまうのかなぁ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »