★ 2018年01月22日 神は人々に食物をつかわしたが、悪魔は料理人をつかわした 号

近況報告 / 更新記録 / タイトル


 ニュースに思う(晴れの日にトンズラ、ドーピング盛り)

※ 先週アップする予定だった記事ができたので、あげておきます。

今年になったばかりなのに、驚かされるニュースが2つも。1つは「はれのひ」の社長トンズラ事件、もう1つはカヌー選手のドーピング盛り事件です。

成人式と言えば、新成人の会場での大暴れが定番。ニュース番組をそれように枠を準備してたと思いますが、それを吹き飛ばす事件が。

晴れの日に、はれのひの、晴れ着がない!

高額な晴れ着を、着付けサービスや記念撮影をエサに購入、レンタル、または預けさせ、成人式当日にドロン。お詫びの会見すら開かないとは。ニュース番組では、他の晴れ着を調達、なんとか成人式に間に合った女性の映像が。嬉しそう、それでも嬉しいのか・・・。
(--;

さて、ニュースを見て感じたことは。

まず、成人式に親がついて行くんだということ。成人でもう親から独立という日に、親がついていく(着付けだけ?)のに違和感がありました。男女の差はあるのでしょうが、風葉家の場合は勝手にやってという感じでした。私は風邪気味を理由に式には行きませんでした。
せっかくの休日(大学時代はバイトとクラブで土日がなかった)、ゆっくり休んでましたが。

着物を購入する人、レンタルする人、親類のお下がりを着る人。親の格差で成人式も変わるんだなぁという想いも。スタート時点で大きく差があるんだなぁという気もしました。

もちろん、トンズラー(とんずら社長)は許せないという気持ちもあります。計画的というより、行き当たりばったりのような気が。でもそちらはこれから、きっとマスコミが捕まえるんじゃないでしょうか。

カヌー選手のドーピング盛り事件にも驚きました。日本人が日本人に対して行ったこと、犯人の自首で明かになったこと、仲のいい先輩の犯行だったこと。

この選手は一度引退、でも同じカヌー選手だった妻に勧められ復帰、そしてこの犯行を犯したとのこと。年齢的にも最後のオリンピック出場のチャンス。気持ちがわからないではありません。でも私にはわからない部分が多いです。

まず相手選手を有利にする犯行ということ。もしドープングが利いて、世界新記録でも出したら、一発で自分の出場チャンスはなくなります。それでもやるということは、私なんかが考えているより、遥かに厳密に検査が行われているということなんでしょうか。

道具を隠したりとかもしてたとのことですが、昭和の少女漫画の世界。普通(?)やるんだったら、カヌーを沈むようにして、脱出も不可能に細工。溺れ殺すとかだと思うのですが、相手は可愛いい後輩。後輩は次回頑張ってもらうつもりだったのかなぁ。

オリンピックに出たいという気持ちもわからない。親から英才教育を受け、それしか頭にない人だったのでしょうか。オリンピック出場なんて生贄の一つ。有名になって、付け回わされるし、成績悪ければ、デスられる。体は若くしてボロボロになると思うんだけどなぁ。

今年も日本は波乱万丈だなぁ~、きっと。自分はもっとたいへんな気もしますが・・・。
(@_@;)


更新記録

(2018年01月09日 ~ 2018年01月14日)

※ サイドバーにも各サイトへのリンクがあります。


タイトルの言葉


ロシアの小説家、レフ・ニコラエヴィチ・トルストイの《 読書の輪 》より。
 
恒例の年末イベント。今年は銀座SIXの旬熟成肉の店を予約しました。これが高級悪魔の為せる業か・・・。

食べ料理は こちらに、いただいたプレゼントは こちらに アップしましたので、よろしければどうぞ。
 


旬熟成 GINZA GRILL ~ 旬熟成GRILLスペシャルコース
 

ネロ イントレチャート ナッパ ジップアラウンドウォレット

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »