★ 2017年02月26日 あれから10年経ちますが、この国でも私の作品は、“邪悪で、退廃的で、安っぽい”と酷評され続けています! 号

近況報告 / 更新記録 / タイトル


 七人、免許が失効しているのに気が付く(3)

前回からの続きです。

試験当日。会社ヘ行くよりも早起きして免許センターへ。高崎線と宇都宮線を間違えそうになりながらも、なんとか時間通り鴻巣へ。バスに乗って一直線、免許センターへ到着です。
 


 
なんだか凄い人、人、人。これだけ毎日、新しく免許を取る人がいるのかと思うと驚きです。でも係りの人の誘導がうまく、混乱はありません。凄いなぁ。

書類を書いて、写真を撮って、貼り付けて。最近は代書屋ってないのかな。受付で再発行であることを告げると興味を持つ係りの人。免許を失効させたというと、さらに興味を持ったもよう。差し障りなければ、教習所にかかった費用や時間を聞かれました。普段は教員をしていて、講習の参考にしたいとのこと。ありのままに話し、付け加えました。

「 絶対に免許の書き換えを忘れてはいけません! 」m(^^)

と伝えてください。

いよいよ試験開始。この日のために買ったマークシート試験用の鉛筆セットを机の上へ。やっぱり若い人が多いなぁ、私の前の席はイケイケのお姉さんです。受かるかなぁ? 他人事ながら心配です。

試験開始。解答をスラスラ。不安が残るところは★印をつけて・・・と。時間がだいぶ余ったので、★印の問題だけ見直します。よし、変更なし。5分ぐらい前に席を立ちました。

合否の判定は午後。それまで何をしていよう? センターの周りを散策していたら、スーパーを発見。弁当を買って、イートインコーナーで食べました。受かったかなぁ、受からなかったかなぁ。
 

昼休み終了。電子掲示板の前に集まる受験生。合格番号が発表になります。わくわく。あった、合格。よかった、よかった。・・・って当然かも。労力をかけ過ぎたかな。でもそれは合格した今だから思えるのかも。

合格証を受け取りに試験を受けた教室へ、先ほどと同じ席に座ります。ちょっと疎らに。おぉ、前のイケイケのお姉さんも合格です。なるほど。

合格証を渡して回る係りの人。私の前で止まり、私の顔を覗(うかが)っています。

「 えっ!なんでしょうか? 」
「 おめでとうございます。万点合格です 」
「 ファッ!? 」

・・・これはちょっとうれしい。私の頭の中を苦労した日々が走馬灯のように駆け巡ります。車の代わりに自転車で夕飯の買出しに回った日々、教習所の周りで食べた美味しいラーメンの味。(@@。

それに来週は父の退院。なんとか免許が間に合ったか。ふぅ・・・。

おわり

初めから読む


更新記録

(2017年02月12日 ~ 2017年02月18日)

 
※ サイドバーにも各サイトへのリンクがあります。


タイトルの言葉


ロボコップ、トータルリコール、氷の微笑。連続ヒットでその名を知らしめたポール・バーホーベン監督。しかし次のショーガールで躓きます。映画評論、観客から総スカンを喰らいます。
タイトルはショーガールでラジー賞を総なめにした監督が、受賞スピーチで話した言葉です。潔いなぁ~。
バーホーベン監督については、こちらに詳しく書いたので、よかったらどうぞ。

★[監督]ポール・バーホーベンのすべて – シネマドローム


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »