★ 2017年01月01日 鍋に火をつけたまま店を離れ、戻ってきたら火が出ていた 号

近況報告 / 更新記録 / タイトル


◆ ドレミファインバータ

● 千葉ニュータウンからの帰り、京急電車に乗ることが。三崎口行きです。印象的な赤い車両。大きな窓。車両の前と後を閉める左右のボックス席。ゆったり、レトロな感じが好き。車窓をながめながら、何処か遠くに行きたくなります。
でもこの電車の魅力はそれだけではありません。発車する時に発する特殊な音、ちょっと音痴なドレミファソラシド。これです。

※スマホで録音した音声(amr)ファイルは、うまくPC用に変換できなかったので、Youtubeにアップしてあった動画を紹介します。


■ イイ音♪ 京急のドレミファインバーター ■

● この音はドイツ、ジーメンス社製のインバータを使ったいるから。どう考えてもワザと出しているとしか思えないこの音。音でインバータの状態を確認できるということなんでしょうか? どうせならバッファとかベートーベンとかにすればいいのに、・・・さすがに煩いか。

● 改めて山手線や京王線の発信音を聞いてみると、それぞれ個性が。一口で電車といってもいろいろ。なんでもそうですが、それぞれ個性があり、それが世界を魅力的にしているのだと思います。


◆ 更新記録

(2016年12月18日 ~ 2016年12月25日)

 
※ サイドバーにも各サイトへのリンクがあります。


◆ タイトルの言葉


● 糸魚川火災。強風と乾燥、そうだとしてもここ(150棟)まで延焼するとは。一体原因は? 火元の中華店の主の証言が今回のタイトルです。主は針の筵(むしろ)状態だろうなぁ。
 
● 風葉家も一番の心配は火事。ガスコンロは自動停止装置が付いているし、ファンヒータの灯油も切らさないように注意してますが、家を離れているときは心配。火事なんて出したら済んでいられなくなっちゃうし。失火法においても、「重過失」があった場合にだけは損害賠償責任が発生するらしい。親がボケていて・・・っていっても許してもらえないだろうしなぁ。
 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »