★ 2016年01月17日 自分の奥さんは今よくわかんない場所にいるんだよ~ もしこれを見てたら出てきなさいよ~ 号


◆ 大事件!!

● 『 あ~ッ 』
突然、Kさんが声を上げました。驚いて振り返ると、体が垂直に延び、目を見開いた彼女の姿。なにかとても重要な忘れ物にでも気付いたのかと思った次の瞬間、その指さす先にバイクの影、角を曲がり姿を消します。

『 バックを盗まれたっ!警察に電話してぇ~ 』

そういいながら、バイクとは反対方向に走り出します。
・・・。
え~~~っ。
(O_o)

ようやく(といっても3秒程度)状況に気付く私。ケータイを取り出し、通報しながら悔しがります。あぁ、犯人を撮ればよかった。胸ポケットのデジカメが行き場を失ってます。

● 大通りから少し離れた住宅街。静かでいいところだねと話していた、ちょうどその矢先の出来事。それにしても素早い。これは準備万端、手慣れたプロの手口。犯人の逃げた方向に追いながら、現場の位置を警察に説明。

《 え~と、ここはですね。伊勢丹の入り口から線路を越えて、…なんていうとこなんだろうこの辺は? 》。

すると遠くで《 捕まえてぇ~ 》というKさんの声が。まずい、彼女の方が先に、犯人を見つけたらしい。深追いして怪我でもしたら。
(*_*)

私もUターン、大急ぎで大通りの方へ。途中、電信柱の表示で住所を把握、電信柱って役にたつこともあるんだ。

● Kさんと合流。よかった、無事のよう、息を切らせながら彼女が話します。地元の彼女、犯人の逃走経路を予想、追いかけたが逃げられたらしい。犯人(ホシ)とすれ違ったおじさんに様子を聞いたが駄目だったとか。…なんて、たくましい人。。
(+_+;

しかしその時、二人に近づく怪しい人影。安物のネックシャツにヨレれたスラックス。腰には小さなヒップバックが。反射的に私はこの男が犯人と分かりました。顔を見られたための口封じか、身構えるKさん。あと1メートル、もう70センチ、あぁ~既に10cm。慣れた手つきで腰から出したものは....。

《 通報された方ですよね 》

私は生まれて初めて警察手帳というものを見ました。なんだ、刑事さんだったのか。

● あとから刑事さんがもう一人。如何にもおじさんが着てそうなポロシャツに地味なスラックス。やはりパチンコ屋でタバコでも吹かしてそうな風体。隠密捜査中か、はたまた麻薬Gメンか。パトカーも登場、コンビニ前に集結です。

《 住宅街を歩いていたら、後ろから引たくりバイクが 》

人が増える度に状況を初めから説明、けっこう疲れます。でもなんでもいい、早く犯人を捕まえて!!
(>_<) 

● ハリウッド映画にでもでてきそう、大柄な警察官(制服を着ている)が登場。それぞれが挨拶、階級はみんなより上らしい。それにしても大きいなぁ、やっぱり休み時間にはドーナツ食べるのかな。歩いて現場へ、刑事さん達はもう姿を消してます。
何度か犯人の容姿を聞かれましたが、私の頭の中はホワイトアウト状態。

~ ヘルメットを被っていて、原付きにバイク乗っていて。ナンバープレート?・・・さぁ、付いてたようですが。服の色? ・・・なにしろ、すぐに角を曲がっちゃったので ~

道路側の手にバックを持つのは危険らしい、コンビニでお金を下ろしたかも聞かれました。警察関係者全員が一様に驚いたのは、二人でいるところを狙われたこと。これは結構大胆なことらしい、なめられたのか、ますます癪(しゃく)にさわります。
(-_-メ)

● X(バツ)を書いて現場検証終了。ヨレヨレのレインコートの刑事(ひと)や、ヨーヨーを持ったスケバン(ひと)、リムジンに乗った富豪(ひと)、死体と同じ格好で横たわり空を見上げ鼻歌をする刑事(ひと)は出て来ないのかな、やっぱり。残念。

商用ワゴンのような車で駅前の交番へ。今度は事情聴取らしい。でもその前にケータイを止めて、クレジットカード会社も連絡をしなければ。考えるだけでグッタリ。Kさんの様子は普段と変わらないように見えるけど本当は…。
無線が入ったもよう。防犯カメラの映像に犯人の姿はなかったらしい。そうか、刑事さんはもう聞き込みにいってるんだ。ひとつはコンビニらしいが、もうひとつってどこだろう?事情聴取中にスピード逮捕なんてことはないかな。既に駅前、混雑のロータリーにするりと車は停車。そして交番の中へ。 交番? ここって本当に交番なの? 随分とイメージが違うぞ。

● まず扉が引き戸、開けるとガラガラ。見通しがよいガラス戸は独特の音を立てます。それにしても建て付けが悪いなぁ。中に入ると目の前すぐに、木製のカウンター、妙に横に長い。これも年期が入っています。薄(うっ)すらとくすんだ壁には何故か油絵が。壁に同化する茶色(!?)い花の絵って一体…。入り口からカウンターまでは椅子一個分の幅しかありませんが、それは奥も同じ。警察の人3名ほどが狭い中で、慌ただしく働いてます。

《 伊勢丹はどこですか? 》

と初老の夫婦が道を尋ねてきました。左手の人(背広姿)が対応、でも慣れていないらしく、目の前の地図が見つからず、見つかった地図に伊勢丹が見つからず…。慣れていない様子、応援の人かな。応援を借りて、道案内終了。駐車禁止のキップについて盛んに質問を繰り返す、おばさんの元へと戻りました。大変そうだなぁ。

● 所持品をスラスラとリストアップするKさん。なんで持ってた現金を1円単位まで覚えているんだろう。
(^_^; 
こんどは若い制服の人がノートを探し始めました。確かこの辺りにカード会社の電話番号一覧があったはずだが。えっ!そんなものがあるのか、なんて準備がいい。いや、それだけ引ったくりが多発してるということか。

その時入電が。発生場所を聞いて、舌打ちをするパウエル(大柄の警察官のこと)。

《これはまたここに来るな》。

と顔を顰(しか)めます。

《 今日4件めですよ、どうなっているんでしょう 》。太一(若い警察官のこと)が、相打ちします。・・・そんなに危険なところだったのか、この辺は。
(((((^^;)

《 この辺にビーズ細工の店はありませんか? 》鼻ピアスのカップルが登場。

《 ビーズ細工!? 》

驚きの声を上げるアミーゴ(背広姿のこと)。顔を見合わせる三人、少しの間交番を沈黙が支配しました。
(-。-)

● クレジットカードはすべて利用停止に。しかしケータイはテープ音声の案内につながり、なかなか止められません。少しイライラするKさん。駅向こうに販売店があるらしいので、直に窓口に行くことに。私は交番に残りました。

現金は諦める。カードは利用された形跡がないのでヨシとするとしても、ケータイを取られたのは大きい。まず、しばらく不便。電話帳から友達の電話番号が流出、逆に自分がわからない。鍵が盗まれたのも気掛かりだ。それだけならどこの家の鍵だかわからないが、ケータイやカードがいっしょだと・・・。

《 犯人は捕まりますか? 》堪りかねて、そう聞く私にパウエルは
《 **、***** 》。
《 えっ!?***** 》。
《 ********、*** 》
《 **、***** 》

この部分の会話は犯人が捕まるまで、捜査上の秘密にさせて頂きます。
(a_a)キラリ

( この話は 2007年10月25日、2007年11月03日、2007年11月17日に、東京つまみ食い1にアップしたものです ♪ 結局、犯人は捕まらず・・・)


◆ 更新記録 2016年01月03日 ~ 2016年01月09日


◆ タイトルの言葉

● フランス座(ストリップ劇場)で下積み時代を過ごした欽ちゃん。その時、看板ダンサーだったのが今の奥さんだそうです。当時はご飯を食べさせてもらったり、小遣いをもらったり。とても世話になったらしい。しかし欽ちゃんが売れ始めた頃、こんな自分がいたら人気の妨げになると、奥さんは姿を消したといいます。
彼女を探すために欽ちゃんのとった行動は結婚記者会見。なんと前代未聞、結婚相手が行方不明の会見。そこで欽ちゃんが奥さんに語りかけたのが、今週のタイトルです。

● 二人には既に子供がいたそうですが、マスコミはそれを記事にしたら、ますます奥さんが出てこれなくなる。そういう配慮から記事にしなかったのだとか。やるなぁ。
お金儲けよりプライド。あの頃はみな自分や自分の職業に誇りを持っていたからなぁ。



Translate »